« 薬萊山登山1 | トップページ | 徳仙丈山と雲海? »

2016年5月25日 (水)

薬萊山登山2

薬萊山で見た花たちです。チゴユリとタチシオデ以外は全て下山してから見た物です。
 

今更またチゴユリ?と言われそうですが3輪咲きのチゴユリをここでも見つけてしまいました。なあんだ、結局はどこにでもあるもんじゃないか。珍しくもなんとも・・・・・。

Dscf2952j

タチシオデの花が咲いていました。これは雄花(雄株)だそうで今まで見ていたのは殆どこれ、雌花(雌株)は見ていませんでした。その他にシオデの雌雄が有り、そちらに関しては全然見ていないと思います。

Dscf2956j

道端の草薮の中に濃い紫色のすみれを見つけました。細長い葉で葉柄に翼が有ります。スミレの様です。

Dscf2980j

白っぽいものも有りました。資料不足で今の所不明です。

Dscf2986j

似た様な花ですがノジスミレかな?

Dscf2988j

これも色は違えどノジスミレかな?スミレは難しいです。
 
Dscf2990j

大きな葉っぱだったのでオオカメノキだあと思いましたが葉の付け根が心形になっていません。と言う前に装飾花が有りません。ガマズミの葉もこんなに大きくなるんだっけ?

Dscf2993j

こちらも似た様な花が一杯並んでいました。ミズキ、クマノミズキどちらか分かりません。時期的に見ればミズキと言う事になりますが・・・・

Dsc_1904j

イヌザンショウかな?似てると言えば似てるし似てないと言えば似てない。香りを嗅げば分かり易い。

Dscf2996j

ウマノアシガタ 別名キンポウゲ  キンポウゲはウマノアシガタの八重咲きの物だそうです。今の所八重咲きは見た事が有りません。二重咲きなら見た事が有りますが。

Dscf2997j

これもタニウツギでしょうけど、この色なかなか良いでしょ。
 
Dscf2999j

通常はこの色ですが、蕾の頃の濃いピンクが何とも言えません。

Dscf3001j

白い小さな花があちこちに群生しています。

Dscf3005j

オオヤマフスマです。オオと言ってもノミに比べての事でしょうけど、ノミに比べてもそれほど大きなものではないと思います。

Dscf2971j

舗装された山道だけど道脇には色んな花々が咲いていて散策には良い場所ですした。

 

« 薬萊山登山1 | トップページ | 徳仙丈山と雲海? »

コメント

こんばんは~
楽しく拝見しています。
私は山には行ってないのですが、こちらにお邪魔する様になって
気を付けて見るようになりました。
最近その辺歩いていて山の入り口で、ハクウンボク、ニセアカシアにあって感動しました。
花友のお庭にはオオヤマレンゲがあり、初めて見ました。
エゾイチリンソウ?だったかな?増えて仕方がないからといって貰ってきましたが
やはり野に置けスミレ草。ですね。

larala様
そう言えばハクウンボクやニセアカシアが咲いていましたね。
友達の庭のオオヤマレンゲも咲いたと言っていました。
エゾイチリンソウですか。ネットで調べてみたら有りませんでした。
代りにエゾイチゲと言うものが有りました。ご存知のようにイチゲは
一華と書き、イチリンソウを表すのであながち間違いとは言えないのですが
イチゲの場合はアズマとかキクザキとか付けて言っていますね。
エゾイチゲは月山で何度か見ていますしブログでも何度か紹介しています。
ヒロハヒメイチゲの別名の様にヒメイチゲの葉を広くしたようなものですが
ヒメイチゲよりはちょっと大きめで頑丈そうに見えました。
色んな花を戴ける友達がいるなんて羨ましいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63684241

この記事へのトラックバック一覧です: 薬萊山登山2:

« 薬萊山登山1 | トップページ | 徳仙丈山と雲海? »