2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 舟形山登山中途断念 | トップページ | 薬萊山登山2 »

2016年5月24日 (火)

薬萊山登山1

5月20日、友達に頼まれてどこか簡単な山に連れて行ってほしいとの事で考えた末薬萊山ならと行って見る事にしました。前回初めて連れて行ったのは七ツ森で、1つ2つで止めればよかったものを4っつも引き回したので帰りには足を引き摺り歩く羽目になってもう2度と付き合わないと言われそうでしたがそうでもなかったようで安心しました。実は私もここは初めて登る山でどうなっているか分かりませんがそれほど高い山でもなさそうだったので安易に選んでしまいました。赤い鳥居をくぐると舗装された緩やかな桜並木の道が山の方へと続いていました。一応登山と言う事で、その脇に有る細い山道をゆっくりと登って行きました。いよいよ登りに入ると階段になっていて頂上まで706段あると書いてありました。50段ごとに札が立っていました。かなりの急勾配で年寄り3人ともヒーヒー言いながらそれでも何とか登り切りました。
 
 
登り切ったところに神社らしきところが有りました。
 
Dscf2958j
 
中はこうなっていました。
 
Dscf2959j
 
その近くにこんなものが・・・・あれ、ここが頂上じゃなかったの。
 
Dscf2960j
 
その途中にこんなものが・・・・赤い頭巾を見てお地蔵さんかと思ったら・・・・お乳の垂れ下がった姥神様。パンフレットも何もないので謂れも何もわかりません。前には錆びたハサミ類が置いて有りましたが・・・・願えば何でも叶うのだとか・・・・ネットで広がっている噂ですけど。
 
Dscf2962j
 
霞んでいて小野田の街並みぐらいしか見えませんでしたが天気が良ければ海の方までみえるようです。
 
Dscf2965j
 
一応ここが頂上なのでしょうか。石碑が有りました。少し休憩をしてから緩やかな北側斜面を下りました。舗装された車道に出てから車を止めたところまでしばらく歩くようになりますが道脇に色んな花が咲いていて楽しめました。
 
Dscf2969j
 
これは何トンボでしょう。ダビドサナエ、クロサナエの様ですが胸脇の模様が違います。今の所見つけられません。

Dsc_1897j

背中部分の模様も違ってます。

Dsc_1899j

ヤマキマダラかな?

Dsc_1907j

この蛾は?

Dsc_1911j

そう言えば色麻町のシャクヤクは?と言う事で行って見ました。21日土曜日からお祭りなのだそうで、なんだ、明日からじゃない・・・・・。

Dsc_1915j

取敢えず咲いているところだけ撮って見ました。

Dsc_1917j

所々咲いているだけでした。

Dsc_1921j

ほとんど人影なし。

Dsc_1923j

レストランで5千円以上のステーキでも・・・・・無理なので7百幾らの日替わりランチで少し遅めの昼食をとり帰りました。あの急勾配の坂道を登った時はやべっと思いましたが一応満足してもらえたようで安心しました。

 

 

 

 

 

 

« 舟形山登山中途断念 | トップページ | 薬萊山登山2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63679846

この記事へのトラックバック一覧です: 薬萊山登山1:

« 舟形山登山中途断念 | トップページ | 薬萊山登山2 »