2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« クマツヅラなど | トップページ | 又もや磐梯山 »

2016年7月16日 (土)

青葉山散策

久しぶりに青葉山に行って見ました。以前はよく行っていたけど、この頃は他で忙しくて・・・
 
ヒョウモンチョウが止まっているものは・・・・ここは水っ気のない所だけど・・・・

Dsc_4704j

周りを見渡して見たら、あれ~穂が立っているけど・・・・

Dsc_4709j

別の所を探したら何とかオカトラノオらしきものを見つけました。と言うのもなんか変だけど・・・・。ネットで見てみたらオカとヌマのアイノコでイヌヌマと言うのも有るみたいですし同属の別種でノジトラノオと言うものも有り、交雑が起きやすい種みたいであまり触れたくないものです。

Dsc_4711j

ヌスビトハギだと思うのですが写真だけでは判断は出来ないようです。

Dscf4945j

葉の様子です。これからするとヤブハギの方かもしれません。実が出来ていればまた少しは分かるかも。

Dscf4946j

似た様な感じだけどハエドクソウです。暗い所で風に揺れるのでピント合わせが大変です。

Dscf4948j

茎や花軸が赤みを帯びていないのでトリアシではないと判断したのは間違いの元でした。他の物も当たって見ましたが結局のところその所を除けばやはりトリアシショウマでした。

Dscf4953j

3回3出複葉かどうか、写真ではなかなか判断できません。それらしいという所まででしょうか。やはり現地で確認してこなければならないのでしょうけど、そこまでの判断基準が分かってなかったから、まだまだ未熟ものです。

Dscf4955j

これもいつも悩ましい実です。はっきりと5角形に稜が出来ていれば良いのですが、何時もこの辺にあるものをアオジクスノキとしていましたが、アオジクは枝に稜が有り角ばっているとの事でこれは違う様です。アクシバも考えられるのですが葉の形や実のつき方などからウスノキであると判断しました。

Dscf4964j

ノギランも今が盛り、満開状態です。これはこれでいいのでしょうけどあっさりとしている方が綺麗に思えるのですけど。あまり飾り立てるのもどぎついと言う事でしょうか。

Dscf4979j

ショウジョウバカマの様な葉です。花茎が葉の中心から出ていないのが面白い。

Dscf4981j

キンミズヒキがちょっとだけ、咲始めです。

Dscf4997j

ウマノミツバですが花が咲いていました。中央に両性花が有りその周辺に小さな雄花が有る。両性花の子房に鈎状の毛が密集し、雄花には子房が無いのであまり目立たない。食用にならないため馬にでも食わせろと言う事か、イヌとはならなかったみたいです。

Dscf5002j

何でも集めて来るので帰って来てからの作業の方が大変です。何かに決めて探せばいいのでしょうけど、まだまだそこの域まで達していないと思っているので 、何か別の方策でも考えなくては・・・

« クマツヅラなど | トップページ | 又もや磐梯山 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64029191

この記事へのトラックバック一覧です: 青葉山散策:

« クマツヅラなど | トップページ | 又もや磐梯山 »