2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 大東岳の麓歩き2 | トップページ | 大東岳の麓歩き4 »

2016年5月 4日 (水)

大東岳の麓歩き3

大東岳の麓にも花は一杯でした。ただ残念なのは出だしが遅かったためミヤマカタバミを見る事が出来なかったことです。ハシリドコロも危うく見逃すところでした。それなりに他の所で他の物を見ていたので致し方ない事なので、体は二つ無いのでと諦めるほかありません。
 
 
キバナイカリソウが咲いていました。これは他ではまだ見ていなかったもので良かった。

Dsc_0613j

シラネアオイも数多くは無いけどここでは見られるようです。

Dsc_0615j

キケマンが群生していました。レンズを替えるのが面倒くさいのでそのまま撮ったらこんな風になってしまいました。ピントの合わせ方を考えないと駄目みたい。

Dsc_0631j

おっ!珍しいランか? 良く見たら木の花が上から落ちて来て葉に引っかかっていたのでした。因みにその木はと上を見上げても分かりませんでした。花をネットで調べてみました。チドリノキの花のようです。

Dsc_0632j

ふと頭を上げたら白い花が目に入りました。

Dsc_0643j

ヤマナシの花のようです。花を見に行くときは殆ど下を見ながら歩いているので木の花にあまり気付きませんでした。結構見逃しているんでしょうね。

Dsc_0645j

オドリコソウも群生していましたがここのは未だ蕾でした。こっちの季節は七ツ森に比べたら遅めなのかも。

Dsc_0676j

ムラサキのツツジが咲いています。ムラサキヤシオかなと思いましたが・・・

Dsc_0780j

葉が三つ葉のようです。雄蕊の数が10本くらい有るのでトウゴクミツバツツジでしょう。

Dsc_0784j

この木何の木になっちゃいました。取敢えず撮って調べてみようと思って・・・・甘かった。長くぶら下がっているのは雄花ですが、花が咲いている時に葉が開いているのはシラカバ、ダケカンバの様ですが葉の形が違います。葉の形から追いかけるとヤシャブシ、オオバヤシャブシになるのですが雄花は1か所から1個だけしか出ない様なのでやはり違うようです。結局のところ分からないと言うのが正解です。雌花の様子や幹の様子を調べなければ結論は出せない様です。

Dsc_0786j

川の流れの上に張り出したモミジの葉、赤い花・・・・何でしょう?

Dsc_0787j

これは別のところで撮ってきたものですが花や葉の形から見ると同じものの様です。オオモミジとハウチワカエデのどちらかですが葉の切れ込み長さからオオモミジだと思います。

Dsc_0791j
 
ホオノキの花も咲いてきました。遠くなので残念ながらああの甘い香りを嗅ぐことは出来ません。一杯咲けば風の向き如何では香ってくることは有りますが。
 
Dsc_0789j
 
先日ここまで書いて保存をしたらエラーになって結局保存ならず、今日また書き直しと言う羽目になってしまいました。後で知ったのですがネット回線業者側でメンテナンスのために止めてたみたいで、そのチラシが入っていたのをすっかり忘れていました。そんなに夜中までネットを使わないよと笑っていたのですが・・・・
とんだしっぺ返しを食らっちゃいました。

« 大東岳の麓歩き2 | トップページ | 大東岳の麓歩き4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63606892

この記事へのトラックバック一覧です: 大東岳の麓歩き3:

« 大東岳の麓歩き2 | トップページ | 大東岳の麓歩き4 »