« 小鳥など | トップページ | 七ツ森で1 »

2016年5月11日 (水)

二口で白滝を

二口渓谷へ行って来ました。ヒトツバテンナンショウの写真の撮り直しとムグラ類を探すことと三輪咲きのチゴユリの開花状況確認の為です。
 
 
ビジターセンターの周りの草地にスミレを発見。初めサクラスミレかなと思って近づいたのですがちょっと違うな・・・・・栽培種のニオイスミレか・・・・と周りを見渡したら向かいの家の庭先に一面に咲いていました。
 
Dscf2420j
 
山道を歩いていたら、お!これは変わったスミレかも、未だ蕾のようだけど・・・・・。
良く見たらラショウモンカズラの小さなものでした。2度も失態。良くあることだけど。
 
Dsc_1225j
 
先日見たクルマバソウが今が盛りと咲いていました。 

Dsc_1207j

周りを探して見ました。葉が6枚輪生したものが有りました。花は未だの様です。見た感じからクルマムグラの様です。花期は6~7月だそうでやはりもう少し待たなければならないようです。ムグラ類は大体皆その頃の様で、クルマバソウだけは5~7月となっていました。

Dscf2402j

これも6枚輪生の様ですが小葉の形や毛の状態、茎に棘が有るなどの違いが有りました。オククルマムグラでしょう。やはりこれもまだ花が見れないようです。

Dscf2400j

ちょっと山に入ったらツルシキミが咲いていました。良く登山道などで見かけて、ミヤマシキミ?どっちかなと思っていたのですが積雪によりミヤマからの変種でツルが出来たそうでミヤマは直立しツルは倒れるように伸びあまり大きくはならないようです。ツルと言うともっと細長いものを連想してしまいこれは違うのかなと思ったりして・・・・・

Dsc_1223j

あ~あ、未だの様ですね。一輪だけが蕾です。これが開く頃に他は萎んでたりして・・・・・、また来なきゃダメか・・・・・

Dscf2408j
 
チョコレート色に白のストライプ模様の粋なお姿、決まってるじゃあないですか。それでもこれもただのマムシグサ、黒紫のものも有ると言う事でした。

Dscf2427j

これは先日見つけたヒトツバテンナンショウ、一目でわかるようになりました。

Dscf2436j

同じところから大きいものと小さなものが出ていました。親子かな兄弟かな?たまたま同じところなのか同じ芋から出ているとか・・・・掘って見るわけにも行かず・・・

Dscf2437j

先日失敗した写真のリベンジです。今度は何とかピントが合っているようです。

Dscf2442j

この道筋には白滝、雨滝、梯子滝と3っつの滝が有るようですが取敢えず最近の白滝までは行って見たいものです。

Dscf2448j

入口に標識は有ったものの誰も入っていないのか道が分かり難い。いきなり最初から道探しをしてしまいました。こっちって書いてあるからこっちなんだろうけど・・・・と、暫くはウロウロ、何とかそれらしい所を登って行くとまず最初に見つけた小さな滝?こんなのじゃないよね。

Dscf2449j

未だ上に登る道が有ったので行って見たら水量が少なくて貧相な滝、あ!そう言えば・・・・と思い出した。前にも一回来たことが有ったんだ。確かもっと高くて、滝壺の傍まで行けたような・・・・・時計を見たらもう3時半を過ぎている。この先を見たら道らしきものもないし急斜面だし・・・・と言う事で無理をしないで帰る事にしました。

Dscf2454j

疲れたあと言って帰ったら、今日は面倒くさいからお鍋ねえと・・・・。

言うまでも無くシラタキを入れて・・・二口と言わず何口も・・・腹一杯食べましたよ。

うん、今日は上手くいった。滝だけに良く落ちたなあ。

« 小鳥など | トップページ | 七ツ森で1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63644706

この記事へのトラックバック一覧です: 二口で白滝を:

« 小鳥など | トップページ | 七ツ森で1 »