« 徳仙丈山と雲海? | トップページ | ウミミドリ »

2016年5月27日 (金)

カザグルマとコケイランなど

週間天気予報で行動予定を決めておいたので、この日は出かけない予定でしたが、一日雨が降らない予定に変わっていたので近場で行ける所を探しました。
 
 
何が有るかわからないけど・・・と歩いていた先に。途中から折れたコケイランが咲いていました。折れてから咲いたのか咲いてから折れたのか分かりませんが丁度見頃でした。ここは誰も来そうな場所ではないのだけど・・・・
(左上の黒いものは何かと考えてみたらコンデジのレンズ保護用の瞼にあたる部分がひしゃげて良く開いていなかったようです。他の写真も皆そうでした。ドライバーで荒療治、何とか傷つきながらも使えそうです)
 
Dscf3123j

傍に有った棒の様な・・・・あれ?この棒って・・・葦が枯れたもののようだけどこれだけここに有るって・・・?、誰か立てた?と言う事は誰かと通ったと言う事か・・・

Dsc_2015j

ここは以前も見た事が有る所のもの。増えてもいないけど減ってもいない様です。

Dsc_2030j

カザグルマを見つけました。以前見た場所とは違う所です。増えたのか知らなかっただけなのか、丁度見頃でした。

Dsc_2022j
 
探したら他にも何ヶ所か見つかりました。どうやって増えているんでしょう。それぞれみんな離れた場所なので鳥が・・・・と言う事になるのでしょうか。あ!キンポウゲ科か、と言う事はセンニンのように風に乗ってどこまでも・・・・でしたか。

Dsc_2023j

木の陰に見え隠れ、山道からも見える所に・・・目の良い人なら気を付けて見れば分かるでしょう。
 
Dsc_2024j
 
白い花弁・・・いや萼が基本8枚だそうですが6枚のものも有りました。来年もまた会えるかな。

Dsc_2025j

マルバダケブキも咲き始めました。いつも気になるのはトオゲブキの事。どっちがどっちだっけと考えてしまう。この辺だったらトオゲブキは考えなくても良いんだけど山に登った時には迷ってしまう。

Dsc_2034j

お!小判が落ちていた。精々十両そこそこだけど・・・・

Dsc_2038j

また小さな花に目が行ってしまった。アスファルトの道脇に咲いていました。

Dscf3159j

以前山で見た物より小さいと思って撮って来ました。写真だけではなかなか分かり難い。大きさの基準となるものが無いし・・・・・一応葉の形からヒメヨツバムグラではないかと思います。
 
Dscf3161j

二ホンカワトンボの無色型のオスの様ですが胸脇の所の色合いが何となく違うようだけど光線の関係かも知れません。こちらにはこれしかいないのでしょうから。

Dsc_2011j
 
ミヤマカワトンボのメスの様です。この位置からしか撮れなかったので残念。

Dsc_2017j

つくづく写真の撮り方が下手だなあと思います。帰って来てからほとんど役に立っていないことに気づきました。肝心なところが撮れてない。とは言っても肝心なところってどこなのかが分かっていないのだからしょうがないじゃないかと言い訳。

 

 

 

 

« 徳仙丈山と雲海? | トップページ | ウミミドリ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63691994

この記事へのトラックバック一覧です: カザグルマとコケイランなど:

« 徳仙丈山と雲海? | トップページ | ウミミドリ »