2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 県南の山で5 | トップページ | 女川方面へ1 »

2016年10月 5日 (水)

大沼周辺

9月14日 大沼に鳥の様子を見に行ったけど殆ど見えずだったので、田んぼの周りで花を探して見ました。
 
 
四方八方に伸び放題のハギらしきものが・・・・ヌスビトにしては少し華やかと言ってフジカンゾウでもないし・・・実が生っていたので見てみた。小節果が5個連なっているものもあった。

Dscf8280j

花は旗弁に黄緑色の班が2個有る。(写真では少しわかりづらいかも)以上の特徴からアレチヌスビトハギ  マメ科  ヌスビトハギ属  北アメリカ原産の帰化種

Dscf8282j

田圃も大分整備されてきて大沼に咲いていたミズアオイも暫く見ていない。沼ではもう咲く事は無いと思う。それでも整備された側溝には綺麗に咲いていてくれた。

Dscf8286j

畑も手入れが良くてマメアサガオが大分減って来たけどそれでも種の生産量が半端でないのでなくなる事は無いようです。良い事なのか悪い事なのか。

Dscf8289j

センダングサの仲間だと思って撮って来て調べてみました。舌状花は無く筒状花のみ。総苞片がヘラ形で先が尖り、7、8個が1列に並ぶ。このことからコセンダングサだと決めたのですが、周囲の花が白っぽく写っている。光の関係で白く見えているだけだと思っていたけどアイノコセンダングサと言うものが有る事を知りました。これがそうなのかもしれません。未確認ですが。

Dscf8291j

蕾を見ても白っぽく見えるし間違いないかなあ。

Dscf8292j

その他の特徴はコセンダングサと変わりはないとの事。確認に行く必要があるなと思ったけど日にちが経ちすぎてまだ咲いているかどうか・・・

Dscf8293j

これは花か実か?細かくは見てませんでした。大したものではないなと、取敢えず撮っておくかとおざなりに・・・

Dscf8301j

多分イヌビユの仲間かと・・・

Dscf8303j

調べてみると違っていました。今の所分からず仕舞いです。

Dscf8307j

雑草だと侮ってはいけない・・・というか、「雑草」で済ませればそれで終わりだからいいんだけど名前を探すと大変なことに・・・・。次から次へと出て来ます。雑草の雑種?・・・・。それにしても皆さん良く調べていますね。

****************************************************************

2017.5.24 追記

随分長引いてしまいました。やっとのことで探し出せました。上に穂状に立っているものが実だと思い、ヒユ科とかタデ科とか思いつくものを探していました。小さな盃状のものが苞葉でその中に雄花、雌花が有ったとは・・・そう言われれば確かにそのようなものが見えます。でもこの葉の姿を見たら・・・とてもトウダイグサ科のものと思いも付きませんでした。苞葉があって、と言う事に着眼すれば何の事は無かったのかもしれません。正に灯台下暗しでした。

エノキグサ  トウダイグサ科  エノキグサ属  日本全土の畑や道端に生えている。花期は8~10月、茎、枝の先端に雄花が穂状に付きその基部に苞葉に囲まれて雌花が数個付く。

« 県南の山で5 | トップページ | 女川方面へ1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64393460

この記事へのトラックバック一覧です: 大沼周辺:

« 県南の山で5 | トップページ | 女川方面へ1 »