2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 海辺の野山で4 | トップページ | もう一つの海辺の野山で2 »

2016年9月27日 (火)

もう一つの海辺の野山で1

9月5日 アオノイワレンゲやオニシバリの様子を見に海辺の所に行ってみました。
 
 
たぶんこれはオニシバリだと思っていたのですが・・・
 
Dsc_7628j
 
傍にもう一株有るのですが、日の光があまり射さないところで条件的に良くない所ではないのかと思うのですが葉の姿が見当たりません。元の株は太いのですが・・・残念ながら入れなくなってしまったので近づく事が出来ません。遠くから眺めるようになってしまいました。その方が良いのかも。
 
Dsc_7632j
 
崖の途中に見慣れないものが有ったので行ってみました。スグリの葉っぱに似ていたので岩場に生えたヤシャビシャクかなと思いました。
 
Dscf8073j
 
ヤシャビシャクにしては大きめだしスグリの実のような形ですが緑の筋が見えません。帰って来てから調べました。
ヤブサンザシ  スグリ科  スグリ属  本州、四国、九州 落葉低木 雌雄異株     花期4~5月  サンザシの名前がついているがバラ科のサンザシの仲間ではない。熟すと赤くなりサンザシの実に似ているからでしょう。食用にはならないようです。
 
Dscf8071j
 
花柄の途中に節があるのが特徴だそうです。果実の先端には萼筒や雌蕊の一部が残っています。

Dscf8071jj

アオノイワレンゲが今年も無事に出て来ていました。ハマギクも花は未だの様です。
 
Dscf8076j
 
去年の花殻がまだ残っていました。周りの岩の間から小さな芽が一杯出ていました。
 
Dscf8098j
 
堤防工事はしないとの事だったので安心していたのですが、周辺の整備工事が有って削り取られた部分もあり残念ではありますが、それなりに考慮されているようなので多少は致し方ないでしょう。

 

 

 

 

 

« 海辺の野山で4 | トップページ | もう一つの海辺の野山で2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64356136

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの海辺の野山で1:

« 海辺の野山で4 | トップページ | もう一つの海辺の野山で2 »