2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« この花なあに | トップページ | 何でしょねえ »

2016年7月11日 (月)

海辺の植物

少し海辺に近い林や草原に行って見ました。

 
白い小さな花を付けた木が有りました。蕾を一杯つけていました。

Dscf4637j

マサキ  ニシキギ科  ニシキギ属  常緑低木 北海道南部~沖縄までの海岸んに多い  秋には殻が4つに割れて中から橙色の仮種皮に包まれた4個の種子が出てくる。同属にツルマサキが有るがこちらは山の方に多い。

Dscf4630j

こちらはもう実になっているようで秋には殻が3裂して中から粘り気のある赤い実が出てくる。緑の中に赤い実が映えて綺麗に見える。
トベラ  トベラ科  トベラ属  岩手県南部以南の海岸に多い 節分にこれを扉に挟んで厄除けにしたとか、扉の木からトベラの木となったのだとか。

Dscf4643j

テリハノイバラの花が未だ咲いていました。探せば残っているものですね。

Dscf4644j

おおや、ハマナスもまだ元気

Dscf4646j

オニハマダイコンの実が生っていたので花が無いか探して見たらやっぱりのんびり屋さんはいるもんです。まともに花弁が付いた花を見た事が無い。

Dscf4653j

何時もこう言うものを見ると、コウボウムギだっけ?コウボウシバだっけ?と考えてしまいます。
コウボウシバ  カヤツリグサ科  スゲ属  シオクグ節  北海道~九州の海岸に生える。 花期5~6月 これはもう実になってしまったところで花の時の状態はこれから想像できないかも。

Dscf4655j

去年も見ていたのでまた来てみました。

Dscf4686j

アレチハナガサ クマツヅラ科  クマツヅラ属  南アメリカ原産の帰化種  東北地方南部以南~九州の道端や荒れ地に生える

Dscf4689j

茎の断面は綾の有る四角形で荒い毛でざらつき中実である。(切断してないから感触だけで)葉は対生で葉先は尖り、付け根側は細くなる。葉柄は無く茎を抱かない。

Dscf4693j

以前この花を見てオミナエシには早いんじゃない?と思ったものだが、どうやら比べる相手を間違えていたようです。もう少し花を付けて来ればセイタカアワダチソウとの比較を考えて来るでしょうか。
オオアワダチソウ  キク科  アキノキリンソウ属  全国的に有り草地、荒れ地に生える。北アメリカ原産の帰化種 明治時代に観賞用として入って来た。
セイタカアワダチソウとの違いは枝先を除いては無毛、セイタカは茎葉とも短毛に覆われざらつく。小花はセイタカの方が小さい。背丈は名前通りセイタカの方が断然高い。花期は場所にもよるが7~9月で(夏)、セイタカはその後で10~11月(秋)と言った感じで時期的に重なる事は無いようです。

Dscf4721j

こうして見るとちゃんとした?花ですね。どうすればオミナエシに見えるのか・・・・

Dscf4717j

この白い小さな花を見るとヤブジラミ?ヤブニンジン?と考えるけど、それよりもオヤブジラミと言うものが有るのだそうでそちらを意識しなくてはならないようです。

Dscf4756j

上手い事に実が出来ていてヤブニンジンでは無い事がすぐに分かりました。オヤブとの比較は花や実の紫がかっているかどうかで判断出来るようですが今の所出会っていません。存在を知らなかったので見逃していたのかもしれません。

Dscf4755j

調べているとまた新たな種類が出て来てまた頭を悩ませてしまいます。それがまた楽しいんですけどね。

« この花なあに | トップページ | 何でしょねえ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63974739

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の植物:

« この花なあに | トップページ | 何でしょねえ »