« 三重塔、観音岩 | トップページ | 笹雁新道、木の花 »

2016年5月19日 (木)

雁戸山に笹雁新道を行く

朝早く・・・・のつもりだったけど、結局のところ登山口に着いたのが8時でした。バタバタっと用意して・・・・・車の周りを確認。スモールランプを点けっぱなしでバッテリーをあげてしまったことや、ドアのキーをかけ忘れている所が有ったり、ひどい時は、カギはかけていたけど窓が閉まっていなかったりとかなりのボケを演じています。そんなに慌てて出る事は無いんですけどね。

 

もう何回か途中経過は書いていると思うので、途中は飛ばして・・・ニセ雁戸ってここの事を言うのかな。ヒーヒー言いながらもなんとかここまでたどり着きました。
双眼鏡で反対側の山並みを見ていたら見覚えの有るような建物が見えました。人の姿も見えました。カケスヶ峰の頂上の様です。

Dsc_1700j

たどって見ると途中の道も見えました。そうかここを通っていたのか。

Dsc_1701j

今日は天気が良いので周りの山々もはっきりとまでは行かないけど見晴らしが良い。こっちは山形神室や仙台神室の方かな。

Dscf2708j

まだ雪を被った月山も見えました。ゴミじゃないですよ、虫が飛んでたようで。

Dscf2711j

これは釜房湖かな。

Dscf2712j

ミネザクラが咲き始めたところです。雁戸山にも残雪が・・・・去年も同じころだったかな。

Dscf2733j

去年もここまで来て、この山が雁戸山だと確信できずに目の前の急こう配を下りて行ってまた向こうの急坂を登って・・・・・と考えると・・・・で、止めていましたけど、時間は12時、体力にも少し余裕が有ったのでここで行かなければもう行くときは無いとばかりに下りて行きました。山形神室から仙台神室に登る感じです。

Dscf2736j

下まで降りて少し登った頃後ろの方で人の声がしました。振り返って見たら3人の人影が・・・・やはり迷っているのか暫く動きが有りませんでしたがそのうち下りて来たようでした。
 
Dsc_1703j

南雁戸山への分かれ道。去年雁戸山に登った時に逆にここまで下りてきたことが有りました。頂上はもう少しです。

Dscf2767j

南雁戸山です。登山道も見えています。その先に蔵王の山々が・・・・。縦走も出来るようですが私にはちょっと・・・・ではなく、とても・・・・・です。

Dscf2765j

やっとのことで頂上です。余裕が有ったら南雁戸山まで行って見ようかなどと頭の隅っこにでも思った私がバカでした。

Dscf2770j

山形市内も薄っすらとですが見えました。

Dscf2771j

数組の人たちに会いましたが殆ど山形の人たちでした。八丁平から登って来たようです。さっきの後から来た人たちも山形の人たちで高速で笹谷で下りて水無沢の方から登って来たようです。登る時途中で会った小学生連れの団体さんは水無沢入口に車を1台止め、もう1台で八丁平から登って来たそうで・・・・・うーん、一人ではできない芸当です。羨ましい様なしょうがない様な。去年はまだ笹谷は開通してなかったと思うけど・・・と聞いて見たら去年は山形側で橋の工事をしていたのでそうだったけどもう終わったから開通しているよとの事でした。未だ開通してないと思ったからこちらから苦労して登ったのに・・・・と思いながらもこちらから登って良かったと思える事も有ったのでそれはそれで良かったのかも。それはまたこの次にでも。

« 三重塔、観音岩 | トップページ | 笹雁新道、木の花 »

コメント

おはようございます。
素晴らしい眺め、こんな所を歩かれているのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63670735

この記事へのトラックバック一覧です: 雁戸山に笹雁新道を行く:

« 三重塔、観音岩 | トップページ | 笹雁新道、木の花 »