2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 女川方面へ4 | トップページ | 仙台市野草園で1 »

2016年10月10日 (月)

女川方面へ5

前回9月5日に行った時の事ですが、花の様子を見にとちょっとした道脇の林縁に入ったのですが、引っ付き虫がついていないかとズボンのすそを見ると何やらそれらしいものが・・・・でも良く見ると虫の様でした。手で払っただけではとれません。小枝を探して突いたのですがそれでもだめでした。無理やりそぎ取るようにしてやっととれました。
心配になってズボンをまくって見たらなんと靴下にも・・・・・。なんと繊維の隙間から頭を(多分)突っ込んで潜り込もうと(この時はそう思いました)していました。枝ではどうしようも有りません。仕方なく手でつかんで無理やり引き離しました。なんと今度は指に引っ付いたままです。そばの縁石にこすりつけて何とかとれました。 

Dscf8087j

最初にとったものがまた近づいてきました。

Dscf8089j

歩き方がシャクトリムシに似ています。

Dscf8090j

意外と早く写真を撮るのも大変でした。

Dscf8091j

伸びるとこんなにもなります。

Dscf8093j

数匹とり終わって、まさかと思いながらも靴を脱いでみました。なんと、靴の中にも入り込んでいました。あぶねえ。見逃すところだった。

Dscf8096j

前回は数匹で早目に気付いたので何事もなく終わったのですが、今回また懲りずに、別の所だと言う事も有って林の中に・・・・少し傾斜が有って前方に登山道らしきところが見えたので行ってみました。途中で道が消えたので帰ろうと思って足元を見たらまたこいつらが靴の周りやらズボンのすそやらにうようよと・・・・げげげ・・・慌ててまた小枝で・・・でも、なかなか取れないので効率が上がらない。そうしている間にも別のものがまたくっ付いてくる。たまらず滑る山道を急いで下りました。気持ち悪いけどもう手で取るしかありません。ちぎっては投げちぎっては投げ・・・靴のちょっとした隙間にも隠れているし油断なりません。20匹ぐらいはいたでしょうか。まさかねえと思いながらも腕をまくって見たらなんと両方の腕の付け根のそれも裏側にくっついていました。痛くもかゆくもなんともないとは知っていましたが、やられたかと思い引き離したら血も出なかったしそれらしき痕も無かったので間に合ったかと思っていたら、両方とり終わって周りを確認しているうちに血がにじんで来ていました。やっぱりやられていたかあ。え?くっ付いているところの写真が見たかった?とてもそんな心の余裕なんてありませんでした。今思えば私自身そんな写真が撮りたかったと思いながらもぞっとする経験でした。

Dscf8317j

前回見た時にネットで正体を突き止めていました。動画の投稿も有って・・・うー、思い出しただけでも気持ち悪う。 ヤマヒルと言って吸血性のヒルとしては日本においては唯一の陸生ヒルなのだとか。都市近郊まで分布域が広まって来ているようで、鹿などの動物によるものかもということで、ここには鹿が多くなってきているので考えられる事かも。(私もその一端を担っている?)血を吸うときに血が固まらないようにするヒルジンと言うものを注入するので痛みもかゆみも感じないのだとか。実際そうでした。他の虫とかは音とか感触とかで察する事が出来るけど、こいつは全く分からない。視覚以外に見つけるすべがない。振ったり、払ったり位ではとれません。柔らかい割には強固で千切れたり潰れたりしません。虫よけスプレーが必要の様です。今迄山に結構行ってはいたけど初めての経験でした。たまたまそういう場所に行っていなかっただけなのか、いて、吸われていても気付かなかっただけなのかもしれません。マダニの様な病原菌の事例はないとの事で、怖いというよりはやはり気持ち悪い。

« 女川方面へ4 | トップページ | 仙台市野草園で1 »

コメント

初めて見ました。
気持ち悪いですネ、一人だと余計に気持ち悪いです。

先日聞いた話ですが
山に行く前の日に大きなごみ袋に着ていく服や靴下など入れて虫よけスプレーして一晩おいたものを次の日に着れば安心だという事を聞きました。
それを実行したのは一回でした。
浸み込んだ薬のにおいのする服を着ていると具合が悪くなります。

気をつけます。有難うございました。

larala様
なるほどそうですね。でもちょっとだけという気持ちが仇になりました。
この辺の山の中に見たいものが有るかもと思ったものですから。
今度からは慎重に構えて行かねばと思っています。
一般にはあまり知られていないようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64403962

この記事へのトラックバック一覧です: 女川方面へ5:

« 女川方面へ4 | トップページ | 仙台市野草園で1 »