« またもや蕪栗沼 | トップページ | 蒲生海岸から大沼へ »

2015年10月24日 (土)

大沼から蒲生海岸へ

10月14日  何かいないのかなあと大沼に行って見ました。目ぼしいものは何も見つからず

蒲生海岸にでも行って見るかと思って戻りかけたらカメラを持った女性にいろいろ聞かれ、

話してるとバスでここまで来たようで結構鳥が好きらしいようだったので蒲生海岸へ行って

見ないかと誘いました。車に戻る途中で沼の中にカメがいるのを見つけました。

結構大きめでした。逆光だったので殆ど黒くて種類も分かりませんでした。

Dsc_7244j

少し大きくして明るくして見ました。調べてみたけど分かりませんでした。何と何のかは分かり
ませんが雑種のようです。

Dsc_7247j

蒲生海岸で
ハマシギが餌を捕まえた様です。

Dsc_7268j

殆どがこの小さな蟹のようです。

Dsc_7272j

これもハマシギかなあ。お腹に黒班が無いと分かりにくい。

Dsc_7299j

これはダイゼンかな。やはり同じカニさんです。

Dsc_7286j

ミサゴが餌を狙っているようだと言われカメラを構えたら・・・

Dsc_7276j

あれ?失敗した様です。そのまま飛び去ってしまいました。

Dsc_7273j

こちらにはまた別のミサゴがトンビに睨みつけられていました。

Dsc_7331j

意地悪烏に追い立てられてシギたちは飛び回り暫くしてまた戻って来ました。

Dsc_7376j

飛んで行くのかなあと見ていると急旋回をして暫くは飛び回っています。
考えてみたらカラスが意地悪をして追いかけてる訳では無くて、私が動くとカラスが動き、
その結果シギたちが動く、もしかしたらそういう事かも知れません。

Dsc_7392j

オオソリハシシギもやっぱりカニさんですか。

Dsc_7426j

どうしてもわからない鳥さんがいます。左はエリマキシギですが・・・・

Dsc_7361j

オレンジの長い真直ぐな嘴で先端部分が黒っぽい。オグロシギの様ですが違います。
オレンジの嘴のシギ自体見つかりませんでした。

Dsc_7368j

案内した方は喜んで写真をバシャバシャ撮っていました。喜んでいただいてこちらも

嬉しかった。案内した甲斐が有ったと言うものです。植物に関してもけっこう詳しくて、名前が

すぐに出て来ました。他にまた別なことを教わりました。それは次回に。

« またもや蕪栗沼 | トップページ | 蒲生海岸から大沼へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/62731588

この記事へのトラックバック一覧です: 大沼から蒲生海岸へ:

« またもや蕪栗沼 | トップページ | 蒲生海岸から大沼へ »