2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 木の実木のまま | トップページ | ハナアブ、ハナバチたち »

2015年10月 2日 (金)

謎のオオバコ

謎のオオバコ解明のため笹谷峠に行って見ました。前回見たところを探して見ましたが

なかなか見つかりませんでした。山に行ってそこだけで終わるのも・・・と思って、取敢えず

カケスヶ峰まで登って帰って来てまた探しました。何度も同じところを行ったり来たり・・・・。

他の人から見たら変なオヤジと思われたかもしれません。

リンドウの花が綺麗に咲いていました。何も足さない、何も引かないただのリンドウです。

Dsc_5136j

センブリも咲いていました。5裂のもの。

Dscf1078j

4列のものもシンプルで良いものです。

Dscf1082j

センダイトウヒレンで良いのかどうか分からないけど撮って来ました。総苞にはクモっ毛が
有るのだそうですが・・・・白っぽくて有るような。

Dscf1110j

葉柄に細い翼が有るのも特徴の様です。

Dscf1112j

そしてまた悩ましいのが野菊の仲間です。この花と下の花と一見同じように見えますが・・・

Dscf1153j

まず葉の鋸歯に違いが有ります。また上の写真では分かりにくいのですが茎が緑色、
下の写真では暗紫です。葉の付け根部分で茎が曲がっているのは同じです。
迷っているのはイナカギク、ヤマシロギク、シロヨメナの区別です。ネットで見ると、全部別の
物だとする人と、どちらかの2種が同じものだとする人といるので分かりません。
おまけにヤマシロギク、イナカギクは中部以西としているのでこちらには無いものとされて
います。そうなれば自ずとこれは両方ともシロヨメナという事になります。

Dscf1160j

さてオオバコですが、前回見たものは見つかりませんでしたが、毛の生えたものは見つかり
ました。

Dscf1175j

小さめのもの、若そうな葉にも葉柄にも白い毛が見られました。

Dscf1191j

少し大きくして見ました。ネットで見つけた毛のあるオオバコはツボミオオバコと言うものでし
たが、これとはまた違う感じです。したがってこれは又別の物かも知れません。

Dscf1194j

近くに有ったこのオオバコは無毛ですが、葉が大きいのと葉柄がそれ以上に長いのです。
置いた一円玉から想定すると葉身が15cm葉柄が20cmといった感じです。普通のものと
比べると違う様に感じます。こんなに広がっているものは見た事が有りません。
後の判断材料として花や果実でしょうから来年にならなければ分かりません。

Dscf1089j

この葉が傍に有ったのでこれとの異種間による変種かなと思ったり・・・・。
この葉が何者なのか調べがついていませんでした。オドリコソウでは?などと勝手に思い
以前見た七ツ森に行って見ました。全然違ってました。

Dscf1101j

近くにこんなものが有りました。花が枯れてこうなったのかと思い、キキョウかなと思いました
が、違いました。

Dscf1075j

ひっくり返して見るとこんな感じです。数日してからハッと思いつきました。これは花ではなく
萼の部分だと。それらしいものは・・・・・と考えて、ホタルブクロでは?と言う事になり、調べたらビンゴでした。そして若い葉を見たら・・・・上のものと似ていました。殆どが花の写真で終わりで若いときの葉の様子などの写真は見つかりませんでした。

Dscf1073j

ネットで若いときの物や枯れたところ、実の状態など事細かに観察しているものが有ると

本当に助かります。それを作るのって大変なご苦労だと思います。ただただ感謝あるのみ。

次回は虫たちです。

« 木の実木のまま | トップページ | ハナアブ、ハナバチたち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/62602617

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のオオバコ:

« 木の実木のまま | トップページ | ハナアブ、ハナバチたち »