2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 海辺の野山で2 | トップページ | 海辺の野山で4 »

2016年9月25日 (日)

海辺の野山で3

海岸の山際の湿地に小さな花が見えました。ヒロハホウキギクの様です。湿地であればどこにでもあるようですが割と海の近くで見る事が多かったので海のものかと思っていましたが目が慣れて来て内陸でも見るようになってきました。
 
Dscf8037j
 
枝の角度からヒロハだろうと言う事だけです。その内またいろいろの種類が出てくることでしょう。
 
Dscf8036j
 
チシオタケ  キシメジ科  クヌギタケ属

Dsc_7349j

フリルが可愛いキノコでした。傷つけると赤い血のような液体が出るのだとか。あまりに可愛いので傷つけるのがもったいなくて触りもしませんでした。

Dsc_7351j

アカイボカサタケ  イッポンシメジ科  イッポンシメジ属  毒  見る分には可愛いキノコですけど・・・・。
 
Dsc_7545j
 
団子三兄弟・・・では無くシロテングタケだそうです。傘の皮がはげるのが特徴なのだそうです。

Dsc_7425j

青い目が綺麗なイトトンボが近くにスーととんできてとまりました。今まで見た事が無いと思いました。慌ててコンデジを用意し、逃げられないようにして撮りました。
 
Dscf7991j
 
背中からも。胸部上の輝く緑色で綺麗です。
 
Dscf7994j
 
残念ながらメスの姿は単独では探せませんでしたが交尾中のものが有りましたので遠くでしたが何とか撮れました。

Dsc_7525j

これは好きでここに来たものではなく私から逃げてここに来たものでしょう。残念ながら産卵しているところの写真は撮れませんでした。
アオイトトンボ  アオイトトンボ科  アオイトトンボ亜科

Dsc_7528j

調べていて、あれ?アオイトトンボって前に書いた事が有るんじゃあと思ってみたら前に書いたのはアオモンイトトンボでした。アオモンはイトトンボ科で科も違っていました。アマゴイルリトンボと比べて勝るとも劣らないのではと思います。

 

 

 

 

« 海辺の野山で2 | トップページ | 海辺の野山で4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64346988

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の野山で3:

« 海辺の野山で2 | トップページ | 海辺の野山で4 »