« キセワタなど | トップページ | キノコ類1 »

2016年9月16日 (金)

アキノギンリョウソウなど

山道の途中で色んな花たちに会いました。

 
ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)でしょう。こんなに一杯咲いている所を見たのは初めてです。もう終わりですけど。でもお陰でギンリョウソウとの見分けがすぐにつきました。ギンリョウソウに比べると細いと言う印象が有ります。何より分かり易いのは上を向いていると言う事でしょうか。今度は綺麗な時に会ってみたいものです。

Dsc_7209j

これもチヂミザサの内のコチヂミザサと言うもの。以前、ケチでジミな奴だと紹介したものはやはりこのコチヂミザサの様で、今の所ケチヂミザサに会っていないようです。

Dsc_7196j

サラシナショウマだと思って撮って来ましたがオオバショウマと言うものも有るようで、もしかしてと思い調べてみました。葉の姿を撮っていなかったのでこれではだめかと思いましたが、オオバショウマはあまり枝分かれしないとか小花の花柄が無いなどの違いがあるようで、したがってこれはサラシナショウマと言う事になります。

Dsc_7261j

フジカンゾウの実が出来ていました。写真では大きさが分からないとは言っても茎とかの比較で何となく察しがつきますね。

Dscf7794j

何時もこの花を見るとヤマハッカだっけ、ヒキオコシだっけ?と迷います。憶えたつもりでも年を越すと結局は同じ事を繰り返しています。

Dscf7838j

どちらも同属なので似ているのは当たり前。ヒキオコシの4本の雄蕊の内2本が長く花の外に飛び出す特徴がこの花には見られなかったのでヤマハッカだと思います。

Dscf7840j

昨日の雨で道の脇に小さな水の流れが出来ていました。そこにオニヤンマが来て卵を産み付けていました。やっぱりピントが合っていませんでした。
 
Dsc_7118j

今迄この虫の名前をウマオイだとばかり思っていました。ウマオイで調べたら別なものが・・・・これはカマドウマの仲間のコノシタウマと言うもののようです。カマドウマとは、昔、竈の周りで馬のように跳ね回っていたからだとか。良く玄関などにいたりして、妻はそれをベンジョコウロギと呼んでいました。これは屋外にいるものの様でコノシタと付いた様です。

Dscf7889j

翅が無いので強靭な脚で遠くまで飛べるようになったようです。

Dscf7890j

ザトウムシがいました。歩くときゆっくりとスローモーションのように歩くので写真が撮り易いかと思ってカメラを近づけたら突然ピューッと移動して姿を消したのでびっくりしました。

Dscf7924j

山の中で色んな植物が見られましたがこの季節、キノコも色んなものが有りましたよ。

« キセワタなど | トップページ | キノコ類1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64288899

この記事へのトラックバック一覧です: アキノギンリョウソウなど:

« キセワタなど | トップページ | キノコ類1 »