2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ルイヨウがここにも有った | トップページ | 薬萊山登山1 »

2016年5月23日 (月)

舟形山登山中途断念

前から思っていたことですが、旗坂キャンプ場から升沢コースで登り、草原を通って蛇ヶ岳へと行って見たいと思っていました。草原って何か期待させる響きが有ります。朝早くからの登りは涼しくて気持ちいい。この日は市内では二十何度とか夏日になる予報でした。駐車場に着いて用意をしていたらもう一台の車が来て、結局この人と2人だけしかいないようでした。一緒に登ろうかと思いましたが言わなくて良かった。ここは常連の方の様で速いの速いの、あっという間に見えなくなってしまいました。
入口に30番のプレートが有りました。頂上に行くにつれて少なくなっていくのでしょう。これが有ると自分がどの辺まで登ったのか分かり易くて良いですね。
ここまでで2時間を費やしてしまいました。と言う事は頂上までで4時間半はかかると言う事になります。
 
Dscf2907j
 
途中ではシロヤシオ、ムラサキヤシオが綺麗に咲いていました。他の草花はあまり見られませんでした。
 
Dsc_1859j
 
何とか升沢小屋まで着きました。この時全然気づかずにいたのですが、蛇ヶ岳への分岐がここまで来る途中に有ったそうで、通り越してきてしまったようです。そんなことはつゆ知らずもっと先に有るものとばかり進んで行きました。この先は沢登りになりました。
 
Dscf2911j

そこからがまた大変な道のりでした。途中にも残雪が無かったわけではないのですが、最初は雪解け水が多く流れていて大きな石伝いに何とか登って行ったのですがその石もままならず仕方なく脇の藪漕ぎに・・・・・。その内残雪で半分ぐらいが覆われて、その上を歩かざるを得なくなりました。途中7番の印の所も有り、もうすぐだと思いました。うっかりしてると足がずぼっと雪を踏み貫いてしまいました。その時はそれで足が濡れただけで済みましたが、2度目は雪が崩れて身体ごと流れに転んでしまいました。藪漕ぎの辺りから邪魔なので肩にかけていたカメラをリュックに入れていたので濡らさずに済みました。浅かったので意外と濡れてませんでした。そこからはもっと慎重にと歩いて行くともう全面が残雪状態でした。沢が二つに分かれていてどちらに行けばいいのか・・・・赤く塗られたマーキングが有りましたが中途半端で良く分かりません。前の人が行った足跡が最初太い方に行って引き返し、細い方を登って行ったように見えました。上を見ると果てしなく続く沢の様です。時間は13時を過ぎていました。これ以上行っても花の姿を望めそうもなし、引き返す事にしました。そう決めると心は楽でのんびりと周りを見渡すと沢の脇にはイワナシの花が綺麗に咲いているではないですか。今まで登る事だけで必死だったようで全然見えていなかったのでしょう。殆どが下りで見つけた花たちです。

Dsc_1863j

咲きたてなのでしょう濃いピンクの花でした。

Dscf2931j

それに負けじとショウジョウバカマも顔を出していました。

Dscf2924j

白いショウジョウバカマも有りました。初めて見ました。綺麗ですね。
 
Dscf2913j

途中の水たまりの所にはトウホクサンショウウオの卵でしょうか一杯有りました。

Dsc_1864j

こちらは少し長めのものですが同じかな。

Dsc_1866j

ポポポとツツドリの鳴き声がしたので見廻したらは遥か彼方に見えました。300mmではとても太刀打ちは出来ぬと思いながらも何枚も同じ写真を撮って見ました。トリミングをしたら何とか見れそうです。

Dsc_1874jj

ツリバナが咲いていました。下界ではまだ見て無かったけど・・・・もう終わってるかな。

Dsc_1891j

この季節、どこの山でも見かけます。ヒメイチゲが可愛いです。いつも一緒のタケシマランも有りましたが枚数の関係で割愛しました。悪しからず。

Dscf2912j

ここでもコヨウラクツツジが見られました。

Dscf2947j

今年他では見てなかったミツバオウレンが有りました。

Dscf2940j

登る時にあまり花が無い山だなあと思っていたけどそれなりに見ればそれなりに見つかるのかも。何しろハナイカリは今の所この山でしか見ていないので無下には出来ない山です。そうそう、オコジョにも会ったのもこの山でした。蛇ヶ岳や草原はこの次の楽しみになりました。
駐車場の近くまで下りて来た時に脇の方から先に登って行った人が下りて来ました。話を聞くと残雪の沢を下るのは危険なので蛇ヶ岳を周って下りて来たのだそうです。頂上で山形側から登って来た人もいたそうでただただ感心するだけです。

 

 

 

 

« ルイヨウがここにも有った | トップページ | 薬萊山登山1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63678589

この記事へのトラックバック一覧です: 舟形山登山中途断念:

« ルイヨウがここにも有った | トップページ | 薬萊山登山1 »