« 青葉山散策 | トップページ | バンダイクワガタなど »

2016年7月17日 (日)

又もや磐梯山

又もや磐梯山に行って来ました。何時もの通り高速を使わずに行きました。道順をやっとのことで飲み込めたので間違えることなく八方台の駐車場に到着、7時に登り始めました。周りは朝靄で良く見えません。そのうち晴れて来るだろうと高をくくって登り始め・・・・・結局のところこの日は晴れる事は有りませんでした。
 
 
下りて来る途中で少し晴れて来たみたいで大きな湖、檜原湖が見えました。

Dsc_4819j

緑色の小さな沼が見えましたが地図では見つけられません。銅沼とは違う様です。

Dsc_4825j

位置的には裏磐梯のスキー場から登って来たところに見えるのでやっぱり銅沼かな?

Dsc_4826j

頂上で小さなキク科の花を見つけました。

Dscf5119j

新種発見?と思ったら、ムカシヨモギではないかと言う事でした。下界とは全然違う形です。

Dscf5122j

こちらもまた背の低いショウマ類のようですが

Dscf5155j

葉や葉柄からトリアシショウマとの事。これは如何にも高山に有るものと言った感じですが・・・

Dscf5153j

さて、またまた珍しいものを見つけました。茎には棘がびっしり・・・葉の裏は白い毛が生えていて白っぽく見えます。

Dscf5172j

葉は3出複葉が多くたまに5枚の羽状複葉も見られました。最初見た時、花弁が平開していなかったので白いナワシロイチゴの様なものと思いました。花が房のように分岐してついている特徴もあったからですがナワシロイチゴの小葉の形は先が円いのでちょっと無理があるのかもしれませんが白花でこの大きさのものでは思い当たりませんでした。磐梯山のブログなどをいろいろ調べてみましたが誰も見ていない様でした。バンダイクワガタだけしか見てないのかな。小さな花だし白くてあまり目立たないので誰も気付かないのかもしれません。ラズベリーと言う考えも有りました。葉や花の形、色などから近いかなと思いましたが大きさ的には、と確かラズベリーは蔓性だったと思うので違うと思いつつ、高い所に来たので少し姿を変えたのかも・・・・だとすると外来性のものが頂上を征服するかも・・・・大変なことになったかも・・・・今回は取敢えず保留にしました。

Dscf5179j

これは登山道の途中の藪の中に咲いていました。

Dscf5222j

ゴヨウイチゴで最初見たのが尾瀬でした。この時は珍しいものと思っていたのですが、低い山でも普通に見られるものでした。

Dscf5220j

登山道の途中に有ったもので、他の人が榊だとか何とか言っているのを小耳にはさみました。ほんとかなと思い写真を撮って来ました。

Dscf5229j

地元の方から聞いたところミヤマイボタとの事でした。モクセイ科 イボタノキ属 でした。花の数が多いとか葉先が尖るとか雄蕊の葯の殆どが花外に出るなど、イボタノキとの違いがある様ですが例外もあるとか。

Dscf5230j

今回はまた少しバンダイクワガタの季節から外れた様で心配でしたが、聞くところによると例年なら今が真っ盛りの頃なのだとか。今年は早くてもう終わり頃、残っているかどうかとの事でした。

« 青葉山散策 | トップページ | バンダイクワガタなど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64036683

この記事へのトラックバック一覧です: 又もや磐梯山:

« 青葉山散策 | トップページ | バンダイクワガタなど »