« 分からなければ | トップページ | 舟形山登山2 »

2016年7月30日 (土)

舟形山登山

友達からメールが来て、そろそろ何処かの山に行って見ないかとの事。暫く天気が良さそうなのでうずうずしてきたらしい。もう一人は先日の西吾妻山の時の後遺症が未だあるようで今回は棄権と言う事でした。であれば今回は少しハードにしようかと升沢キャンプ場からの升沢コースで行って見ようかと思いました。以前大滝キャンプ場からの色麻コースで登った事がありましたが、コースとしては最短で割と楽だった様な気がしますが、何しろそこまでの道が大変でした。升沢コースはキャンプ場までは細い道にはなるものの舗装道路なので楽々行けます。じゃあこちらを選べば良いじゃないと言われそうですが、コースが長い、標高差が有る事から敬遠していました。(因みに大滝キャンプ場は標高約1000m、升沢キャンプ場は約600mで頂上は約1500mなので約2倍近い標高差になります)
今年の春に、もしかして雪が無いかもと登った事がありましたが沢を登ったあたりから残雪で引き返してきたことが有りましたが雪さえなければ時間をかけて何とか登れそうと確信していました。リベンジ、チャレンジです。7月25日朝4時起きしていきました。
 
 
最初は花も何もなくただ黙々と登るだけでした。結構登ったところでツルアリドオシが一面に咲いていました。この花は下でも良く見かけるのでこの写真を撮っただけでした。
 
Dscf5794j

ツルアリドオシが有るなら・・・と探して見たら有りました。アリドオシランです。登山道を登るにつれ増えて来てツルアリドオシとの共演です。科が違うので縁も所縁も無いものですが何故か以前見た時もこんなシチュエーションでした。好きな環境が同じなのでしょう。

Dscf5792j

友達がカブトムシを見つけました。メスだなこれは・・・・名前は分からないけど・・・と言う事で帰って来てから調べました。

Dscf5801j

ネットで昆虫とかを調べていても殆ど見出しがオスの写真でメスを探すのに大変と思っていたらクワガタのメスの比較説明をされているものが有ったので助かりました。それによればこれはヒメオオクワガタの様です。最初はミヤマクワガタかなと思いましたがミヤマのはさみががっしりしていると言われても他を知らないので比較のしようが無い。でもお腹に金色の毛が生えているとの事でミヤマではないと分かりました。ひっくり返していてよかった。後は前胸背板の形でコクワガタとの比較をして何とかたどり着けました。

Dscf5799j

今度はキノコを見つけた様です。あれ?もしかしてあれ?コウタケかと思いましたがネットで調べたら違っていました。

Dscf5802j

これもひっくり返したところですが、コウタケの仲間は裏側は針状になっているようです。これは白いイグチの様な管孔になっているので全然違うものです。結局名前は分かりませんでした。

Dscf5803j

三光の宮で一休み。小さなツツジが有りました。コメツツジの様ですが以前オオコメツツジと言うものも見ていましたが違いまで調べていなかったので調べてみました。コメツツジは花冠の先が5裂で雄蕊が5本、オオコメは4裂で雄蕊が4本と言う事で見分けがつくそうです。たまには変わり者の花も有りますが。

Dscf5804j

三光の宮についても調べてみました。まず三光ってなんだと言う事になり、日光、月光・・・・あれ?あとは何だっけ・・・宮と言っても祠も無くただ石碑が祀られているだけ。石碑に彫ってあったものは日と月と星の絵でした。そうか星かあと納得。そう言えば花札にも三光って有ったよなあと調べたら三光、四光、五光などの役の種類だったようで全然関係の無い事でした。ここの由縁については分かりません。

ノリウツギも綺麗に咲いていました。

Dscf5809j

オオバスノキの様です。葉の脈が網目になっていて主脈以外は真直ぐになっている所が無い。黒い果実が一か所から2個以上出るものはこれしかないようです。ナツハゼは生り方が違うので見分けがつく。早い時期に紅葉するのも特徴の様です。この種類も出会うたびに調べているので大変です。少しまとめておく必要があるかも。

Dscf5812j

何時もながらこの花にも悩まされてしまう。花がバラ科だと区別がつけばヤマブキショウマだと、側脈が平行であることからも分かる事だけどなぜかいつも引っかかってしまう。

Dscf5815j

小さな丸っこい花弁が少し残っていてユキノシタ科のものとは違うと思わせる。

Dscf5818j

こちらはもっと先に進んだもののように見えるけど葉の様子が先ほどのものと比べて違うようなものに見える。葉だけだとミヤマに似ているのかもしれないと、まだ見た事のないものの事まで思い浮かべたりする。そう言えばヤマブキショウマは雌雄異株との事。その見分けをまだしていませんでした。来年の課題でしょうか。

Dscf5844j

オニシモツケが咲き出していました。オニシモツケの方が赤い花だとばかり思っていましたがシモツケの方が赤く、オニは白花で蕾とか花の中央部分が少し赤らむ程度でした。

Dscf5827j

沢のこのあたりに少しだけ群生しているようでしたが、この後少し変わったものを見つけてしまいました。

« 分からなければ | トップページ | 舟形山登山2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64096197

この記事へのトラックバック一覧です: 舟形山登山:

« 分からなければ | トップページ | 舟形山登山2 »