2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 何でしょねえ | トップページ | チョウやトンボや2 »

2016年7月13日 (水)

チョウやトンボや

この日は植物の方がさっぱりだったので・・・・と言う訳では無いのですが、なぜかチョウやトンボが多く目につきました。
 
 
草藪の葉の裏に止まっている小さな蝶に気が付きました。去年初めて見たゴイシジミでした。この形じゃ見にくいよなあと上向きで止まらないかなあと追いかけ回しました。
 
Dsc_4551j
 
やっとのことで上向きの所を撮れました。こうでなくちゃあ。考えてみたら写真をひっくり返せば良かった事かも知れませんが。
 
Dscf4771j
 
こちらは良く見かけるルリシジミのメスでした。
 
Dsc_4593j
 
モンシロチョウの様でしたが翅の付け根の黄色の部分が何時も見ているものと違うなと思い調べてみました。そして黒い筋も少し見えます。スジグロシロチョウでした。
 
Dsc_4603j
 
この蝶もいつも迷います。アゲハ?キアゲハ?今までは全体の色の感じで黄色っぽいとかそうでないとかで何となく見ていましたが前翅の付け根の部分に4本の白い筋模様があるのがアゲハで黒いのがキアゲハなのだそうです。
 
Dsc_4571j

ジャノメチョウの仲間はあまり目立たないので良く見ていませんでした。名前がすぐには出て来ません。見るからに大きいので憶えやすいかも。オオヒカゲだそうで、ここでは結構見かけるけど分布も限定的でだんだん少なくなってきているとの事でした。やはり日陰にいる事が多いようです。

Dsc_4575j

クロっぽい蝶が藪から棒ではないけど突然飛び立ったりします。何とか止まってくれました。
 
Dsc_4576j

目ん玉が有りますからジャノメチョウの仲間ですが日陰にいる事が多いからかヒカゲチョウの名前になっています。クロヒカゲだそうです。

Dsc_4577j

モノサシトンボのオスの様ですが

Dscf4778j

こちらは青みが無いようでメスかなとも思いましたが脚が白いのでやはりオスでしょう。幼体なのかもしれません。飛んでいる時に脚を折り曲げていて白い部分が太く見え、あれ?グンバイトンボ?と思ってしまいました。こちらでは見る事が出来ないのに。

Dsc_4564j

セスジイトトンボ  胸部肩部分の黒条に淡色の線が入っている。複眼の後ろに水色の花弁状の紋が有る。

Dsc_4607j

キイトトンボにしては少し黄色みが足らない。尾の部分に黒い模様が無い。メスでした。

Dsc_4681j

クモかなと思ったが脚が6本だし・・・昆虫?・・・良く見たら前の脚2本を一緒にしているようです。蜘蛛の巣を作らないタイプかなと思って調べてみたらアズマキシダグモと言うものらしく、変種としてキスジ型、マダラ型が有るそうです。キシダはクモ学者の岸田の名前によるものだそうです。

Dsc_4553j

山の中に池とも言えないぐらいの小さな水たまりが有って大きなオタマジャクシが泳いでいました。脚が見えていました。この大きさだとウシガエルしかいないかな。

Dsc_4638j

このほかにトンボもいたのですが枚数が多くなったので次回にしました。

 

 

« 何でしょねえ | トップページ | チョウやトンボや2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63993112

この記事へのトラックバック一覧です: チョウやトンボや:

« 何でしょねえ | トップページ | チョウやトンボや2 »