« 小原温泉ではなかった | トップページ | 蒲生海岸など »

2016年4月26日 (火)

泉ヶ岳、北泉ヶ岳今年初登頂

泉ヶ岳に行って見ました。最初北泉ヶ岳に登り泉ヶ岳を通って帰ってくる予定です。
目的はタチカメバソウとサンカヨウの花の咲き具合を確認です。去年はもっと後の時期でしたが
今年は早いとの事で行って見る事にしました。
 
 
泉ヶ岳の駐車場入り口までの桜並木が満開でした。この時期に来たことが無かったのでこんなに素晴らしいとは知りませんでした。
 
Dscf2258j
 
タチカメバソウが群生しているところのほんの一部だけでしたが咲き始めていました。ここは低い所なので早いのですが中腹にあるお花畑のものはまだまだでした。
 
Dsc_0349j
 
ムラサキ科のキュウリグサ属でキュウリグサやワスレナグサなどの仲間です。葉の形が亀の甲羅に似ていることから名付けられたとの事です。以前早池峰山の麓のタイマグラという所の部落で教えてもらった時とここでの2ヶ所でしか見ていません。この時期に山にあまり行ってないので他の山にも咲いているのかもしれませんが。ネットで調べてもあまり記載が無いので実際少ないのかもしれませんが。 

Dsc_0348j

北泉ヶ岳の登り口でかなり大きな樹齢何年か分からないブナの木と、その下にキクザキイチゲが一輪だけ咲いていました。分かるでしょうか?最初は通り過ぎたのですがなんとも心に感じるものが有って戻って写真を撮って見ました。大きなものと小さなものを同時に撮ると小さなものが殆ど見えなくなってどう撮ればいいのか困りました。小さなものが分かるように大きく撮ると木が殆ど写らなくなり何の写真か分からなくなると思い、縦構図にして何とか収まったようです。

「大きな命と小さな命」、「何百年と生きて来た木と毎年咲代り生きて来た花」そんな言葉が頭に浮かびました。
 
Dscf2264j
 
サンカヨウが群生しているところですが、残念ながらやはり未だ早かったようです。

Dscf2269j

それでも日当りが良い所では花芽が見えました。

Dscf2271j

これが今日一番のもののようです。あと何日かな?

Dscf2274j

お花畑では サイシンスミレが多く、ニリンソウが咲き始めの状態、エゾエンゴサク?は未だの様でした。5月に入ればまた違った花たちが咲いてくれることでしょう。

« 小原温泉ではなかった | トップページ | 蒲生海岸など »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63561627

この記事へのトラックバック一覧です: 泉ヶ岳、北泉ヶ岳今年初登頂:

« 小原温泉ではなかった | トップページ | 蒲生海岸など »