2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« あぜ道で遊ぶ | トップページ | この花なあに »

2016年7月 9日 (土)

道端の花

道を車で走っている時に良く見かける花たちが有ります。特に渋滞の時など中央寄りにいる時など中央分離帯を眺めていたりすると珍しい花に出会ったりします。どこからか種が飛んで来てと言う事も有るでしょうし、分離帯に入れた土がどこからか運ばれてきたもので何年かして芽を出したとか。
 

数年前には数が少なくなって・・・と絶滅危惧種の様な言われ方もしたと思われるねじり花もこの頃はどこでも見られるようになったようです。
 
Dscf4573j
 
コモチナデシコとかイヌコモチナデシコとかはたまたミチバタナデシコと言う名前まで出て来て頭が混乱する中で一目でわかるナデシコ科の帰化種も有りました。
 
Dscf4587j
 
5~6年前に青葉山の裏の草薮で見つけて以来見ていなかった花ですがこんな形で出会えるとは思っても見ませんでした。
 
Dscf4565j
 
ノハラナデシコ  ナデシコ科  ナデシコ属  ヨーロッパ原産で砂防用植物の種に混じって入って来たものの様です。今では全国的に広まっている様で、道脇でも良く見かけるようになりました。
 
Dscf4564j
 
今迄イヌコモチナデシコと言っていたものはミチバタナデシコと言う名前に変えたそうで、その他にコモチナデシコと言うものも有るとの事で取敢えずそれらしきものを集めて見る事にしました。他人の迷惑考えず道端に車を止めて慌てて撮って来たのであまりいい写真にはならなかったようで、まず第1弾と言う事で。
 
Dscf4581j
 
帰って来て見たらぼけ写真ばかりでした。取敢えず良さそうなもので・・・・
 
Dscf4583j
 
別のところで撮ったもので上のものとは違うような気がしますがまだ詳細に調べていません。
 
Dscf4574j
 
これもぼけています。葉の付け根の鞘になったところの長さとか茎に毛が有るかどうかとか、確実なのは種を採取して来ればいいのかなと思うのだけど・・・・
 
Dscf4576j
 
クサレダマは山の道端でも湿地であれば見かける事が有りますが、これは結構街に近い所だったので珍しいかなと撮って見ました。それだけ田舎町だと言う事か。

Dscf4588j

4号線バイパスの道脇に気になる花が見えたので車を止めてみました。思った通りホソバウンランでした。女川など海沿いの車道脇では良く見かけていたけど、ここまで来ているとは思いませんでした。蒲生海岸でも見た事が無かったのに。

Dscf4593j

仙台港近くの産業道路を走っていたら中央分離帯に黄色の花の群生している所を見つけました。初めはキク科の花かと思いましたがスピードを緩めて見たらオトギリソウの様でした。

Dscf4596j

山でも見かけたけどこいつはむしろこう言う所が好きみたい。これからどんどん勢力を増していくことでしょう。
セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)  オトギリソウ科  オトギリソウ属  ヨーロッパ原産の帰化植物  コゴメバオトギリかと思ったけど葉の大きさから違うかなと思いセイヨウとしました。

Dscf4602j

さて分からないものも有りました。これは大河原の4号線の中央分離帯で見かけました。信号待ちで何とか撮れました。綺麗な花が咲いていただろうと予測されますが残念ながら探し当てる事が出来ませんでした。小葉が3枚なのでマメ科、ハギかツメクサか何かの仲間かなと思ったけど実の様子では違う様です。

Dscf4606j

道端にはお宝が眠っているようです。また探して見ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

« あぜ道で遊ぶ | トップページ | この花なあに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63974263

この記事へのトラックバック一覧です: 道端の花:

« あぜ道で遊ぶ | トップページ | この花なあに »