2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 二口で白滝を | トップページ | 七ツ森で2 »

2016年5月12日 (木)

七ツ森で1

天気が良いので七ツ森に行って見ました。大東岳の麓で見たチゴユリが他のチゴユリと違うのかどうかなど調べてみたいと思いましたので。取敢えず木の花からです。
 
 
白いぼさぼさッとした花が咲いていました。アオダモだなと思い調べてみました。写真を見たら花が貧相でした。調べて行ったらこれはマルバアオダモでした。マルバってそんなに円くは無いのにと思ったら、円いからではなく葉の縁にギザギザが無くつるんと円いからなのだそうです。確かに波打ってはいますが全縁です。 

Dsc_1363j

取敢えず近くで撮って見ましたがこれでは詳細が分かりませんね。とって見ればいいんでしょうけどそこまですることも無いでしょうから・・・・。

Dscf2501j

今の時期良く見かけるものです。ウワミズザクラ、語源は分かりませんが時々ウワズミだっけとなる時が有ります。上を見なきゃ見れないよと言って思い出します。

Dsc_1370j

これに似たイヌザクラと言うものも有るようですがまだ見た事が有りません。

Dsc_1373j

そのイヌザクラとの判別には花の下に葉が有るかどうかだあそうです。これを見れば確かに葉が何枚かついているようです。え?それも知らずにウワミズザクラって言ってたのと突っ込まれそう。やべ!

Dsc_1378j

これも山道を歩いていると良く見かけます。ガマズミです。小さな赤い実をかじると・・・(今、歯が無くてかじれないと言うのが実態ですけど)・・思うだけで口の中がジュワッとなって来ます。去年買ったガマズミジュース、高かったけど美味しかった。また買って来ようか。

Dsc_1438j

お!これは・・・・葉先が細く尖って、花の数も少なめ、ミヤマガマズミでしょう。コバノガマズミと言うのも有るようですが福島県以西となっているのでこれで良いでしょう。葉柄の長さや葉の付け根に針状の托葉が有るのだそうですがこの写真では見えてません。そこまで分かっていませんでした。

Dsc_1453j

これも似た様なと言えばそう見えなくもない。オトコヨウゾメです。ガマズミと同じレンプクソウ科 ガマズミ属 です。

Dsc_1451j

バッコヤナギの花も終わって実が少し膨らんできたような・・・・・

Dsc_1369j

ツクバネウツギが山道脇にうずくまるように咲いています。白っぽいもの、ピンクっぽいもの色々です。

Dsc_1456j

これは登山道入り口に垣根の様になって植えられていましたから自生とは言えませんね。コマユミの様です。

Dsc_1532j

これも同じ並びに有りました。同じような花が咲いていました。枝に翼が付いています。この翼が有るものをニシキギ、無いものをコマユミと言うのだそうです。花は黄緑色で小さくあまり目立たないのですが秋になれば本領発揮、一躍山の立役者となる事でしょう。みんな夫々何かは持ってるんでしょうね。

Dsc_1534j

ヒメコウゾの花が咲いていました。コウゾだと憶えていたけどヒメコウゾだと言われて調べてみました。コウゾはヒメコウゾとカジノキとの雑種なのだそうで、見分けは難しいので通称ヒメコウゾで通っているようです。紫のものが雌花の花柱、これだけの数の花が集合体となって1つの花序を形成していると言う事になります。黒いものは雄花ですが未だ咲いていないのか雄蕊が見えていません。

Dscf2591j

マグワの雄花です。雌雄異株、同株のものも有るとの事。知らなかったので雌花は?と探して見ましたが・・・・無いわけです。ヤマグワの雄花はもっと短いようです。

Dscf2595j

普段あまり上を見ていないので木の花にはなかなか気づきませんでしたが、今日は休み休み行きましたから何とか見れたようです。次は草の方に行きましょう。

« 二口で白滝を | トップページ | 七ツ森で2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63644929

この記事へのトラックバック一覧です: 七ツ森で1:

« 二口で白滝を | トップページ | 七ツ森で2 »