« ウリノキなど | トップページ | 何かなあ »

2016年7月 4日 (月)

ヤマスカシユリなど

秋保の山も今宵限り・・・などと見えを張っている場合じゃないのですが・・・。今回で最終となります。

マタタビの花が咲いていましたが葉が白くなっている所も入れて撮ろうと思って挑戦してみたのですが花が咲いているところの近くに白い葉が無いのでこんな風になってしまいました。

Dsc_4209j

深ーい谷底の向こう側にオオバギボウシが咲いていました。

Dsc_4249j

これも向こう岸で、シモツケソウも咲いていました。近くで見れないのが残念です。

Dsc_4252j

こちら側の岸でも崖状なのでとても下りて行けそうにも有りません。ヤマブキショウマの雄花とミヤマカラマツの様です。

Dsc_4254j

先日他の県で見たウチワドコロがここにもありました。中部地方以北となっていたので間違いないでしょう。似たものにキクバとかカエデとか有るようですがこちらには無いようですから間違いないでしょう。どんな花が咲くのか楽しみです。

Dsc_4277j

川の周辺に白い穂状の花が見えました。結構こういった花が多くて探すのが大変です。

Dsc_4310j

アワブキ  アワブキ科  アワブキ属  本当に泡を吹いた様に見えるけど、他にも似た様なものが有るからどうなんでしょう。

Dsc_4311j

ヤマスカシユリが見たいと崖地に行って見ました。

崖のあちこちに黄色の花が見えましたが遠すぎて確認できませんでした。近くにも咲いているのではと思い探して見ました。どうやらイワキンバイの様です。

Dsc_4401j

遠い崖の所に数本見つけましたが遠すぎて証拠写真にもなりません。これも近くに咲いているものが無いか探して見ました。有りました。他の葉に隠れて良く見えませんでした。

Dsc_4375j

風が吹くと葉が揺れて時々顔を覗かせてくれました。

Dsc_4387j

もっと近くに寄れないかといろいろ廻って見ましたがこれで精いっぱいの様です。

Dsc_4403j

なんだかんだと探し回っている内にこんなものまで見つけてしまいました。

Dsc_4411j

黄緑の細長い苞葉が見えたのでオオバボダイジュかと思ったのですが、調べてみると蕊の長さが違っていました。シナノキ  シナノキ科  シナノキ属  でした。

Dsc_4410j

ヤマスカシユリは(に限らないことでしょうけど)こう言う人の手の届かない所にしか生存できない状態に追い込まれてしまったようですね。草原に咲くヤマスカシユリも見てみたいものです。

 

« ウリノキなど | トップページ | 何かなあ »

コメント

ヤマスカシユリ、見られて良かったですね。
岩の隙間に・・・

シナノキ、先日イオンの中庭スペースで10本ぐらい植えてありました。
細い幹に小さい葉、花の香りだけがムンムンしてました。
川向こうにもそれらしい木があり、何度も通ってみていました。
今花が咲いて、これもシナノキかな? でも、葉が大きく花の房も大きい様でした。
香りは同じです。
こちらで読み進むうちに、蕊の長さに注目していましたね。
どっちがどっちなのでしょう。
その木の下でお年寄りが休んでいた事があり「この木の名前は?」と聞いたら「マダノキ」だ、と言ってました。

larala様
シナノキとオオバボダイジュとの花での比較は、私なりに
見た感じではシナノキの蕊の方が長いように見えました。
実際の所蕊だけを比べたら同じかも知れません。花の大きさに
比較して長いと言う事です。こんなことを言っては何ですが
オオバボダイジュを見た事が無いのです。
マダノキについては以前話していませんでしたっけ。
確か経木の話の時だったと記憶していますが、自分で調べただけだったかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/63918080

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマスカシユリなど:

« ウリノキなど | トップページ | 何かなあ »