2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 桑沼周辺3 | トップページ | 荒沢湿原周りで見た花 »

2016年9月 8日 (木)

雨の日の花たち

8月26日 所によっては雨という天気予報でしたが荒沢湿原の方に行って見ました。向く敵地に向かう途中からだんだん雨になって来ましたが、ここまで来て引き返す手は無いと駐車場で少し待機していました。雨が小降りになって傘を差さなくても大丈夫位になって来たので車から出ました。周辺を散策してみました。雨の日には雨の日ならではの植物たちの姿が有りました。
 
 
探せば簡単に見つかるだろうと簡単に考えていたら意外と見つかりませんでした。白い雌蕊らしきものと少し紫の葯らしきものが見えます。イネ科には違いないと思うのですが・・・・。雨に濡れた花と言う事で撮って来たので名前を特定できるまでのつもりで撮っていなかったので・・・・と苦しい言い訳。
 
 
こちらもイネ科のように思うのですが・・・
 
 
こちらも花が咲いているようです。大きくして見ました。でも分かりません。
 
 
チカラシバにしてはちょっと貧相です。(現物を見ている時はそうは思わなかったでしょうけど、写真だけだと大きさの感覚がなくなってしまいます。)
チヂミザサ  イネ科  チヂミザサ属  低地から山地の林縁や道端に生える。葉の縁が波打つこことと笹の葉に似ているのでとの事。毛の多いものをケチヂミザサ、少ないものをコチヂミザサと分ける事も有る。花期は7~8月
 
 
スズメノヒエ  イネ科  スズメノヒエ属  北海道~九州の道端や空き地、芝生などに生える。花期は8~9月
 
 
ハイメドハギ  マメ科  ハギ属  本州~九州の海岸や日当りの良い草地、道端 花期は8~10月  メドハギの変種で地に這うか斜上する。メドハギは直立。
 
 
山に有ったからヤマハギ。そんなもんで良いのかな。ハギの品種も難しい。
 
 
これも少し色が違うけど同じヤマハギでしょう。
 
 
ハギの葉についた水玉もなかなか綺麗なものです。
 
 
水滴、露と言えばこれでしょ。
 
 
して極めつけはやっぱりこれでしょ。ん?その割にはパッとしないな。
 
 
その後しばらくは小康状態が続いたので沼周りも廻って見ました。

« 桑沼周辺3 | トップページ | 荒沢湿原周りで見た花 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64275524

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の花たち:

« 桑沼周辺3 | トップページ | 荒沢湿原周りで見た花 »