2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

オオバノチョウチンゴケ?

チョウチンゴケの中にも色々あって私にはなかなか見分けがつかない。今はただ黙々と集めていくしかないと思っています。
オオバノチョウチンゴケだと思うのですが、朔の姿が見比べているものと違っていました。もっと太くて先の方がうなだれている感じです。これは細くて真直ぐ上を向いています。これはもしかしたら成熟すれば太くなりうなだれて蓋のようなものが出来て来るのかもしれません。

Dscf9926j

1つの雌器から2本の朔が立っています。
 
Dsc_9753j
 
ピント合わせが大変でした。
 
Dsc_9752j
 
顕微鏡による判定が必要になって来るのかもしれませんがなかなかそうもいきません。顕微鏡自体はあまり高くないものもあるようですが、カメラと合わせると安い物はないようです。

2017年2月27日 (月)

シシゴケ?

1か所に数種類のコケが見られます。今日は取敢えず細長い毛の様なものについてです。

Dscf9892j

ふさふさした髪の毛の様で羨ましいです。などと言ってる場合じゃありませんでした。

Dscf9891j

この様に細長いものって余りないのかと思っていたら、意外と有りました。
シシゴケ  マゴケ亜綱  シッポゴケ目  シッポゴケ科  シシゴケモドキ属だと最初思って表題を付けたけど、同じ科内にツリバリゴケモドキと言うものが有り、そちらの方ではないかと思うようになりました。数株をばらして見るんでした。  
 
百均に行ってピンセットとかカッターとかいろいろ買ってきました。標本集めまではする気はないのですが少しは現場で解体作業をしなくてはならない様なので。

2017年2月26日 (日)

ホソバオキナゴケ?

森にコケを探しに行って見ました。何種類かありましたが種類の特定が出来ません。取敢えず撮ったものを載せます。教えてくれる人がいれば助かるのですが。

Dsc_9704j

上の写真は自動モードで撮ったものです。近くで撮るとこのように後ろの方がすぐにボケてしまいます。ボケさせるためのレンズでもあるので困りました。
撮り方で少しは緩和できるのではと今回は試し撮りでも有りました。これくらいなら何とかなるかな。

Dsc_9705j

真横からも撮って見ました。

Dsc_9706j

少し切り取って写して見ました。何れ大きさは上と変わりませんが。仕方がないのでトリミングをして大きくして見ました。

Dsc_9708jj

ホソバオキナゴケ  シラガゴケ科  シラガゴケ属  のようですが細部まで調べておらず確定ではありません。
ネットで検索をかけたら庭の植栽などに使うらしく宣伝が多く有りました。
******************************************************************
オリンパスのTG-4と言うカメラは顕微鏡モードと言うのが有って結構大きく撮れるらしい。買おうかなと思ったら去年出たばかりで割といい値段でした。他にもう一社あるだけで何処の会社のものにするかと言うより買うか買わないかだけの選択になりそうです。

2017年2月25日 (土)

ヤツデ

コケを探して森の中を歩いていたら大きな切れ込みのある葉のものが有りました。
ヤツデだと思いました。何十年か前に下宿していたところの玄関わきに植えて有ったものを見ていたので知っていました。切れ込みで指が8本有るんだよねと数えてみました。あれ?7本しかない。ヤツデではないのか?それと、庭先などでは良く見るけど山の中で見たのは初めてでした。
 
Dscf9927j
 
ネットで調べてみました。ウコギ科、ヤツデ属の常緑低木。8つに裂けることは稀で大抵は7か9だそうです。

Dscf9928j

自生分布は関東以西でこちらで見るものは植えているものが逃げ出したものだと言うことのようです。ウコギ科と言えばタラの木やハリギリがよく似たものだと思いますがこれには棘が無いので区別がつきます。タラやハリギリは食べておいしいのですがこれにはヤツデサポニンと言うものが含まれており過剰摂取すると下痢嘔吐などの障害を起こすそうで・・・と言って誰も食べないと思いますけど。

 

2017年2月24日 (金)

イモケンピ・・・?

先日やったイモケンピのやり直しです。油で揚げない方法も有るようですが取敢えず揚げる方法でやって見ました。

Dscf9945j

ゴマを探したら黒ゴマが無く白ゴマだけだったので先日のエゴマが有ったのでエゴマをまぶしました。これを称してゴマ菓子と言うのでしょうか。作り立ては柔らかくほくほく感もあって美味しかったです。外に出かける事もなく太る一方です。

2017年2月23日 (木)

求肥とは?

新聞のクロスワードパズルをしていたらキーワードに「求肥と書く」と有りました。最初は「もとごえ」?と思いました。植物など植え直す時に最初に入れておく肥やし。でもそれって「元肥」・・・ですよね。あ、求めるだから後からやるのか・・?
ネットで調べてみました。あ・・・・全然違っていました。牛皮とも書くようで、「ぎゅうひ」なのだそうです。牛肥でなくて良かった。牛の字を見た時はやっぱりと思ってしまいました。牛のあれで作った肥料・・・だと。大福の皮などの様な和菓子の材料の事のようです。

Dscf9943j

以前大福を作ろうと思って餅粉を買ってきて 練って見たのですが、この時は何も知らずに、砂糖も入れなかったので、皮の厚い団子になってしまいとても食われたものではありませんでした。今回はネットで調べたりしてやりましたが、やっぱりどこか抜けているようで・・・・。煮る方法と蒸す方法、そして電子レンジでする方法と3通りあるようでしたが簡単にと言う事で電子レンジで行いました。

簡単に簡単にと思う余り水の量をいい加減にしたので、最初から餅状態になってしまいました。慌ててお湯を加えて練り直しましたが溶けない所もあって何回もお湯を加えては練り直しました。柔くて手にくっつきそうだったけど冷めれば何とかなるだろうと片栗粉をまぶしたバットに流し込みました。

上にも片栗粉をふって暫く放っておきました。包丁で適当な大きさに切ろうとしたら粘って大変でした。粉を振り振り何とか分け、丸めた餡子を上に置いてまた暫く置きました。結局幾ら置いておいても粘って駄目でした。かなりの粉を振って何とか丸めました。素手で持つと粘るのでサランラップでくるみました。

食べた感じ、とろっと溶けて葛切のようでした。間違って正解のようです。大福の皮では脇役でしょうけどこのまま板状で切って食べても行けそうです。大福のように丸めなくても板状のもので餡子をサンドしても良いでしょうしジャムをサンドするとかチーズをサンドするとか。大福を食べる時にイチゴを入れて食べたら美味しかったです。

2017年2月22日 (水)

たまにはケーキでも

たまにはケーキでも食べたいねと言う事で、以前買って冷蔵庫で眠っていた生ミルクを出して作りました。砂糖を入れてハンドミキサーでかき回せばできるので私でも簡単にできます。値段の関係で植物性です。高い方はそれなりに味が違うようです。少し練りが足らなかったのか、冷えている内は良かったのですが柔くなって流れ出しました。
土台はスポンジケーキではなく既製品のマドレーヌです。一回やったことが有りましたが、あまり上手くいかなかった記憶が有ります。この方が簡単で良いかも。

Dscf9941j

何時も値段で決めるので一流、二流のものの味を知りません。知らないので作りようも有りません。従って作りたいとも思いませんし作れるとも思いません。
ただ向上心の無い人生は空しいのかもしれませんが、取敢えず作って見るという行為を向上心だと割り切って考えればそれは其れで良しと言ってもらえれば・・・・。

2017年2月21日 (火)

イモケンピって・・あれ?

スーパーに買い物に行った時にサツマイモを買ってきました。何時もシーズン中はサツマイモだけは在庫を切らさずにいます。買うのは決まってベニアズマです。まず安いからです。鳴門金時や安納芋なども並んでいますが、高いものはそれなりに美味しいかもしれませんが値段との比較でどうしてもこうなってしまいます。安いからと言って劣っているとは思いません。と言っても他の芋を食べたかと言うとそれほど食べた訳でも無く、何れにしろ安いもの同士での比較なのか分かりませんが余り差異は無いように思えます。
買っている時に閃きました。そうだ、イモケンピを作って見よう。
早速皮をむいて拍子切り、電子レンジで少し下茹でしてフライパンに入れ、砂糖、顆粒出汁、しょうゆ、酒、水あめを入れて焦がさないように温めました。
(え、え、え・・・なんで・・・・?と、思っているでしょうね)
水気も有って煮詰めている感じになって来ました。(当たり前ですけどね)
そう言えばゴマもいるんだったなと言う事で、以前買ってきたまま使わずにいたエゴマを少し炒って少しすりつぶして投入(少し多かったようですが)、汁っ気がなくなったところで皿に盛りました。
途中で、油で揚げる工程を忘れていたことに気づきましたが、まあ良いかと言う事で・・・・。

Dscf9937j

食べてみたらこれが何と美味しい事!サツマイモの感じは無く餡子を食べている様な・・・(少し誇張しました)油で揚げると固くなって老人向きではないけどこれなら難なく食べられそうです。エゴマはやはりゴマと違ってゴマの香りは有りませんが、昔食べた十年モチの様に独特で合っていると思いました。
少し潰してトーストに載せて、アンパンです。結局ケンピと言うより金時になってしまったようです。

Dscf9938j

今度は間違えずにケンピにたどり着くように・・・・・。ジャガイモでフライドポテトを作ったことを思い出しました。ん?サツマイモのフライドも行けるかも・・・・。

2017年2月20日 (月)

なんていうか

今年初めての書き出しですが、なんて書いたらいいのか。長い事学校を休んでいてから学校に出る朝の心境です。
時々お伺いしている larala さんが甘酒を作ったと言う事で、美味しそうだったので私も作って見ました。以前にも作ったことが有るのですが、一晩寝かせるのに以前は電気こたつの中に入れてやっていたのですが、今はこたつではないのでそうもいきません。湯たんぽを抱かせて毛布でくるんで・・・・でもいいのでしょうけど、聞いたところによると電気がまでも良い様でした。古くなって捨てずにいたものが有ったのでそれでやって見ました。電気がまでおかゆを作り、少し冷ましてから麹をもみほぐして入れて保温状態で翌朝まで置いておきました。

Dscf9935j

出来たことは出来たのですが甘みがあまりないようでした。おかゆの量が多すぎたのか、温度管理が悪かったのか、元々こんなものなのか。以前作った時もこんなものだったかも。売っている様な甘みは無理でしょう。
コメの粒が多くてドロドロ状態。少し甘いおかゆを食べているようです。お湯を入れて飲めるようにしたら甘さがほんのりと言うより薄っすらと言う感じになりました。
何の刺激もないのでしょうがをすって入れたら少しそれらしくなりました。冷やして飲むと少しはいいかな。
最後になってしまいましたが今年もよろしくお願いいたします。甘酒で乾杯!です。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »