2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« カクレミノ | トップページ | ウラベニジャゴケ »

2017年4月 3日 (月)

キヨスミイトゴケ

そろそろスミレたちの花が見れるかと森に行って見ました。タチツボスミレがぽつりぽつりと見えただけでした。早くに咲くアオイスミレは残念ながら見つける事が出来ませんでした。コケが何種類か見れたので追々ご紹介したいと思います。
 
 
去年サルオガセだと言っていたものが果たしてそうなのか・・・・ネットで見ていて、似た様なものだと思いそう言って載せたものの、後でまたいろいろ見ていたらキヨスミイトゴケ、タカサゴサガリゴケなどまた似たものが有る事を知り調べてみなきゃと思い写真を撮りに行って見ました。こんな感じでぶら下がっていました。

Dscf0572j

下に落ちていたものが有ったので助かりました。団子状になっていて、近くで大きく撮ろうとすると後がすぐボケてしまうので解いて見ました。これ一塊で全部繋がっていました。知恵の輪の様に解くのに苦労しました。暗くなってきた山道で一人うずくまって・・・熊さん来ないよね。

Dsc_0073j

調べている内に気が付きました。サルオガセって地衣類でした。これはどう見たってコケ類の方でしょう。根本から間違っていました。

Dsc_0070j

キヨスミイトゴケ  ハイヒモゴケ科  イトゴケ属  だと思います。タカサゴサガリゴケはまた少し違う感じの様です。
 
Dsc_0070jj
 
心に引っかかってたものが一つ消えたような気がします。
 
*********************************
 
コケを見ている間にこんなものを見つけてしまいました。先日見つけたオオバノイノモトソウです。ここの方が本数が多いようです。こんなにもすぐに見つかると大して珍しいものでもない様な気がします。

Dscf0568j

これは栄養葉なのか胞子嚢が付いていませんでした。前回気が付かなかったのですが葉の縁にはすごい歯が付いています。手が切れそうです。奥の葉には鋸歯が見えません。全縁の様です。考えるに、これは鋸歯ではなく全縁だった葉の縁が虫に食われたわけは無さそうだから、風化か何かでとれてしまい繊維質である葉脈が残ってこんな形になった・・・・のでは?
 
Dscf0569j

今度はイノモトソウに出会わないかな。

« カクレミノ | トップページ | ウラベニジャゴケ »

コメント

糸のようなコケがあるんですねー
だいぶ森の奥の様な気がします。
良くお一人で・・・

今日も色々勉強になりましたが、忘れたらごめんなさい。

カタクリまだかと行ってみたら、蕾でした。
雪割草(多分です、後で載せますから見て下さい)を見付けました。何年も行っているのに初めて見ました。

larala様
これは山道ですが車が通れるような所ですからそれほどではないですけど
少し奥に入ってカモシカに遭った事は有りますけど。
このヒモ風なやつ、もう一種あったんですが今のところ名前不明です。
そのうち載せます。雪割草はミスミソウですか?思いがけずに見つかる事が有りますね。
是非見せてください。そのうちお伺いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キヨスミイトゴケ:

« カクレミノ | トップページ | ウラベニジャゴケ »