2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

2018年1月17日 (水)

アカイチイゴケ

昨日の続きです。青葉山でケチョウチンゴケを見つけた帰り道、山に入る時に気になっていたけど見送っていたコケを見る事にしました。
 
道の真ん中に緑のコケと赤いコケ、同じもので下の方のものが紅葉?したものかも?と思っていました。
 
Dscf1178j
 
良く見ると色はさることながら形も違うようです。

Dscf1176j

アカなんとかとかムラサキなんとかというコケが有った様な・・・・

Dscf1177j

帰って来てから調べてみました。
アカイチイゴケ  ハイゴケ科  アカイチイゴケ属  でしょう。
上のものもハイゴケ科のものと思われますが今のところ名前は分かりません。

**********************************

県内でもハイゴケ科の仲間は多くて特定するのは難しいと思います。撮った写真の中にも同じ仲間だと思われるものが、名前を付けられずに一杯残っています。やっぱりコツコツと一つづつ崩していくしかないのかな。

2018年1月16日 (火)

ケチョウチンゴケ

今年初めてのコケ探しです。去年末に行った青葉山にまた行って見ました。道路を走っている時に、脇に雪がうっすらと残っていたので、ああ、ダメかな?と思いましたが山の中には有りませんでした。山道には霜柱がたっていてじゃりじゃり音を立てて歩きました。融けていないのであまり泥んこにならずに済みました。色々見て廻りましたが他でも見たような・・・・でも名前が確定していないものばかリ。ゆっくりゆっくり進みました。少し暗くなって来たのでそろそろ帰ろうかなと思って見たところで・・・・何かありそうな雰囲気・・・・。
 
見たいと思っていたケチョウチンゴケだと思います。

Dscf1153j

沢の少し奥まったところに朽ち木が有って、その上に生えていました。暗くなって来て沢に下りて見に行くのもなあと思ったりもしましたが、見に来て良かった。

Dscf1155j

小さなものにはまだ毛が付いていないようです。この茶色の毛は仮根だそうですがどんな役目になっているのでしょうか。

Dscf1159j

少し明るい所に出して見ました。色が変わって写りました。一眼カメラは修理に出したのでコンデジで撮らざるを得ません。少し暗い所でも大変です。あまりトリミングで大きくすることもできません。精々この程度でしょうか。
 
Dscf1156j
 
色々見ていたら今気づきました。どうやら蒴が出来始めていたようです。下に隠れている別のコケのものだったようです。

Dscf1154j

一眼カメラの出来上がりを待ってまた行って見たいと思います。またチョウチンゴケの一つが減りました。

2018年1月15日 (月)

オオバチョウチンゴケ

オオバチョウチンゴケについて書くのは2回目になりますが、以前のものはツルチョウチンゴケと思われるので実際は初めてと言う事になります。
 
4月の中頃に市内の桜で有名なお寺の境内で見つけた物です。

Dscf0883j

この頃は全然わからずに取敢えず撮っていたのですが、色々調べて以前のものがオオバチョウチンゴケでないと分かったのでこちらがそうだと言う事になりました。

Dscf0884j

スケールをあてたり細部を調べたりしている訳ではありませんが葉の形などから想像できました・。

Dscf0887j

少し葉が波立ったりしてあれ?と思いましたがツルチョウチンゴケの様な感じではないのでこの程度は有りかなと思います。

Dscf0889j

6月の初めに初めて行った市内のある公園で少し薄暗い沢に下りて行った時に見つけました。雄花盤です。

Dscf3269j

下の方に有るのが上で見た物と同じ感じです。

Dscf3271j

蒴もできていました。

Dscf3278j

チョウチンゴケ科のもう一つを除くことが出きました。でも先は長いようです。

2018年1月14日 (日)

ナメリチョウチンゴケ?

3月の末頃に頃福島のある森林公園に行った時のことですが、小さな川が流れていて、その土手の上に綺麗に輝いて見えるコケらしきものを見つけました。
 
コケの芽生えらしく若草色がとても綺麗に見えました。

Dsc_9819j

光の関係で色が変わって写っていますが同じところのものです。この時は何も分かりませんからただ撮って来ただけです。
 
Dscf0349j
 
大きくして見ました。葉が半透明の摺りガラスの様でチョウチンゴケの仲間だと思いますがここから先が難しいです。

Dscf0344j

蒴が出来ていました。左上の方のものは蓋も取れてもう抜け殻状態かもしれません。蒴歯の形、数からも種の特定に役立つと言う事を知らなかったのでそこまでは撮っていませんでした。
 
Dscf0348j
 
最初は葉の先の方に鋸歯が有ったのでコツボゴケも有りかと思いましたが、コツボゴケにしては長いようだし幅が広くなる部分が真ん中あたりなので違うと思いました。

Dscf0346j

色々写真を見比べた結果ナメリチョウチンゴケではないかと言う事になりました。

Dscf0347j

ナメリチョウチンゴケの特徴として名前の元となった?葉の裏が平滑で有ると言う事を確認していなかったので、今度は見つけたら確認をしてみたいと思います。
チョウチンゴケの仲間にも色々あるようで見分けが大変です。

 

 

2018年1月13日 (土)

ナガバチヂレゴケ?2

8月の後半に野草園で撮った写真を見ていたらアラハシラガゴケのようなものを見つけました。ホソバオキナゴケは何となく分かった様な感じでいましたが、それより葉が細めで尖っているというアラハシラガゴケが見たいと思っていました。
 
葉が細めで尖っていて葉の向きがあちこちを向いています。

Dsc_7851j

乾燥すると葉の先の方が白くなって・・・・濡れているのでそこは見れない様で・・・・と思っていました。

Dsc_7851jj

葉の先の方に鋸歯が見えます。
 
Dsc_7850j
 
こんなものも有りました。ちょっと細めだけどこれも同じかも・・・蒴が見えます。

Dsc_7518j

地衣類を撮っていた脇にも同じようなものが写っていました。

Dsc_7545j

アラハシラガゴケは蒴を付けるのは稀なのだそうです。違うのかな?と思って調べてみました。

Dsc_7556j

そう言えば先日名前を付けたナガバチヂレゴケではないかと仮説を立てました。蒴柄の長さがあまりなく、葉の先から少し出たぐらいに見えるのでチジレゴケではなくナガバチヂレゴケだと思いました。アラハシラガゴケでもないようです。
また探して見なければなりません。

2018年1月12日 (金)

カマサワゴケ?2

8月初め頃の写真を見ていたら野草園でカマサワゴケのようなものを見ていたようです。それだけなら改めて載せるまでのことでは無いのですが、蒴が写っていたので採り上げてみました。
 
やはり水気のあるような所の岩の脇に生えていました。

Dsc_7529j

写真を大きくして見ました。茶色の球形の蒴が見えました。別のコケの・・・ジャゴケか何かの・・・ものかと思いましたが、調べてみたらカマサワゴケの蒴は球形なのだそうでこれで良いのだと思いました。

Dsc_7529jj

葉の形からタマゴケ科なの?と思っていましたがこれで納得しました。

2018年1月11日 (木)

マルバコオイゴケ?

別のコケを調べている時にノコギリコオイゴケと言う変わった名前のものが有る事を知りました。以前のブログに名前が分からないまま写真だけ載せていたものに似ていました。腹葉と背葉とが有って、その姿からコオイと名付けられたとか・・・・
ただ葉の形がこちらの方が円に近いのでもしかしたらマルバコオイゴケではないかと思いました。この時は雨が降りだしそうで慌てて撮ったので、何とか見える程度で細部までは分かりません。

Dsc_8238j

マルバコオイゴケ  ヒシャクゴケ科  取敢えずの名前です。県内では同じ仲間は14種あるようです。見たいと思っていたウニバヒシャクゴケも入っています。
写真ではクラマゴケ並みの大きさに見えますが実際はもっと小さなもの(だと思いますが記憶に無い)でしょうから再度見つけられるかどうか心配ですが・・・。

2018年1月10日 (水)

ミズシダゴケ?

5月の中頃福島の初めて入った山の中で見た物ですが、名前も分からずに撮って来たものです。
 
山の中の沢の中州のような所に一杯生えていました。

Dsc_1913j

これも結局のところ長靴も無いので近くには行けませんでした。

Dsc_1919j

大きくして見ました。引き抜いて見ないと全体的な姿が見れません。蒴も何も特徴的なものは見られませんでした。

Dsc_1922jj

ミズシダゴケ  ヤナギゴケ科  青葉山にも有りそうです。同じ仲間は県内で14種あるようです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
円い葉は何かな?ネコノメの種類は何かな?と思い、丸いのはオオチドメか何かだと思っていました。チドメグサの仲間の葉に似てはいますが違いました。以前チドメグサだと思っていたものにカキドオシの葉が有ったことを思い出し調べてみました。それも違っていました。もしかしてネコノメの葉か?ツルネコノメを調べてみました。ツルネコノメの葉でした。

2018年1月 9日 (火)

カマサワゴケ?

去年の5月5日に行った市内の森林公園で見た物ですが、ネットで見た物に生えている環境や姿が似ているので多分間違いないと思うのですが・・・
 
カマサワゴケだと思いました。以前見たサワゴケとは似ている感じです。

Dsc_1310j

少し大きくしていました。対岸にあったのであまり大きくは撮れませんでした。

Dsc_1310jj

これは6月の中頃山形に行った時に撮ったものですがこれもそうだと思います。
 
Dscf4294j
 
これは5月の中頃に福島で撮ったものです。少し細長く感じるので違うかもしれません。

Dsc_1920j

環境的には同じようなところでした。

Dscf4293j

これは雄花盤なのかどうか?その辺についてもこれから調べて行かなければならないようです。

Dscf4293jj

カマサワゴケ  タマゴケ科  水が有る所には普通に見られるもののように思えますが、タマゴケと同じ仲間だとは・・・・県内では8種類があるようです。
 
**********************************

タマゴケ科
タマゴケ
カマサワゴケ
オレハサワゴケ
サワゴケ
マキバサワゴケ
コツクシサワゴケ
オオサワゴケ
エゾサワゴケ

2018年1月 8日 (月)

コスギゴケ?とエゾスナゴケ

6月の中頃磐梯山の登山道わきで見た物ですが、いろいろ調べている内にこれもコスギゴケではないかと思いました。
 
葉の感じからそう思ったのですがネット上で見ても、種を決めるために蒴の姿を主に載せているため雄花盤の写真はなかなか見つけられません。雄花盤によっては出来ないと言う事なのでしょうか。ウマスギゴケもこんな感じだったし・・・・
気になっているのは以前見たコスギゴケの葉は端の方が下に少し垂れ下がっているような感じだと思いました。これは上の方にむしろ反っている感じです。乾燥していてそうなっているからだと言えばそれで終わりですが・・・
 
Dscf4041j
 
実際の所スケールも無いので大きさも分からないのですが、周りに有ったエゾスナゴケと思われるコケに負けてしまう様な背丈の様なので他の物は考えにくいと思います。

Dscf4039j

エゾスナゴケかどうかは蒴歯が外に刷毛の様に出ているところからそうではないかと思います。

Dscf4039jj

葉の幅と長さの感じと葉の縁に歯が並んであることからの想像です。

Dscf4042j

全ては今年の確認作業が必要になって来るのでしょうけど、出来るかな・・・・。

«コスギゴケ?