2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« カザグルマとコケイランなど | トップページ | マツラン、カヤラン、クマガイソウ »

2016年5月28日 (土)

ウミミドリ

一去年だったかカワミドリと言う花を見つけた時にカワが有るならウミも有るだろうと変なことからウミミドリの存在を知りました。一度は見たいものだと思っていたところ情報が入ったので行って見て来ました。
 
 
現地・・・らしきところまで到着するまでが大変でした。着いたところにはキショウブが咲いていました。

Dsc_2039j

オオヨシキリが鳴いて

Dsc_2040j

海岸縁らしくテリハノイバラかと思ったらただのノイバラの様でした。

Dsc_2043j

久しぶりでイヌドクサに会いました。登山靴に履き替えて藪の中を・・・・朝露が未だ残っていてズボンのすそまで濡れてしまいました。慌てて長くつに履き替えました。
 
Dsc_2064j

弱弱しそうに飛んで行くイトトンボを見つけました。これじゃちょっと・・・

Dsc_2068j

アオモンかなと思ったら9節目が全部青くなっているのでアジアイトトンボでした。

Dsc_2072j

小1時間位探したでしょうか。見つからなかったので諦めて、最初眼を着けていたところに行こうとしたら草藪の中に有りました。

Dscf3166j

周りを見渡したら群生している所が有りました。

Dscf3170j
 
藪の中だから見つからないと思うけど・・・・
 
Dsc_2046j
 
増えて表の方まで出てくると・・・と心配しながら写真を撮り終え次に向かおうとしたら工事の作業員の方が近づいてきました。やべ!叱られるかな?と思っていたら写真を持ってきて「こんな花この辺で見かけませんでしたか」と聞かれました。
話によると町の方から調査を頼まれたようでした。写真の場所は別のところで撮ったようでしたので目を着けていた場所にその方と一緒に行って見ました。
 
Dsc_2049j

少し探している内にその方があれかなと指さした方向に白く一面に咲いたところが見えました。

Dsc_2054j

有りました有りました。先ほどの所よりずっと群生していました。

Dscf3174j

凄い数でした。
 
Dsc_2063j

どうやって写真をとったらいいものか。

Dscf3186j

町で調査したと言う事は保全活動が始まると言う事でしょうか。 何時までも見られるようにこの子たちの無事を願いたいものです。

« カザグルマとコケイランなど | トップページ | マツラン、カヤラン、クマガイソウ »

コメント

ウミミドリ 見たことがないと思います。感動します。
もの凄いです、こんなに群生しているところはさぞかし奥まった所なのでしょうね。
山ではない様ですから湿原みたいな所なのでしょうね。
調査員の方に出会ってよかったですね。
こんなのみたいな~

larala様
岩手にも宮城にも海沿いに有ったようですが津波で
殆どが流されてしまったようですがどこかで細々と
生きているかもしれません。そのうちきっと見れるでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63694852

この記事へのトラックバック一覧です: ウミミドリ:

« カザグルマとコケイランなど | トップページ | マツラン、カヤラン、クマガイソウ »