2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 大東岳の麓歩き1 | トップページ | 大東岳の麓歩き3 »

2016年5月 3日 (火)

大東岳の麓歩き2

大東岳の登山コースを何時もと反対方向に歩いてみました。出だしは同じですからどちらを廻っても同じ標高差ですが距離が長く、途中のアップダウンも半端じゃない。でも今日は途中までしか行かない予定ですのでのんびりと散策気分で・・・。
雨が降った翌日と言う事も有って水溜りの場所が多いので長靴の方が良いのかもしれませんが、長い距離を歩くことになるので登山靴で行く事にしました。
 
 
ツボスミレが群生していました。このスミレが群生している所は良く見ます。他のスミレが終わったころに楽しませてくれます。
 
Dsc_0654j
 
白い小さな花をつけたものを見つけた。えー、アカネ科の・・・・葉が多く輪生しているからクルマムグラ?調べたら残念、クルマバソウでした。見分けのポイントは花で、漏斗部分が長いのがクルマバソウなのだそうです。**ムグラと言うものには色んな種類が有るようですがいつも雑草的な見方しかしていなかったので多分見ていても意識の中に残っていないでしょう。今度は色々探して見ましょう。
 
Dsc_0650j

これは又小さな花です。ナデシコ科のハコベの仲間でしょう。

Dsc_0653j

花弁の数が・・・8枚?そんなのあったっけ?良く見たら花弁がくっついているようです。10枚有るように見えますが5枚の花弁が深く切れ込んでいるのだそうです。
ノミノフスマだそうでこんな山奥まで来てみる花でもなさそうですが、これ一輪だけがひっそりと咲いていたものですから・・・つい・・・同じ**フスマに、オオヤマフスマと言うものが有りますがこちらはオオヤマフスマ属で同じナデシコ科でも違うみたいです。どちらもと言うかナデシコ科の花は皆好きです。

Dsc_0652j

こちらは見るからにハコベ属でしょう。5枚の花弁が深く切れ込んでいます。
ミヤマハコベのようです。

Dsc_0743j

こちらは浅く切れ込みサワハコベのようです。

Dsc_0682j

山道の脇に一面に白い花が咲いています。綺麗だと思うか雑草のように生えて鬱陶しいと思うか。

Dsc_0746j

花を少し大きくして見ました。セリ科の花です。白い小さな花が集まって咲いています。茎を途中から折って見ると中空でシュポッと音がします。セリ科特有の臭いがします。花が咲く前の若い所を摘んで山菜として利用します。あまり知られていないようですが美味しいです。こんなに有るのに・・・と言うよりこんなに有るからかも知れませんがあまり採られていないようです。但しちょっとだけ注意しなければならないのは毒草で似たものが有るからです。同じセリ科でドクニンジンと言うものです。ドクニンジンの茎の下半分には赤紫の斑紋が入るものが多い、臭いが悪臭であると言う事で区別が出来るようです。

Dsc_0748j

今度はアブラナ科の様です。花だけだとハタザオなどと区別がつけられません。
大きさや葉の形からオオバタネツケバナのようです。かじるとアブラナ科特有の少し苦辛い味がします。クレソンの様にして食べられるようです。

Dsc_0611j

こちらは少し小さめなのでタネツケバナだと思うのですがいろいろ種類が有るようで、今の所それ以上は調べていません。

Dsc_0629j

ハタザオの仲間で葉が茎を抱くことや・・・

Dscf2297j

長角果が展開してついていることからイワハタザオとしました。

Dsc_0677j

これはどうなんでしょう?ち長角果は展開し葉は茎を抱いていますが葉がかなり広いようで・・・・

Dsc_0675j
 
葉の縁には鋸歯もなく全縁のようです。
 
Dscf2294j
 
ここも歩くと楽しいものが有りました。また行って見ましょう。

« 大東岳の麓歩き1 | トップページ | 大東岳の麓歩き3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63595186

この記事へのトラックバック一覧です: 大東岳の麓歩き2:

« 大東岳の麓歩き1 | トップページ | 大東岳の麓歩き3 »