2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

2017年9月24日 (日)

ヒメミカンソウ

先日トウダイグサ科の植物を調べていた時にヒメミカンソウと言うものが有る事を知りました。コミカンソウと言うものも有るようですがこちらには無いものの様でしたのでヒメミカンソウを探して見ようと思いました。
 
ついに見つけました。ヒメミカンソウです。見つけたこの株は20cmぐらいでしょうか。ヒメと言うのでもっと小さいものかと思っていました。ただすべてが緑色なのとまっすぐ立っていなかったので少し時間が掛かりました。
 
Dsc_0460j
 
正にミカンと言った感じです。
 
Dsc_0460jj
 
花のことはすっかり忘れていました。初めから実のことしか考えていませんでした。後で写真を見たら1個だけ花が残っていたようです。

Dsc_0456j

下から撮るのって結構大変でした。仕方が無いのでひっくり返して撮りました。おかげでブレてしまった様です。(言い訳です)

Dsc_0484j

他を探したら結構見つかりました。大きいものも有りました。

Dsc_0494j

枝を四方八方伸ばしているものも・・・・コミカンソウじゃないかと調べ直して見ましたが、コミカンソウは茎には葉がつかないのだそうです。実もヒメの様につやつや肌ではなくブツブツニキビだらけなのだそうで・・・やはりお姫様しかいない様です。

Dsc_0502j

コニシキソウ、オオニシキソウ、ニシキソウなどと一緒にまとめてやろうとしていたのですがどうしてもニシキソウが手に入りません。仕方が無いので取敢えずお姫様だけにしました。来年は花を見てみたい。

2017年9月23日 (土)

メナモミ、コメナモミ、アイノコセンダングサ

9月22日 秋の花を探しに野原を歩き回っていた時に前回疑問だったものが見つかりました。
 
メナモミです。確かに花弁が3裂しています。
 
Dsc_0785j
 
花柄?が短いので団子状になっています。他の人の写真では花柄もある程度は有ってコメナモミと同じに見えるようですが、これは茎の先に団子状になっているので見分けがすぐにできます。
 
Dsc_0702j
 
長い白毛が密に生えていますが腺毛は見えません。

Dsc_0699j

全体的にはこんな感じです。

Dsc_0786j

コメナモミの群生の中に数本有りました。右側のものがそうで、他はコメナモミです。

Dsc_0789j

これはまた別の個体ですがやはり花は団子状になっています。これからまた花柄が伸びだすのでしょうか。取敢えず前回のものはコメナモミで今回メナモミを見られたと言う事にしておきましょう。

Dsc_0792j

道端に咲いていたコセンダンらしきものに白い花弁状のものが・・・・
 
Dsc_0795j
 
コシロノセンダングサとコセンダングサとの雑種でアイノコセンダングサと言うのが有るそうで、これがそうなのかもしれません。

Dsc_0794j

葉の形はこんな感じです。真ん中辺に少し細めの葉が見えますが、一応比較のためにアメリカセンダングサの葉を置いて見ました。

Dsc_0801j

もうすっかりと秋の花です。秋には秋の花の楽しみがあります。いろいろ探して見ましょう。

2017年9月22日 (金)

カメバヒキオコシ、アズマレイジンソウ、ダキバヒメアザミ

山道を登ると道脇に割と大き目の丈の花が咲いていました。葉の形を見てすぐにカメバヒキオコシだと思いました。

Dsc_0021j

山道に沿って群生していました。

Dsc_0029j

少し暗い森の中に入って見ました。アズマレイジンソウが咲いていました。

Dsc_9877j

モミジの葉を大きくしたような葉でした。

Dsc_9881j

倒れたのかもともとこういう性格なのか分かりませんが横に走った茎から所々に花序を立ち上げていました。

Dsc_9882j

同じところにアザミの花が見られました。アザミの花の種類は分かり難いので写真を撮らなくても良いかあと通り過ごそうと思いましたが、花を見ると可愛かったので取敢えず撮っておく事にしました。

Dsc_9896j

アザミにしては割とあっさりとした感じです。

Dsc_9901j

取敢えず全体的にと思い下の方も撮って来ました。それが良かった。下の方の葉が茎を抱いている所が写っていました。ダキバヒメアザミだったようで初めて見るものだったようです。

Dsc_9909j

やはり写真は無駄でも撮っておくべきだと分かりました。それでも肝心なところが撮れてないことも有って悔しい思いをしたことも何度も有るので・・・知らないものはどうしても撮るポイントが分かりません。あちこち結構撮ったつもりでも結構抜けてるものです。

2017年9月21日 (木)

ミゾソバ、タニソバ、アキノウナギツカミ

ミゾソバは溝のそばに行けば・・・などと冗談を言いたくなるほど湿地に行けば良く見られる花で可愛い花です。
 
Dsc_0517j
 
葉の形が牛の額のようだと言われています。茎には棘がありますがざらつく程度で痛くはない。花は如何属の中でもきれいな方でしょう。白花も有るようです。
 
Dsc_0523j
 
これは山で見かけたもので、タニソバでした。

Dsc_0118j

白い花のようですが薄紫も有るようです。

Dsc_0119j

葉柄に翼が有るのが特徴のようです。

Dsc_0121j

山では殆どがこれでした。アキノウナギツカミでした。

Dsc_9837j

薄紫で綺麗なのですがミゾソバの様に平開しない様でちょっと控えめです。

Dsc_9841j

トゲはママコノシリヌグイの様に下向きに曲がり触ると痛いです。
 
Dsc_9851j
 
葉は茎を抱く感じです。葉が長く見えたのでナガバノ・・・かも知れないと思いましたが花柄に腺毛が無いので違うようです。

Dsc_9844j

上の方の葉になるにつれて葉柄が短くなり茎に沿って近くなってくるようです。

Dsc_9849j

今回はイヌタデ属のものを集めてみましたがまだ他にもあるようなので別の機会にでもまた集めてみようかと思います。

2017年9月20日 (水)

イシミカワ、ママコノシリヌグイ、サデクサ

先日ブロ友さんからママコノシリヌグイの話が出たのでちょっと調べてみました。その時に似たものにサデクサと言うものが有る事を知りました早速探しに行って見る事にしました。湿地だろうという事で沼の周りを探して見ましたが最初は何も見つけることが出来ず見当はずれかなと思いました。まだ早いのかな、それとも終わってしまったのか・・・・暫くしてミゾソバを見つけました。
 
イシミカワの群生している所が有りました。何処に行ってもイシミカワだけでした。
 
Dsc_0671j
 
花と実が見られました。

Dsc_0221j

淡緑の花です。

Dsc_0488j

お月見団子の様にお皿に乗っています。

Dsc_0490j

やっとのことでママコノシリヌグイを見つけました。探して見ると意外とないものです。

Dsc_0657j

托葉鞘の上部が葉のように円形になっているなどと普段はあまり気にしていなかったけど、今回見てなるほどと思いました。

Dsc_0662j

朝早くから探し始めて夕方になり諦めて帰ろうかと思っていたら帰り道でやっと見つける事が出来ました。サデクサの花です。

Dsc_0676j

初めて見る花です。托葉鞘の上部が円形で歯車上に切れ込んでいます。葉はミゾソバの様で少し長めです。

Dsc_0686j

ミゾソバの葉のように逆ハの字の黒い班が見えます。数株ぐらいしか見られませんでした。大分少なくなってきているのかもしれません。

Dsc_0688j

ママコノシリヌグイもサデクサも何とか見つけたという感じでした。特にサデクサは初めて見た物でしたから(ママコノシリヌグイと混同していたかもしれませんが)見つけた瞬間やったあと言う感じでした。次回はまた似た様なものを集めてみようかと。

2017年9月19日 (火)

センダングサ各種

9月10日 久しぶりに太白のガイドウォークに参加して見ようかとすこし早めに行って見ました。何時になく多くの人の姿が見えました。聞いてみたら宮城植物の会の観察会の人たちでした。参加費500円を払ってこちらに参加することに変更しました。
 
最初に見つけたのがこれ、皆何だろうねって言ってたけど・・・・センダングサの仲間だとは分かりましたがはっきりとした名前までは分かりませんでした。センダングサにもいろいろ種類があるようで・・・・
 
Dsc_9156j
 
帰って来てから調べました。花が小さいからコセンダングサかも・・・などと思っていたらコバノセンダングサでした。初めて見るものでした。
コバノセンダングサ  キク科  センダングサ属  北アメリカ原産の帰化種 センダングサに似ているが茎は4稜が有り直立しよく分枝する。葉は上部では互生、下部では対生でほぼ無毛、2~3回羽状、浅または深裂で頂裂片は細くやや鈍頭。舌状花は黄色で1~5個。ここに有るものは5個が多かった。
 
Dsc_9164j
 
これは別の所で見つけた物で
コセンダングサ  キク科  センダングサ属  熱帯地方原産の帰化種 筒状花のみで舌状花は無い。センダングサは舌状花が有るので見分けがつく。(と思うけど、関東以西との事で見た事が無い、コバノセンダングサとセンダングサは葉の形で見分けがつく・・・と思う)

Dsc_0570j

コセンダングサの葉の様子です。参考になるような写真になっていませんでした。

Dsc_0571j

アメリカセンダングサ キク科 センダングサ属  アメリカ原産の帰化種  舌状花は無いが葉の様な総苞片が6~12個有って目立つ。

Dsc_0574j

茎は黒紫で4稜が有り0.5~1.5mと他の物よりは大きめ。葉は長い柄が有って下は2回3出複葉、上は3出複葉で小葉は全て柄がある。縁には鋸歯がある。

Dsc_0577j

似ている様な似ていない様な・・・と言う事で載せてみました。
コメナモミ  キク科  メナモミ属  遠い昔に中国から来た帰化種 メナモミと言うものも有り花柄の毛の様子で見分けるようですがそこまで見て来ていなかったのでどちらかは不明です。

Dsc_9962j

メナモミよりは小さいとの事ですが極端な差でもない様なので大きさからの判断はできないようです。

Dsc_9967j

コバノセンダングサ以外は似たものと言う事で他で見た物ですが寄せ集めてみました。センダングサの仲間は果実の先がかぎ状になっていて困った引っ付き虫です。メナモミ、コメナモミは粘々でくっつきこれもまた困ったものですが全ては子孫繁栄のための植物たちの必死の作戦だと思うと涙が・・・にはなりませんが意思の無いもの(知らないだけかも)でもそれぞれ変化してきている・・・自然って不思議・・・だから惹かれるのかもしれません。

 

2017年9月18日 (月)

ツルツル・・

宮城植物の会の観察会の最後に見た物です。道脇の藪の中に有りました。
 
何だろう、カラハナソウにしては貧相な・・・・と思っていたら、カラハナソウじゃないかなと言う人がいたので、それにしては小さくはないですかと言ったら、そうだねえと言いながら過ぎて行きました。

Dsc_9256j

まあ調べればわかるさと思いながら少し行くとまた何やら違うものが・・・こっちは何でしょうね?と聞いたら、さっきのと葉が同じだねと言われました。

Dsc_9266j

あれ、そうでした?と言ってまたさっきの所へ・・・あ、同じだ・・・え?雄花とか雌花とかかな?(後で気付いたのですが下の写真の右下のものから白いものが出ているのが見えてました。上の写真のものと同じ感じです)

Dsc_9259j

帰って来て調べました。やはりカラハナソウの花でした。クワ科のつる植物、雌雄異株でこれは雌花でした。上は蕾状態でしたが咲き初めだと思います。雄花はカナムグラの様に穂状になって咲くのだそうですが、知らなかったので探していませんでした。何時も実の状態のものばかり見ていたのでホップの小さなものと言う意識しかありませんでした。花を見たのは初めてでした。

Dsc_9269j

これは観察会後に別の山に行って見た物です。見てすぐに、あ、スズメウリの花だ!と思いました。

Dsc_9271j

葉もこんな感じだよね・・・実が生っていないかな?山裾のような所にこんもりと、アレチウリの様に(アレチウリよりは小さい)覆いかぶさるようにして有りました。

Dsc_9274j

やっとのことで見つけた実です。え?スズメウリじゃない・・・・丸くないしブツブツが出来てるし・・・え?ゴーヤ?調べたらゴーヤの花は黄色でした。ウリ科だよな・・・と言う事でウリ科のものをいろいろ調べてみましたが分かりませんでした。
仕方なく観察センターで聞きました。ミヤマニガウリだそうです。
ミヤマニガウリ  ウリ科  ミヤマニガウリ属  雄性両全性異株のつる性植物、実の生る方が両性花の花が咲く蔓で雄花の咲く雄株は立ち上がった花柄に沢山の花を付ける。残念ながら雄花を見る事が出来ませんでした。

Dsc_9281j

これは観察会の最初の頃に見た物で、ツルニガクサと言うものだと教えて頂きました。花はとっくに終わってしまっているようです。アオジソの実のように見えますが葉がシソの葉に比べると長いようです。どう見ても蔓性には見えないけど・・・何で蔓がつくのかな?花は来年の課題かな?
 
Dsc_9167j
 
観察会に参加させていただいていい勉強になりました。機会が有ればまた参加させていただこうかと思います。

2017年9月17日 (日)

何度調べても・・・

シデシャジンが見たいと思って去年見た所へ行って見ました。時期的には遅いのですが草刈りにあっているので、咲き出すのは遅いと見込んで行ったのですが今年は未だ?咲いていませんでした。そこへ行く途中で見つけた花です。
 
赤い小さな花らしきものを付けた穂状のものが見えました。タデ科の仲間かと思いました。見た事無いな・・・・

Dsc_9414j

結構背丈が有ったので引っこ抜いて横にしてみました。随分下の方からも枝を出してその頂部に花を付けているようです。この時は殆ど観察をせず写真撮りに集中していたのだと思います。

Dsc_9420j

写真を撮り終えて少し先に行った所でまた同じようなものが有りました。なんだ、こっちにも有ったのかとひょいと見た所何か異様な・・・・

Dsc_9434j

盃状の葉の上に丸いものが有って白いものが出ています。やっとトウダイグサの仲間だと気づきました。帰って来て調べたらイノキグサと言うものでした。穂状に立っているものは雄花の集まりで、丸く見えるものは果実の様で3個にくびれた物が2,3個付いていました。花はもう終わったもののようです。

Dsc_9436j

街の中の車道脇でも見かけました。こんな感じだと総苞に気づかず思いっきり触ってしまいそうですが・・・山でも知らずに思いっきり触っていましたが・・・トウダイグサ科だと知って冷や汗をかいています。ウルシには良くかぶれるので・・・
実をいうとこれ、以前にも調べていてブログにも載せていたものでした。アセ!!
 
Dsc_9643j
 
これは我が家のプランターに繁茂していたものです。取っても取っても何時しか生えてこんな状態になっています。シソの仲間かなと思って臭いを嗅いでも不快臭で何の役にも立ちそうにも有りません。
 
Dscf0361j
 
見たら何やら白いものが見えました。粒々が実だと思っていたら蕾だったようで花が咲きだしたようです。
 
Dscf0360j
 
シソ科ではないしゴマノハグサ科でもなし、イラクサ科でもない・・・何だろう?調べたらクワクサでした。クワ科って・・・・桑の葉に似ている?そうか、花の方が似てるのか・・・・。と言う事で全部引っこ抜きました。これもまた以前調べていたもので・・・そのたびに調べて本当に厄介者です。
 
Dscf0359j
 
これもまた似た様なものですが・・・
先日観察会が有り見て廻っている時に出た話で、山菜のミズの話でアカミズは美味しいけどアオミズは不味いとか、普通ミズと言っているのはアカミズの事で実名はウワバミソウと言うのだとか・・・そこまでは良かったけど・・・アオミズの実名はトキホコリだと・・・・それは違うでしょと思って帰って来ました。アオミズは多分ヤマトキホコリの事だと思いますがまだ確認していませんので言い出せませんでした。
 
これは実名でアオミズだと思います。茎を折るとビシャビシャになるくらい水が出て来ます。前見た時は茎も全て緑のものでしたが、これは少し茶色がかっています。ミズ(実名で)と言うのも有って、少し小さめのもののようですがアオミズの雄花が赤みがかって見えると言う事と葉の鋸歯が5対以上あると言う事でアオミズとしました。

Dsc_9577j

その他にもヤマミズ、ミヤマミズ、コミヤマミズなどいろいろ種類があるようですがどれも見ていないしこちらに無いものも有るようで・・・取敢えずあるものから確実に見て行きましょう。

Dsc_9578j

ウワバミソウの仲間にもヤマトキホコリ、トキホコリ、ヒメウワバミソウ、コケミズなど、こちらに無いものも有るようです。
これはトキホコリで野草園に有ります。以前のパンフレットには絶滅危惧種として載っていましたが現在は要注目種に格下げになったようです。
以前何処かの木の下に一面に生えているのも見た事が有りました。こんなに一杯有るのにと思いましたが、いくら群生していても1か所に違いは無いので危惧に値することだったんでしょうけどあちこち増えているのかな。
 
Dsc_7228j

ヤマトキホコリはどこかでは多分見ているかと思いますが、これだという確信は取れてません。ミズは見ていないものでその内見つけてみたいと思っています。
見ていて分かっていないと言う事も有り、見ていて確信していても憶えていないという何とも頼りない人間です。

2017年9月16日 (土)

メハジキやコマツナギなど

9月初め頃に見ていたものです。今はもう終わってしまっているでしょう。何時も棚卸状態で申し訳ありません。
 
メハジキが草むらの中からにょっきりと頭を出していました。強い草ですね。その割にはあまり見かけなくなっているようで、好き嫌いがありすぎるのかな?
 
Dscf0430j
 
肥沃なところよりはむしろ荒廃したところが好きなのかも。他の草に負けていない様な気もするけど意外とナイーブなのかも。
 
Dscf0422j
 
どう見てもコマツナギのような気がしますが花がずいぶんと貧相な感じに見えました。別のハギの仲間かなと思いましたが奇数羽状複葉なのでコマツナギが有力なのですが・・・・。葉の形も丸みがあって先の方に棘のようなものが見えます。この時はあまり気にせずに適当に撮っていたので花の詳細とか撮っていませんでした。後で写真を見て調べてみましたが他には見当たりません。個体差なのでしょうか。
 
Dscf0392j
 
ネナシカズラですがアメリカネナシカズラと言うのも有ってどちらかは今のところ分かりません。(余り分かろうともしていませんが)
 
Dscf0379j

ミヤマアカネが目につくようになって来たようです。

Dscf0366j

モンキチョウと

Dscf0371j

ヒメウラナミジャノメ・・・・オスでもヒメか・・・・
 
Dscf0432j

ホタルかと思ったら仲間ですらなかった。セアカクロ(バネ)キノココバエと言うものに似ている様ですが、頭部の大きさが大きいことと前足が白っぽいのが気になります。大きさが10mmぐらいとの事でしたがそんなに小さくなかったと思いましたが、止まっている葉の幅からすると15mmぐらいかなと思います。今のところ他には見つけられないので取敢えず不明です。

Dscf0436j

台風が近づいて来て天気の成り行きが分かりません。コケとかシダとかの写真が増えて来て溜る一方です。分類ごとにファイルを作り整理をしようと思ったら結構大変です。日ごろから整理をしていればこんなことにはならないのでしょうけど、性格上しょうがないと諦めています。・・・・じゃダメなんですがねえ。

 

 

 

2017年9月15日 (金)

似た様な・・・

これはまた別の山に登った時に登山道わきで見つけた物です。先日のものと似た様な感じのものでしたので続けて採り上げてみました。
 
ウラジロモミの枝に乗って(上から落ちたのか誰かが落ちていたものをここに乗せたのか)ハナゴケらしきものが見えました。
 
Dscf2382j
 
前回のハナゴケとは違う感じです。
 
Dscf2381j
 
これはまた別の所に落ちていたものです。赤いものはただのゴミでしょう。殆ど白くなって枯れてしまったのかもしれません。

Dscf2373j

僅かに緑の所が見えました。ミヤマハナゴケでしょうか?

Dscf2383j

これはまた別の地衣類です。

Dscf2405j

盃状のものが所々に見えますが・・・

Dscf2407j

これも段々になっているように言えますが・・・

Dscf2408j

大きくして見ると、盃を重ねている訳では無く、あくまでも盃は頂部のみです。

Dscf2408jj

地衣類は何だかさっぱり分かりません。分からない分からないと言いながらついつい写してしまう・・・・コケ撮りがコケになってしまいそうです。

«コケけっこう・・