2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« もう一つの海辺の野山で1 | トップページ | 名取川沿い »

2016年9月28日 (水)

もう一つの海辺の野山で2

岩場から垂れ下がっているものが有りました。マンネングサの仲間であることは分かりましたが・・・・・
ツルマンネングサ  ベンケイソウ科  マンネングサ属  朝鮮、中国原産で古くから帰化。花期は5~7月  葉は狭楕円形~被針形で先は尖り、ツルに3枚づつ輪生する。
 
Dscf8079j
 
道脇にセリ科のものが白い花を付けていました。
 
Dscf8081j
 
ハマゼリでしょう。日本全土の砂礫地、岩場、海岸に生える。 花期は8~11月
 
Dscf8083j
 
れもハマゼリだと思います。若草色でつやつやと輝いて見えるので違うものかもしれないと調べてみましたが他には見つかりませんでした。花も着けていないので若い株と言う事かも知れません。
 
Dscf8082j
 
傍に有ったもの。これも?と思ったけど全然違いました。
トキンソウ  キク科  トキンソウ属  日本全土の庭や畑、道端などに普通に見られる。 花期は7~10月
 
Dscf8099j
 
鹿の角が落ちていました。ここには鹿が生息していて日中でも稀に姿を見せる事が有ります。
 
Dscf8103j

キノコが生えていました。黒っぽくて美味しそうとは言えませんが割と大きめなので食えれば・・・・

Dsc_7619j

ツバが有ったりするとテングダケを意識してしまいます。まあ何れにせよ食べる気はないのですが名前が分からないのは辛い。

Dsc_7621j

アオノイワレンゲは暫く見ていないので多分来月になると思うけど行ってみましょう。

 

 

 

 

 

« もう一つの海辺の野山で1 | トップページ | 名取川沿い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64356288

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの海辺の野山で2:

« もう一つの海辺の野山で1 | トップページ | 名取川沿い »