« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

野草園で

11月30日  今日で園内への立ち入りが出来なくなるので来てみました。テイカカズラの

実がどうなったか気になっていたので行って見ました。

まだ全然変わらずでした。しばらくは枯れそうに見えません。

Dsc_9420j

ムラサキシキブの実が綺麗です。

Dsc_9422j

ヤブコウジの実も付きが良くてとても十両とは見えません。

Dsc_9424j

これは何の花だったか・・・・

Dsc_9425j

オオウバユリの実も割れて・・・中身は見て来ませんでした。

Dsc_9426j

コンギクはまだ綺麗に咲いていました。

Dsc_9427j

ヤブランの実

Dsc_9429j

ヒヨドリジョウゴの実もまだ残っていました。

Dsc_9430j

花?と思ったらハナゾノツクバネウツギの花殻、ツクバネ部分です。

Dsc_9435j

ノジギクは今の時期なのかな。綺麗に咲いていました。

Dsc_9439j

タイワンホトトギスかな?これもまだ咲いていました。

Dsc_9441j

園内のもみじも大体終わりでしょう。

Dsc_9445j

センニンソウの綿毛もなかなかいいものです。

Dsc_9459j

十月桜はまだまだのようです。

Dsc_9465j

サザンカの季節はこれからかな?

Dsc_9601j

感謝祭は昨日だったとか。人が一杯だったと言う事でしたが今日は殆ど人の姿は見えません

でした。おかげでのんびり見て廻る事が出来ました。

2015年11月29日 (日)

蒲生海岸

11月29日  蒲生海岸へ行って見ました。

例によって途中でチョウゲンボウを見つけました。

Dsc_9327j

海岸にはハマシギが一杯いました。ダイゼンも少々。

Dsc_9332j

近くで餌を探していました。

Dsc_9334j

珍しい鳥がいる・・・・タヒバリか?と思ったらただのヒバリでした。

Dsc_9341j

ミサゴが何か獲ったようで飛んで行きました。

Dsc_9354j

ヨモギの中にやっとのことでベニマシコを見つけました。動いてくれないと分かりません。

Dsc_9355j

これは何でしょう。考えられるのはウミアイサのメスですが、頭、顔の毛が無いのと首が少し
首が長いように思えるので何とも・・・・

Dsc_9363j

逃げていくときの姿ですがウミアイサの翅にそっくりですが・・・

Dsc_9366j

カイツブリでもいないかなと見ていたら、あれ?これは誰だ?黒いサングラスをかけて・・・・

Dsc_9360j

ミコアイサが来ていたようです。

Dsc_9369j

残念ながら近くに来てくれないのでこの程度です。

Dsc_9371j

ユリカモメも群れでいました。顔が何となく情けないように見えて可愛いです。

Dsc_9409j

夏の鳥たちがいなくなりいよいよ冬の鳥たちが来ているようです。

2015年11月28日 (土)

シジュウカラガン

11月28日 先日夕方に見たシジュウカラガンの群れを明るい所で見たいとまた蕪栗の方に

出かけました。先日の所にはやはりいませんでした。その周りを探したらいました。

シジュウカラガンと思ったらマガンでした。

Dsc_9229j

こちらがシジュウカラガンでした。

Dsc_9154j

先日と同じようにすごい群れでいました。ズーム一杯にして撮ると他は全部ぼけてしまうので
なかなか上手く撮れません。

Dsc_9112j

飛んでいる所を撮ったほうが良いのかも。

Dsc_9223j

トラクターが田圃道には行って来たので一斉に飛び上がりました。

Dsc_9160j

同じところを何度も廻ってくれたので何とか撮れました。

Dsc_9226

こんなに撮れたのは初めてです。

Dsc_9161j

ところがそのトラクターがこちらに向かって来ました。

Dsc_9163j

狭い田圃道なのでよけざるを得ず、長い事バックしました。大分撮ったので次に向かいました

Dsc_9201j

沼の周りでシメを見つけました。遠い所にしか止まってくれないので・・・

Dsc_9259j

何故かしら(考えてみれば不思議なことではないのですが)(多分)カワウが団体で木の枝に
止まっていました。沼ではウの姿を見た事が無いのに・・・・

Dsc_9279j

今日は雲の具合で夕焼けにはならないなと思っていたら、夕焼けではないけど光の束が
幾筋も下りて良い感じでした。これに鳥の姿が入れば・・・・と待っていたけど・・・・

Dsc_9303j

何時もの様に集団でのガンの帰りが見られませんでした。光の中を飛んでくれるのを待って
いたのにはるか遠くの方だけで一寸物足らず・・・・・

Dsc_9317j

シジュウカラガンが少し日にちを置いたので別の所に行ってしまいはしないかと心配でした

が、何とか見る事が出来て良かったです。また来てみます。

2015年11月27日 (金)

ウミアイサ、カワアイサ

11月27日 今週は又運転免許書き換えで忙しかった。70歳以上、75歳未満は自動車

学校に申し込んでおいて前もって講習を受けておかなければならないみたいでした。

午後1時半までに来てくださいと言われていたので昼飯を食べてゆっくり行けば大丈夫と

のんびりしてテレビを見ていたら、携帯電話が鳴り、自動車学校からまだ来ないんですかと

催促の電話。え?と思って時計を見たら1時20分でした。近くだったので何とかぎりぎりで

間に合いました。初めての経験でしたが(当たり前ですけど)試験ではないので面白かった。

今日は天気が回復したので広瀬川沿いを歩いてきました。

カワアイサがいたと聞いていたので探して見たら・・・・いました。
でもこれはウミアイサのようです。番でしょうか。図鑑によるとカワアイサは海に出る事は有ってもウミアイサは滅多に川に入る事は無いと書いてありましたがこれはその滅多かな?
遠くで逆光気味なので暗くなってしまいました。

Dsc_9017j

ウミアイサのメス   大きくして見ました。

Dsc_8997j

これはウミアイサの飛んで逃げる所。

Dsc_9026j

カワアイサのメスたち。この時は順光側に回れたので何とか撮れました。

Dsc_9072j

カワアイサのオスです。番で並んでいる所は残念ながら撮れませんでした。

Dsc_9076j

カワセミがカワにポチャンと落ちるのが見えたので気付きました。

Dsc_9032j

久しぶりに撮れました。写真を撮るのには良い場所では無かったので大変でした。

Dsc_9035j

スズメたちが群れで止まっています。飛ぶ所を撮りたかったけどタイミングが合わず・・・・

Dsc_9041j

白サギたちが・・・・一応餌を狙っているのかな?のんびりと休んでいるようにも見えるけど。

Dsc_9053j

途中にある花壇には水仙の花が咲いていました。

Dsc_9082j

午後から半日かけて(と言っても日が暮れるのが早いので)川岸を散歩して来ました。

結構ジョギングや歩け歩けをしている人達がいます。ゴルフや野球の練習をしている

人達も・・・・・。毎日がこうして暮れていくのかなあ。

2015年11月24日 (火)

可愛い狸

蕪栗沼から、今日も何も見つけられなかったなあと帰る途中、諦め悪くまた田圃道を通って

帰る事にしました。道の向こうに何やら動物が・・・・・猫?にしては大きく見えるし・・・・・

狸?・・・だな・・・カメラ・・・・と思ったら向こう側から車が来そうでした。やばい!逃げられる。

Dsc_8902j

車は何とか左側に曲がって行ったようです。車を止めて、エンジンも止めて落ち着いてカメラを向けました。こちらに気が付かないのか道の真ん中に座り込んでしまいました。

Dsc_8904j

あ!気付かれたか?

Dsc_8905j

なんと、ゆったり座り込んで顔を掻いています。

Dsc_8906j

もう少し近づいて見ようとエンジンをかけて少し近づいて見ました。こちらを見ています。

Dsc_8907j

あれ?そっぽを向いてしまいました。もうちょっと進んでみよう。

Dsc_8910j

その時また反対側から車がやって来ました。さすがに草むらの方にゆっくりとよけました。
これはぼけたのではなくフロントガラス越しに撮ったためです。(念のため言い訳を)
この時の車の人がシジュウカラガンの場所を教えてくれました。

Dsc_8915j

また出て来るのでは・・・と思い、ダメもとでもっと近くに車を止めて待っていました。
案の定出て来ました。

Dsc_8917j

ゆっくりとこちらの様子をうかがいながら・・・・・

Dsc_8918j

だんだん中央に出て来ました。

Dsc_8920j

座り込んで・・・

Dsc_8921j

また歩き出し・・・

Dsc_8925j

また道の真ん中に出てきてしまいました。

Dsc_8928j

座ってこちらを見ています。本当に可愛い顔をしています。撫でてあげたいところですがそうもいかないでしょう。

Dsc_8933j

後日談ですが、また蕪栗沼に行った時、この近くの道路脇にタヌキの死骸が有りました。

このタヌキかどうかは分かりませんが、車にひかれる動物でタヌキが多いのだそうです。

このタヌキを見た日の朝方、蕪栗に向かう途中の道でタヌキの死骸を見ていたのでした。

2015年11月22日 (日)

伊豆沼、蕪栗沼

11月22日  先週は胃の検診、肺がん検診、健康診断と立て続けに行い、出かける暇が

有りませんでした。天候も良し、伊豆沼方面に出かけてみました。

何時もの様に田圃道の電線にチョウゲンボウが止まっていました。

Dsc_8872j

伊豆沼の新田駅側に小さな池が有り、鴨たちが子供の餌につられて寄ってきていました。
殆どはオナガカモでしたがホシハジロもいました。

Dsc_8873j

蕪栗沼の辺の藪にベニマシコのメスを見つけました。鳴き声を頼りに探したらかなり遠くに
止まっていました。少し動いてくれたので何とか見つけられました。ジョウビタキのメスと
似ているようですが嘴を見れば区別がつきます。

Dsc_8885j

戻り途中の木の上にホオジロが数羽いました。チッ、チッ、チッとどこからともなく聞こえてきたので草むらとか周りを見渡しても見つかりませんでした。はるか遠くの木の上だったとは・・・・
結構近くの様に聞こえたのに・・・・

Dsc_8899j

今日も空振り状態で帰るのか・・・と思いながら帰りに田圃道を通ったら狸に出会いました。
写真を撮っていたら反対側から来た車の人が窓を開けて、シジュウカラガンを探しているんでしょ、と聞いてきました。ええ、と返事をしたらいる場所を教えてくれました。
その時はもう3時をまわっていて、今から行っても1時間はかかって、4時ではもう暗くなって
写真は無理だろうと思いながらも行って見ました。

着いた頃は大分暗くなっていて白鳥の群れやマガンの群れは有るようでしたが、それらしき
姿は見つけられずやっぱり駄目かと諦めかけた時田んぼの中に三脚を立てている人たちを
見つけました。

Dsc_8938j

見ると田圃一枚に数百羽のシジュウカラガンが餌を探してうようよいました。

Dsc_8946j

ここにこんなにいるんじゃあ蕪栗の周りで1羽2羽と言うのは当たり前かあと思いました。

Dsc_8950j

ふっと考えてみました。あの人は何で私がシジュウカラガンを見たがっていると思ったんだろ
うと。にこにこしていたから知っている人だったかなあ・・・・(だったらごめんなさい)

Dsc_8959j

飛んでいるものを写してもこの通り黒くなるだけ・・・・・

Dsc_8963j

飛ばれては他の人の迷惑なので余り近づけないし・・・・・

Dsc_8970j

日も落ちてしまって、夕焼けをバックにともいかずまた今度来てみて・・・・と諦めました。
ただ、この後2日は雨の予報でした。

Dsc_8987j

蕪栗沼で聞いたときにマガンの群れの中に1,2羽ぐらい混じっているくらいだと聞かされて

とても私には見つける事が出来ないと諦め加減でしたが、お陰様で探すことなく見る事が

出来ました。感謝です。でも不思議だなあ。誰かと勘違いしたのかなあ・・・・。

狸の話は次回に・・・・

2015年11月14日 (土)

遅咲きのヒマワリ

11月13日 先日見逃したヒマワリを見に秋保の里センターに行って見ました。

センターは秋保温泉街に有りました。時々同じ並びに有るスーパーにおはぎを買いに行って

いたのに、気付きませんでした。そこの駐車場に車を止めて歩いて行きました。

近くの農家の方が個人で10年以上も前から皆に見てもらいたいと始めたのだそうです。

今年は周りの人たちも参加して、遅咲きのヒマワリ、を植えたのだそうです。

行くのが遅かったけどまだまだ見られるようです。

Dsc_8836j

5万本有るのだそうです。

Dsc_8843j

こうして撮るとかなり広いように見えますね。

Dsc_8837j

大きなヒマワリも良いけど小さなヒマワリも良いもんですね。

Dsc_8835j

帰り道は川沿いの裏道を帰りました。









Dsc_8849j

紅葉が綺麗でした・・・・・が、やはり枯れたところも混じっていました。

Dsc_8853j

川の反対側に先ほどのヒマワリ畑が見えました。川岸は今土木工事真っ最中でした。

Dsc_8857j

温泉地によくある景観です。

Dsc_8860j

突然目の前にクモが・・・・・餌を食べているようです。

Dsc_8830j

ジョロウグモでした。蜘蛛が突然現れた訳では無くて私がぼけーっと歩いていただけでした。

Dsc_8831j

秋保の里センター、今度はシッカリ憶えました。

2015年11月13日 (金)

作並街道四十八滝

11月12日 秋保大滝方面に行き、帰りに作並街道に貫けて帰って来ました。

本当の目的は小さなヒマワリが一面に咲いていると言う秋保の里センターの近くに行きた

かったのですが、何時もの様に早とちり・・・ああ知ってる・・・とばかり出かけたのですが

見つかりませんでした。それもそのはず・・・・行ったのは秋保ビジターセンターでした。

仕方が無いので仙台ハイランドの山道を通り作並街道に抜けて行って見ました。

出口の橋の上から見た景色が良かったので写真を撮っていたら四十八滝の看板が・・・・

そう言えば前に来たことが有って、紅葉の時なら綺麗だろうなあと言ってたことを思い出し

ました。ちょっと遅かったようですが横に撮ったり縦に撮ったり・・・・撮って来ました。

ビジターセンターに向かう途中で撮ったものです。紅葉には遅かったようです。時間的にも。 

Dsc_8812j

でも景観は良い所でした。

Dsc_8810j

周囲が暗くて明るい所が綺麗に見えます。

Dscf1581j

ハイランド出口(入口でもあるんだけど)の橋から見た景観です。

Dscf1595j

縦横で感じが違ってきます。

Dscf1598j

これは反対側、滝が有る方を見た景色です。深ーーーい谷底です。

Dscf1587j

橋のすぐ下を撮って見ました。

Dsc_8816j

滝のある方に行って見ました。

Dscf1603j

縦に撮って見ました。もうちょっと赤みが欲しい所ですが、もうちょっと早ければ・・・・
Dscf1604j

もう一つの滝も赤みが足らない。この日は天気も今一でしたかしょうが無いか・・・
腕の問題も有るしね・・・・。

Dscf1609j

山のふもと近くに(少し遠い所でしたが)赤い実が一杯生っているのに気付きました。

Dsc_8818j

イイギリ  ヤナギ科  イイギリ属  葉の感じからも間違いないと思います。
凄い実の数で、小鳥たちの良い餌になると思うのだけど…・姿は見えなかった。
実際には種ばかり多くて最後の最後に食べられるみたいですが、ヒヨドリだけは良く食べに
来るのだとか・・・

Dsc_8828j

下の方でももう紅葉の時期は過ぎた様です。いよいよ冬を待つばかりですか・・・・・。




2015年11月12日 (木)

ネタ無し

11月11日  天気が良いので蕪栗沼に行って見ました。

目新しいものはなーーんにも有りませんでした。蕪栗沼にヒシクイとオオヒシクイと2種類

来ているとの事ですが、その区別がつきません。なんでも、嘴の形で分かるのだとか・・・

取敢えず撮って見ましたが、殆どが頭を羽に突っ込んで寝ているものばかりでデータ不足

ですが見てみました。

これと

Dsc_8801j

これは同じような感じで・・・・多分オオヒシクイ

Dsc_8805j

これは違うように見えるので(嘴が太く見える)ヒシクイかなと・・・・

Dsc_8802j

これだけではどうにもなりませんね。又出直して来ます・・・・・しゅん!

2015年11月11日 (水)

マメガキ?

11月9日  悪天続きなので先日の写真を・・・

出がけの田圃道で・・・・高い所、高圧電線にぶら下がりながら電線を引いているようです。

Dsc_8076j

近くの鉄塔では3人の人が電線を送り出していました。当然のことながら下では長い電線を
巻いている大きなドラムからの電線出しをしています。大変な仕事ですけどこれが無ければ
この電気社会が成り立ちません。感謝感謝です。

Dsc_8080j

先日利府の県民の森から拾って来た小さな柿です。枝が付いていて飾りになるなと思って
拾ってきました。飾ってもらいました。花とか葉を見ていないのではっきりしたことは分かりませんが実の形からこれがマメガキ(シナノガキ)だと思います。因みに先日野草園で見た物は
カキノキ(ヤマガキ)ではないかと・・・・

Dscf1572j

そして先日知り合いの葬儀に行った時葬祭会館の入口に植えて有ったものを(この時は暗かったので)今日撮りにに行って来ました。ロウヤガキと言う名前は盆栽などの写真で知って
いました。

Dscf1577j

夕方見た時はライトを浴びて凄く綺麗に見えたけど、こうして見るとそうでもないかと思ったり
実物は初めでしたので何はともあれ良かった。

Dscf1578j

ロウヤガキは牢屋だと思っていた。昔何かそういう事が有ったのかと・・・・

漢字で書くと老鴉柿と書くのだそう。鴉はカラス、年老いた鴉?・・・・分からん。

鴉の読みを調べたら「あ、からす」でした。その時に部首、とり、とりへんと書いていたので

あれ?へんって左側だけじゃなかったの?と思い、また調べてみました。

(ここに書いてあった、とりというのがへん以外のものを指しているのだと思います)

へんで見つけたのは、鴕、鴃でした。鴕は見た通り読みはダでした。ダチョウのダだと思い

ダチョウと調べてみたら漢字は駝鳥でした。あれ?鴕一つでダチョウを指していたようです。

鴃はモズだそうです。今は百舌とか百舌鳥とか書くのだそうです。へんの漢字は少なく、つく

りのものが多いようです。かんむりやあしのものも有るようで、なかなか読めません。

うおへんの感じは良く寿司屋の茶飲みに書かれていて読み当てるのも楽しいものですが

鳥についてはあまり当てる事が出来ませんでした。興味のある方はどうぞ・・・・。

2015年11月10日 (火)

広瀬川沿い

11月6日  小鳥が見たいと、広瀬川沿いを歩いて見ました。

ピッ、ピッ・・・と鳴く声がしたので辺りを見渡したら遥か彼方にジョウビタキのオスがいました。
白い小さな虫が雪降りの様な演出をしてくれます。(嬉しくないけど、良い感じ?)

Dsc_8769j

別の所でジョウビタキのメスが近くに来てくれました。クリクリッとした目が可愛いです。

Dsc_8771j

いつの間にか虫を咥えていました。

Dsc_8783j

あらよっと・・・

Dsc_8788j

咥え直してパクッと・・・・

Dsc_8789j

気が付いたらしく逃げましたが追いかけると近くにいました。

Dsc_8791j

今度はこちらに・・・・・

Dsc_8794j

見えるところに出てくれて・・・・可愛いなあ。

Dsc_8799j

この日はジョウビタキのオスとメスだけでしたがメスをすぐ近くで見られて良かった。

その内ベニマシコも出て来るでしょう。

2015年11月 9日 (月)

蕪栗沼から伊豆沼へ

11月5日  ハクガンを探しに蕪栗沼に行きましたが見つけられず、他にも何も見つけられ

なかったので伊豆沼の方に行って見ました。周辺の田圃を探して見ました。

マガンの群れの中に白っぽいものを見つけました。大分日暮れ近くなっていたのでピント
合わせがちょっと難しい。

Dsc_8746j

おまけになかなか顔を上げてくれない・・・

Dsc_8768j

大きくして見ました。真っ白なものの脇に白っぽい灰色のものも見えました。

Dsc_8766j

顔をあげても他の鳥たちの陰で全体を撮るのは難しいようです。

Dsc_8747j_2

暫く待っていたけど

Dsc_8755j

あまり変わり映えがせず・・

Dsc_8759j

日が暮れるのは早いし・・・・アセ、アセ・・・近づくこともできないのでここで諦めました。

Dsc_8763j

何とかハクガンに会えたので取敢えずOKかな?

2015年11月 8日 (日)

県民の森散策

11月4日 久しぶりで利府の県民の森に行って見ました。

綺麗なモミジ・・・・と思っていたら・・・・

Dsc_8725j

葉っぱが違っていました。ドウダンらしい・・・・

Dsc_8727j

実が生っていました。先日笹谷峠で見たサラサドウダンかと思ったら、実がまっすぐ下を向いているようなのでアブラツツジのようです。(先日調べていてよかった)

Dsc_8728j

まだ赤くなっていないもの

Dsc_8731j

赤みが強くなって来たもの・・・・どれも綺麗です。

Dsc_8733j

草薮から突然出て来て枝に止まっていました。ホオジロの幼鳥のようです。

Dsc_8739j

ガガイモの実が生っていました。初めて見ました。あんなに花が咲いている割には実の数が
少ない。2個しか見えませんでした。

Dsc_8745j

シロヨメナ?イナカギク?などと思っていたら・・・・・ゴマナのようです。キクアレルギーかも。

Dscf1567j

小鳥を期待して行ったけどホオジロしか見つけられませんでした。鳴き声も無し。

ヒヨドリの声だけはうるさいぐらい聞こえましたが・・・・・。

2015年11月 7日 (土)

蕪栗、内沼

11月1日  蕪栗沼に行ってその後内沼に寄って見ました。

先日ハクガンがいたと言う情報が有ったのでここにいるのでは?と来てみました。
あちこちいるマガンの群れに一羽しかいないものをどうやって探せばいいものか・・・・
情報を教えてくれた地元の方と話している時、一羽しかいないんじゃあ・・・・もっといれば
良いのにね、と言ったら、そんなにいたんじゃあ希少価値が無いんじゃあ、と言われました。
そう言えばそうです。ごもっとも。白いからいればすぐに分かるよとの事でした。
ここを見ている時手前の真ん中辺に白っぽいものが見えました。

Dsc_8613j

遠いのでなかなか分かりません。もっと近くまで行って見ました。それは白くはなく、単に
白っぽいものでした。もしかしたら光の加減でそう見えるだけかもしれません。

Dsc_8623j

沼に行くとヒシクイが(オオヒシクイとの区別が出来ないので敢てヒシクイと呼びます)いました。殆どが首を羽に突っ込んで寝ていました。周りにはハマシギらしきものがいました。

Dsc_8638j

どうもこれはハマシギではないように思うのですが、かと言って他に該当するものも分からないし・・・・・

Dsc_8639j

ツルウメモドキが綺麗に赤い実をつけていました。

Dsc_8647j

見た事が無い虫がいたので撮って来て調べましたがなかなか分かりませんでした。
(ヘップリムシ)カメムシに似ているので腹部が黄色のカメムシで調べて見ました。
キバラヘリカメムシと言うのが出て来ましたがこれとは違うようです。他にも色々見ていたら
キバラヘリカメムシの幼虫だと言う事が分かりました。成虫は黒い翅がもっと長く、黄色の
部分が見えないので違うものだと思っていました。

Dscf1548j

ニシキギ科の実を食べるらしく、ツルウメモドキについていたらしい。この実を食べていた?

Dscf1547j

帰りに内沼に寄って見ました。遅くなったので日が落ち始めていました。そうか、ここは夕焼け
にはもってこいの場所だったと気が付き夕日が落ちるまで待っていました。
餌をやる人がいるのでカモやハクチョウたちが岸辺に集まっています。

Dsc_8709j

時にはこんなことも・・・・

Dsc_8723j

夕焼けが綺麗に生って来ました。

Dsc_8679j

白鳥が絵を作ってくれます。

Dsc_8655j

寒い一日でしたが・・・

Dscf1553j

恋人たちには感じないかな・・・・

Dscf1564j

蕪栗沼の最初の出だしは良かったけどこの頃は空振りの方が多いみたいです。

懲りずにまた来てみましょう。

2015年11月 6日 (金)

蒲生海岸

10月31日 蒲生海岸に行って見ました。

この日はシギたちの姿は無くシロチドリだけでした。サーファーに追いかけられながらも
同じ方向に逃げて行きました。

Dsc_8601j

飛んで来て止まったと思ったら・・・・窪みを作ってその中に入っています。

Dsc_8610j

この日は寒い風の日だったので温かい砂で暖をとっているのかもしれません。

Dsc_8606j

真夏の暑い時にも同じように窪みを作って入っていました。あの時は涼んでいたのかも。

Dsc_8609j

シギたちの姿が見えませんでした。もう旅立ったのでしょうか。図鑑によると夏鳥たちの

時期は10月一杯に書いてあるのでその通りかもしれません。

2015年11月 5日 (木)

広瀬川沿い

10月30日 義兄を床屋に置いてから、少しの時間が有ったので広瀬川沿いに行って

見ました。ピッ、ピッ、ピッ・・・・・・と鳴き声が聞こえたのでもしかしたらベニマシコ?と川の

向こう岸を見たけど見つけられませんでした。ぽちゃんと音がして小鳥が川岸に飛んで、

枝に止まった様な・・・・・カワセミか?

双眼鏡で探していたら青とオレンジとが見えました。カワセミのようです。この時は写真など
撮る余裕なんてないだろうとカメラを用意して来ていませんでした。いつも携帯している
コンデジで撮って見ました。一眼のファインダーを覗いて撮るのと違って、相手が小さいもの
だから合っているのかどうか分からないけど写っていれば儲けものぐらいで撮って見ました。
何とか撮れたようです。

Dscf1545j

義兄をアパートに送り届けてからカメラを用意してまた行って見ましたが、やっぱりカワセミの
姿は有りませんでした。かわりにカワラヒワを見つけました。

Dsc_8557j

カワラヒワかあと思っていたけど飛び回る羽の色が何とも印象的なので撮って見ました。

Dsc_8561j

団体で飛び上がる風景は幻想的ですが残念ながら飛び回っているのはこの一羽だけでした

Dsc_8566j

4羽写っていますが分かるでしょうか。

Dsc_8571j

大きくして見ました。これが一番綺麗なポーズかな。

Dsc_8571jj

鳴いていたものの正体が分かりました。

Dsc_8588j

ジョウビタキのオスでした。

Dsc_8590j

今年の初撮りかな。

Dsc_8593j

バックに雪が降っている様な白いものは雪虫の様な小さな虫でした。

Dsc_8598j

川の中でバシャバシャ音がしたので見てみたら鮭が遡上してきたようです。

Dsc_8582j

川下で柵を作って魚止めをしていました。これからサケを捕まえるのかな?

Dsc_8599j

いかなる時もカメラを手放したらいけない、せっかくのチャンスを逃してしまう。とはいうものの

なかなかそうもいきません。その時は諦めるしかないのかも。

2015年11月 4日 (水)

霊山で紅葉

10月28日 友達と霊山に紅葉を見に行って来ました。

天気が良いはずだったのに雲が多い空模様でした。駐車場は休日でもないのに満車状態
で、他県からの車も多かった。

Dscf1527j

少し遅めだったのか、紅葉の出来が悪かったのか、天候も悪かったことも有ってか余りぱっと
しない感じでしたが、風が無く穏やかな日でした。

Dscf1531j

雲間からこぼれる光の筋が綺麗でした。

Dsc_8543j

遠くは霞んでいて見晴らしは今一です。

Dsc_8544jj

日が当たればいい色になります。

Dscf1536j

五百羅漢

Dsc_8517j

学問岩

Dsc_8519j

城跡からの帰り道

Dsc_8524j

護摩壇

Dsc_8528j

唯一の赤要素

Dsc_8488j

この種類しか赤要素のものが無いのは辛い。

Dsc_8487j

この山にはマツブサが多く見られた。福島だからと言う事は有るのかな?

Dsc_8508j

花や葉の形から多分リュウノウギクだと思います。分布的に福島以南なので仙台では見る事が出来ない花です。花期が10月~11月と言う事ですからちょうどいい頃だったみたいです。

Dsc_8552j

友達が見つけてほれ!とよこしたもの。丸っこくて割と大き目の(2cmくらい)クモだった。
イシサワオニグモ  コガネグモ科  オニグモ属  のメス オスはこれの半分くらいだそう
大きくて地面にいたので巣網を張らない種類かと思ったら巣網を張るみたいです。
これは黄色っぽいけどいろいろ色のバリエーションは有るのだそうです。

Dscf1541j

霊山はこれで2回目ですが、きれいな紅葉が見れずに残念でした。来年はもっと奥の方まで

行って見たいと思います。でも楽しい一日でした。

2015年11月 3日 (火)

蕪栗の夕焼け

蕪栗沼でうろうろしている間に夕方になってしまいました。今日も何にもなかったなあと帰ろう

としたらガンたちが一斉に飛び上がりました。日が暮れて夕焼けになっていました。

これを撮らない手は無いとカメラを向けました。日が落ちるまで撮っていました。

見たままで説明はいらないでしょう。

Dsc_8265j


Dsc_8271j


Dsc_8295j


Dsc_8300j


Dsc_8302j


Dsc_8311j


Dsc_8370j


Dsc_8384j

反対側を見たらお月様が出ていました。今日は満月の前日だったようで殆どもう真ん円でした。

Dsc_8395j

月と雁・・・か・・・・昔は良かった・・・・・と、昔を思い出してる風。

Dsc_8433j

それでもこの頃はなあ・・・・・と嘆いています。

Dsc_8434j

今日は楽しかったでしょう?気を付けて帰ってね・・・・・

Dsc_8398j

結果的には今日はラッキーだったのかもしれない。月がこんなに綺麗だとは。

写している時は白っぽい、寒々とした月だと思っていたのにこんなに温かい色に写っていると

は思っても見ませんでした。鳥にピントを合わせようとしたけど動くものだから合わせられませ

んでした。月に合わせると鳥はぼけてしまいます。難しいもんですね。

月に鳥たちが入るようにと狙っていたのですがなかなかそのチャンスがとれませんでした。

立ち位置を変えればよかったのかもしれません。満月の晴れた日でこの時間に見れるのは

そうそうないことだとは思いますが、その内また来てみたいと思います。

2015年11月 2日 (月)

蕪栗沼でヘラサギ

10月26日 久しぶりに蕪栗沼に行ってみました。何か来てるかな。

駐車場に付いたとき鳥見らしき人達がいたので声をかけてみました。その人は野田市から

来たのだそうで、毎年来ているとかで詳しそうでした。ヘラサギが来ていると教えて頂きまし

た。何で地元の人間が(でもないか)遠くから来た人に教えてもらわなきゃいけないの?

観光バスも止まっていて、数名の人たちも沼の方でカメラを構えていました。

小さなシギが・・・・ハマシギのようです。

Dsc_8082j

左の1羽だけがちょっと色合いが違うようですが・・・・・同じハマシギかなあ。

Dsc_8085j

去年見たところとは別の所にヘラサギがいました。もしかしたら前来た時にもいたのかも知れません。サギ類も結構いたのであまり気にはしていませんでした。

Dsc_8185j

言われてみれば仕草が他のサギたちと違うので一目瞭然なのですが・・・・見る人が見ればやっぱり分かるのでしょうね。

Dsc_8156j

マガンが頭の上を飛んでも気にせず餌取に忙しい。

Dsc_8214j

確かにヘラサギです。

Dsc_8213j

マガンも遠慮なしに次から次へと下りて来ます。

Dsc_8172j



Dsc_8173j

まだ帰って来るには早いんじゃあ・・・

Dsc_8177j

大きくして見ました。

Dsc_8177jj

ここの部分だけでも結構頑丈そうな嘴です。

Dsc_8237j

横から見てもしっかりしています。

Dsc_8239j

風が吹いて来て・・・・おお!モーレツ!

Dsc_8233j

土手に咲いていた紫の花。ムラサキハナナかと思ったら花の中心が白っぽいし、茎には棘が
有りました。ハマダイコンでしょう。浜でもなくても有るんだ。

Dscf1524j

関東方面からツアーを組んで来ているようですが、マガンなんてもう見飽きるほどいるのにと

思ったけど、昔は全国的にいたのに埋め立てなどで飛来する場所が限られていたそうで、

こうして近くで当たり前に見られることに感謝しなくてはと思いました。

2015年11月 1日 (日)

海辺の林で

海辺の林の方に行って見ました。

ホオジロがいました。今のところ小鳥ではこれしか見つけられません。

Dsc_7952j

相変わらずノスリも見えました。

Dsc_7954j

諦めて帰ろうとした時電柱の上にチョウゲンボウを見つけました。逆光なので反対側に移動
したいですが真下を通る過ぎなければならないため取敢えず撮って、進みました。

Dsc_7962j

やっぱり逃げられてしまいましたが、さっきいた方角へ逃げ、止まった様なので追いかけて
戻りました。取敢えず少し遠くから撮り、徐々に近づいて行きました。

Dsc_7990j

トリミングしてみました。

Dsc_7999j

近くまで行って撮った後に逃げられました。

Dsc_8007j

近くで停空飛行をしてくれましたが逆光状態なので明るく処理をしました。

Dsc_8012j

そこからの帰り道、田んぼの縁に止めてあった農機具に止まっているノスリを見つけました。

Dsc_8036j

あまり交通量が無い所だったので車に乗ったまま撮っては近づいて行きました。

Dsc_8042j

まだ気付いていないのか・・・・今までこれくらいでは逃げられている距離ですが・・・・

Dsc_8049j

土手から見下ろす格好で最短距離まで来ましたが逃げようともしません。

Dsc_8059j

車に乗っているからかなあ。

Dsc_8068j

少しトリミングしてみました。あまりに動きが無いのでカメラをひっこめて様子を見ていました。
突然こちらに向かって飛んできました。まさか攻撃を?と・・・一瞬、ドキッとしました。

Dsc_8062j

すぐ下の土手脇にいたネズミを捕まえたみたいでした。慌ててカメラを構えましたが時遅し
逃げていくところしか撮れませんでした。またまたドジを踏んでしまいました。

Dsc_8069j

もうちょっと辛抱が足りないようですね。かぎりなく反省!です。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »