2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ウラベニジャゴケの雄器とマキノゴケの雄器 | トップページ | 早春の花たち2 »

2017年4月10日 (月)

ハミズゴケ?

ネットの図鑑で苔の名前を探していたら、あれ、どこかで見たような・・・と、1月に撮っていた写真をひっくり返して見ました。有りました。多分これだと思うけど・・・
 
 
ハミズゴケ  スギゴケ科  ニワスギゴケ属  葉が退化して見えないので「葉見ず苔」なのだそうです。緑っぽい所が原糸体。山道脇の土が露出した様なところに生育しやすい。雌雄異株。

Dscf9912j

これは蒴の蓋が取れた所

Dscf9913j

この時はまだ雪が残っていました。周りには他のコケが生えている所も有りました。
 
Dscf9923j
 
出ている部分を大きくして見ました。(杉の葉のように見えるのはコケではなくやはり杉の小さな幼木のようです)

Dscf9922j

根元部分に葉のようなものが見えますがこれは何でしょう。退化したという葉でしょうか。この土をとって見ればよかったと今更ながら後悔しています。今行ったらどんな状態になっているのでしょうか。

Dscf9924j

瓢箪から駒みたいな・・・・たまにあって嬉しい。ぐっすり眠られそうです。

雌雄異株と言うと、これは雌の方でしょうから雄は?ああ、又眠られなくなってしまった・・・・。

« ウラベニジャゴケの雄器とマキノゴケの雄器 | トップページ | 早春の花たち2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハミズゴケ?:

« ウラベニジャゴケの雄器とマキノゴケの雄器 | トップページ | 早春の花たち2 »