2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« お雛様はまだ? | トップページ | »

2016年5月 7日 (土)

ユリノキ、ハンカチノキなど

野草園に行って見ました。ハンカチノキやクマガイソウが咲いているとの話が有ってから少し日にちが経ってしまい、もう遅いかもと思いました。去年はシッカリと見逃していましたから何とか見れれば・・・・・。
 
 
クマガイソウがまだ咲いていました。入口で知ってる人に聞いたらもうダレて来ているよと言われたのでがっかりしてましたが何の、まだ大丈夫の様です。左下に黄エビネ(だと思うけど)の蕾が見えてます。もうすぐかな。

Dsc_0802j

ルリソウもまだ大丈夫そう。山のものは終わったかなあ。

Dsc_0806j

高山区ではチングルマも咲いていました。ここではやっぱり早く咲くようです。

Dsc_0809j

ミヤマオダマキは普通に花壇で見ていてただオダマキと言っていたので高山の花だとは思いもしませんでした。早池峰山であちこちに咲いているのを見て、栽培種が逃げ出してきたのかと思いました。むしろ車道の脇に咲いていた赤紫のヤマオダマキを高山草だと思った事が有りました。

Dsc_0812j

キバナウツギ 大東岳の登山道で見たかな。似たものにツクバネウツギが有ります。萼がツクバネの様に開いています。七ツ森の登山道でも良く見られます。
シロバナウツギを蒲生海岸で見つけた時は嬉しかったけど今年行ったらもう切られて跡形もなくなっていました。悔しい限りです。

Dsc_0815j

野草園に有ったものがどれだったか見て来なかったけど、花に毛が無く葉に毛が有るように見えるので多分ヤマウグイスカグラかな?ミヤマだったような気もするけど。

Dsc_0816j

これも看板を見て来なかったので不確かですが多分トキワイカリソウでしょう。
東北~山陰の日本海側の山林に有るとの事ですがまだ自生は見た事が有りません。花期が4~5月と言う事で余りこの時期に行った事が無いので・・・・そうか、小国に行った時に探せばよかったのか・・・

Dsc_0819j

クロバナロウバイ  ロウバイ科 クロバナロウバイ属 北アメリカ原産
もうちょっとで咲くところです。

Dsc_0824j

ハンカチノキの花もまだ残っていました。青空が見えて来ましたが風が強くなって、なかなかピントが合わせにくい。帰るときには皆で一杯振ってくれましたよ。

Dsc_0830j

下の広場の芝生にレンゲソウの花が咲いていました。植えた訳では無いでしょうから種が飛んで来たのかな。これだけ数が有ると言う事は以前からあったのかな。全然気づかずにいました。花が咲いていなければ分からないかも。

Dsc_0833j

ユリノキの花が咲き始めたとの事で見に行ったけどなかなか見つかりませんでした。大きな木の内のほんの数輪だけでしたから。低い所にも咲いていたのにずっと上の方ばかり探していました。

Dsc_0835j

カリンはもう終わりです。何とか撮る事が出来ました。

Dsc_0846j

ハナイカダの葉、花ですが山で見た物とはずいぶん違うように感じます。花の数が多い、山で見た物は多くても3個ぐらいでした。葉に触った感じが硬い、山の物は柔らかでてんぷらにして食べれば美味しいだろうなあと思わせる感じでした。かと言って別種が有るような話も無いし・・・・・・雄株雌株の違いでもないと思うけど・・・どうでしょう。思い違いかな。

Dscf2350j

ムレスズメ  マメ科 ムレスズメ属  中国南部原産の落葉低木
スズメが群れているようにたくさん花を付けるからだそうですが、ほとんど終わった状態でした。

Dscf2355j

少し日にちを空けるともう花たちの姿はどんどん過ぎ去って行くようです。見たいものを絞って行動しなければ身体一つでは対応できなくなってしまいます。あれも見たいしこれも見たいし、あそこにもここにも・・・・ああ大変だあ。

**********************************

以前から気になっていた言葉遣いが有りました。 周囲の人たちだけではなくラジオやテレビの番組でも、愕然としたのはNHKの女性アナウンサーの会話の中でもでした。それは「お腹が減った」という言葉です。私の中では「お腹が空いた」「腹が減った」だと思っていたからです。丁寧な言葉と雑な言葉そんな感じです。
ネットで調べてみました。教えて!gooに同じことを考えている人が質問を出していました。同じ考えの人が何人かいましたがどれが正解かと言う事は分かりませんでした。何時からそうなったのか、と言うと以前はそうでなかったのかと言われると何とも言えません。昔の事は憶えていないし、学校でそう習ったと言うものでもないし・・・・・。それでもその言葉を聞くとどうも違和感を感じてしまいます。皆さんはどうなんでしょう。

« お雛様はまだ? | トップページ | »

コメント

昨日盛岡へ行ってきました。
他の用事を早々に住ませて岩大の植物園へ。
「ハンカチの木」が気になった仕方がなかったのです。
行ってみてびっくりポンポン!!
ガッカリでした。見る影もなくやつれた感じでした。
一昨年の、葉と同じぐらい沢山咲いていたあの感動を味わいたかったのに、涙が出そうでした。
木、そのものは大きくなってはいました。
木の根元に、すの子みたいなものを敷いているではありませんか・・・
愕然としてしまいました。
園全体があれている様に感じたのは私だけかな?
ハナイカダもクロロウバイも、小さくこじんまり整えられて、腹がたちました。(こういう使い方はいいですよね)
花いかだ、こんなの初めてです。
以前、小岩井のネイチャーーウォークに参加した時、自生しているハナイカダの説明で、1個と2個のがありました。その時の説明で、雄、雌の違いだと聞いたことありました。でもこんなに沢山あるのはどうしてでしょう。

ユリノキはまだでした。

おなかへった、私も聞いています。何度も。これは一種の流行りなのか?? 若い人がかっこつけて言っているのか、後味悪かったこと覚えています。違和感を感じます。

larala様
ユリノキの花はそろそろ咲いたかな。
野草園のハンカチの木も言われてみれば元気が無くなって
来ているのかもしれません。周りにロープなど張っていた事も
有った様な・・・・。スノコも多分根っこを踏まれないようにして
いるんだと思います。花を見に真下に入って根を踏んだり
土を固めたりして木には良くない事ですから。
同意していただけて有難う、あなたも年寄りですね・・・・ごめん!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63614055

この記事へのトラックバック一覧です: ユリノキ、ハンカチノキなど:

« お雛様はまだ? | トップページ | »