2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 山形探訪1 | トップページ | 山形探訪3 »

2017年6月27日 (火)

山形探訪2

何十年か前に山形に住んでいたことが有りましたがその時に知った唐松観音、そばを通った事は有っても見た事が無かった所です。行って見る事にしました。調べたら高速インターのすぐ近く、馬見ヶ崎川沿いに有りました。
 
駐車場には芋煮会用の大なべが飾ってありました。

Dsc_4045j

そこから唐松観音堂が見えました。崖の所に危なっかしそうですが今まで崩れもせずに来たのだから大丈夫なのでしょう。馬見ヶ崎川に掛った赤い橋を渡って向こう岸に行って見ました。
 
Dsc_4174j
 
観音様が祀ってありました。写真を撮っても良かったのかな?
 
Dscf4315j
 
途中の道脇に咲いていたヤマタツナミソウです。今年色々タツナミソウの仲間を見て来たけどやっと山の物に会えたという感じです。他の物もヤマのものなんでしょうけど・・・・

Dsc_4147j

雨呼山の下山途中に有った若松寺への標識、調べてみたら最上三十三観音一番札所となっていました。早速行って見ました・・・・・が、お寺の写真を撮らずに帰って来てしまいました。裏手の方に展望所が有るようで、登って行った見ました。
 
坂の途中に有ったマメ科のニワフジです。分布的に中部地方以西のようですのでこれは植栽なのでしょう。

Dscf4227j

さらに登っていくとシロバナニガナが咲いていました。花弁の縁とか黄色が目立ちます。山で見たシロバナニガナってこんな感じだったっけ?
 
Dscf4247j
 
そしてそのそばにこんなものも・・・・・花弁の縁が紫っぽいし花の終りのものも紫です。

Dscf4232j

花弁の裏も紫色です。これってタカサゴソウなの?

Dscf4238j

河原で典型的なセイヨウミヤコグサを見つけました。花の数が蕾のもので8個有るものも有りました。花の数から言ったら充分セイヨウでしょう。

Dscf4289j

は葉や茎に毛が有るのも見分けの条件のようですがこれには毛が見当たりませんでした。あれ?

Dscf4291j

毛が有る無しではセイヨウとの判断は出来ないのか・・・・花の数と言っても3個の場合はどちらともいえるので・・・・うーーん・・・・。もう一度別の人のブログも見てみました。なんと、セイヨウのほかに新手のミヤコグサが・・・・・・。ネビキミヤコグサと言うのだそうで、ここの所増えてきているのだとか。花が5個以上あるのだとか、だとするとこれはセイヨウではなくネビキの方なのかもしれません。見分けのポイントは茎が中空になるのだそうですが写真からは判断できませんが花が5個以上と言う事でそちらに軍配が上がりそうです。今度行った時に確認してみましょう。

« 山形探訪1 | トップページ | 山形探訪3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/65482203

この記事へのトラックバック一覧です: 山形探訪2:

« 山形探訪1 | トップページ | 山形探訪3 »