2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ナツノハナワラビ | トップページ | ヒトツボクロ »

2017年6月13日 (火)

オヘビイチゴめっけ

森の中を歩いていたらヘビイチゴの赤い実(偽果)が有りました。これからヘビイチゴなのかヤブヘビイチゴなのかなどと言う話になるのでしょうけど余計なことを言うとヤブヘビになるのでやめましょう。

Dscf3762j

これを見て去年磐梯山で見たコバノフユイチゴの事を思い出しました。隙間から赤い実が少し見えています。萼片5枚でしっかりと守っているようです。

Dscf3764j

花が終わって萼片が少し立ってきたところ・・・
 
Dscf3782j

花弁が落ちたばかりの所。この萼片の動きが面白いです。どのような仕組みになっているのでしょうか。

Dscf3766j

ヒメヘビイチゴのようです。この実はどうなってるんだろうと思いました。
 
Dscf3776j
 
今出来ている実はこんな感じです。赤い実がないか周りを探して見ましたが見つかりませんでした。まだ早いのかな・・・

Dscf3773j

そのうち綺麗な花を見つけました。ヘビイチゴ?ヤブヘビイチゴ?
 
Dscf3835j
 
葉の形を見るとどう見てもヘビイチゴの仲間ではないようです。

Dscf3826j

茎が地面を這って伸びていたので根元の方にたどって行ったら・・・あれ!これは・・・・オヘビイチゴだ!

Dscf3824j

オヘビイチゴ  バラ科  キジムシロ属  本州、四国、九州の田の畔や道端の湿ったところ、花期は5~7月
ヘビイチゴとヤブヘビイチゴはヘビイチゴ属、ヒメヘビイチゴとオヘビイチゴはキジムシロ属、副萼片の形を見れば違いが分かります。実が赤くなるのもヘビイチゴ属だけのようです。

 

 

« ナツノハナワラビ | トップページ | ヒトツボクロ »

コメント

イチゴが目につく季節ですネ。
一番上のように真っ赤で地面で見られるもの、ちょっと上がって蕾からすぐ実になるもの、一列に並んでこれから赤くなるもの、オレンジ色のもあります。
それぞれ楽しみにしているのですが、垂れ下がって一列に並んでいるのをいつも楽しみにしています。歩きながら食べます。

larala様
昨日歩いてきた山にもモミジイチゴが一杯なっていました。美味しいですね。
道脇に掘り返された跡がありました。小さなタケノコの周りとか・・・クマ?
イノシシかな、やばそうなので帰って来ました。
途中でカモシカに出会いました。暫くにらみ合いをしていましたが
少し近づくそぶりをみせたら逃げて行きました。やばいねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/65393921

この記事へのトラックバック一覧です: オヘビイチゴめっけ:

« ナツノハナワラビ | トップページ | ヒトツボクロ »