« 大沼で鳥見2 | トップページ | 北部の山で2 »

2016年10月25日 (火)

北部の山で1

10月7日 ちょっと北の方の山に行って見ました。何かないかなあと・・・・
 
 
真っ赤なトンボがアザミの蕾に止まっていました。胸部が赤く複眼は赤くないのでナツアカネの様です。

Dscf8937j

近くに咲いているものが有りました。総苞の形などからこちらに多いナンブアザミも考えられますが上を向いて咲いていることからトネアザミも考えられなくはないと思いました。トネは利根川のトネで関東方面に多いようですが・・・・。

Dscf8938j

これは余り大きな個体ではなく葉も随分控えめで分かり難い。どのアザミも同じものでも切れ込むもの、そうでないもの様々で葉からの推定は難しいようです。

Dscf8940j

まだ咲いていない蕾のものが有りました。別の種のようですが何者かさっぱり・・・・

Dscf8949j

これがその下の部分だと思っていましたが、上のものと同じものを別の角度から撮ったもののような気もして・・・・アザミのようなそうでない様な・・・

Dscf8948j

カナムグラ  クワ科  カラハナソウ属  日本全土の荒地、湿地などに群生していることが多い。ここも御多分に漏れず一面に広がっていました。他の植物が入り込めない状況です。雌雄異株のようですが撮ったのは雌株だけ、雄株は見つけられませんでした。
 
Dscf8955j
 
休耕田のような所で面白いものを見つけました。また地衣類かと思ったら・・・

Dscf8960j

ゼニゴケと言うれっきとした?コケ植物でした。ゼニゴケ科  ゼニゴケ属

Dscf8961j

雌雄異株でこれは雄株の様です。雌株も傍に有ると思うので今度探して見ます。
 
Dscf8962j

竹藪の脇に白い花が見えました。椿?山茶花?どうやら茶ノ木の様です。日本には自生の茶の木は無いのだそうで、帰化植物と言う事になります。

Dscf8966j

分からないものについては何ヶ所か撮るようにして入るのですが、やはりわからないものですから的外れの所を撮っていたりしているようです。また行って見なければなりません。

 

« 大沼で鳥見2 | トップページ | 北部の山で2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/64490061

この記事へのトラックバック一覧です: 北部の山で1:

« 大沼で鳥見2 | トップページ | 北部の山で2 »