2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ギンリョウソウたち | トップページ | クモキリソウ3種 »

2016年7月21日 (木)

テガタチドリ、ヒヨクソウ

テガタチドリが見られると言う事で場所を教えて貰って行って見て来ました。
 
 
咲いて間もなくという所だそうで見事でした。
 
Dsc_4728j
 
最初はノビネチドリとの見分けがつきませんでしたがよくよく見ると色々と違いが見えて来ました。まず唇弁が3個に割れています。この形が手に似ているからテガタチドリと言うんだと思ったら太い根が掌状になっているからなのだそうです。
 
Dscf5086j
 
葉の縁がノビネチドリは小さく波打っていますがテガタチドリは真直ぐです。
 
Dscf5091j
 
別の所でも見つけました。こちらは少し色が濃いようです。
 
Dsc_4773j
 
これもまた別の所に有りました。有る所には有るものです。
 
Dsc_4811j
 
ヒヨクソウと言う聞いたことも無いものも教えて頂きました。
 
Dscf5362j

ヒヨクソウ  オオバコ科(ゴマノハグサ科)  クワガタソウ属  北海道西南部、本州、四国の日当りの良い山地の草原  分布的には広いのですが限られた場所にしかないようです。

Dscf5372j
 
行った時はもう終わりの方で花はあまり付いていませんでしたが、クワガタソウに似た実が一杯ついていて、同時に二つの状態が見れたので良かったのかも。
 
Dscf5378j

雌雄が翼と目を一つづつ持っていて一体にならないと飛べないと言う古代中国の伝説の鳥の「比翼」から来ているのだそうで・・・と、このことは後から知ったことでそれらしい写真にはなりませんでした。奥の方に立ち上がっている枝で何とか感じ取ってください。

Dscf5387j

色々と貴重なものを教えて頂いて感謝、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

« ギンリョウソウたち | トップページ | クモキリソウ3種 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64059516

この記事へのトラックバック一覧です: テガタチドリ、ヒヨクソウ:

« ギンリョウソウたち | トップページ | クモキリソウ3種 »