2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 蒲生海岸から大沼へ | トップページ | 山形神室へ »

2015年10月26日 (月)

またまた蕪栗沼

10月15日 今日もまた時間が有ると言う事で行って見る事にしました。

出がけに田圃道でノスリを見つけました。少し口を開けた顔は間が抜けたように見えます。

Dsc_7456j

気付かれて逃げられたと思ったら近くで獲物を獲ったようです。カエルみたいです。
まさかそう来るとは思っても見なかったので心構えが出来ていませんでした。
捕獲の瞬間を撮りたかった。と言うか、この時は獲物を獲っていたことにさえ気づいていなかった。単純に近くに止まったからまた撮りに行った、そんな感じでした。

Dsc_7461j

食べながらあたりを見廻し・・・

Dsc_7462j

ん?何か考えているのかな?

Dsc_7464j

あれ?また何か食べているのかな?土の塊のようだけど・・・歯でも磨いているのかな?
ああ、歯は無いか。

Dsc_7466j

ん?やっと気づいたのか、気付いていたけどこちらの出方を待っていたのか・・・
この後すぐに飛んで行ってしまいました。

Dsc_7468j

蕪栗沼では今までの様に珍しいものは見つかりませんでした。白鳥の姿がちらほらと見え
始めた様です。

Dsc_7470j

マイコアカネの姿がまだありました。

Dsc_7474j

イグサかなと思ったらイグサは背丈1mぐらいまでの様で、これは2m近くある感じなので
フトイと言うものでしょう。花穂は枯れて落ちてしまったようですがよく見ると茎の先に
少しその名残が付いていますから間違いないでしょう。
イグサはイグサ科ですがフトイはカヤツリグサ科のホタルイ属に属する植物のようです。

Dsc_7482j

ススキが・・・いや、オギが銀色に輝いて

Dsc_7484j

ヨシも風に吹かれて綺麗に見えました。

Dsc_7486j

頭上ではトンビがグルグル回っていました。

Dsc_7491j

道脇の葉の下に綿状の何かの巣を見つけました。

Dscf1431j

悪いけどちょっと拝見。何の幼虫か分かりませんが・・・・寒い所申し訳ない。
ネットで調べきれませんでした。

Dscf1433j

蕪栗沼では今日の収穫は無しでした。ただ地元の人との話ではハクガンが1羽見られた

との事でした。さっきまでその辺にいたから未だ近くにいるかもと言う事でしたが、結局の

ところ見つける事が出来ませんでした。その内また来ようっと。

« 蒲生海岸から大沼へ | トップページ | 山形神室へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/62735519

この記事へのトラックバック一覧です: またまた蕪栗沼:

« 蒲生海岸から大沼へ | トップページ | 山形神室へ »