« 山には山の | トップページ | 山形探訪2 »

2017年6月26日 (月)

山形探訪1

6月17日 また大分前の話になりますが山形方面に行って見ました。数日前にチョウセンゴミシを見せて頂いたので、数年通いながら見つけられなかった所に行って探して見ようと思ったからでした。
 
ベニバナイチヤクソウが咲き始めていました。

Dsc_3948j

去年も見ていたコケイランが綺麗に咲いていました。日当りの良い所だったので綺麗に写っています。

Dsc_3974j

エゾノタチツボスミレもまだ残っていました。

Dsc_3957j

ヒョウタンボクも花が咲き始めたところの様で、去年よりは早めに来たように思いますが、去年は季節の進みが早かっただけのことかもしれませんが。

Dsc_3959j

小さな緑の実が生っている木が有りましたが調べても分かりません。

Dsc_3968j

クロウメモドキの木ですが花は終わってしまったようです。

Dsc_3950j

ミドリの小さな実が生っていました。枝先が鋭く尖っています。これがこの木の特徴のようです。

Dsc_3956j

別の木を見たら実が黒くなっているものも有りました。これがクロウメモドキの名前の由縁でしょう。

Dsc_3982j

さてチョウセンゴミシですが何とか見つける事が出来ました。やはり実物を前もって見る事が出来た事と花の時期を知る事が出来たからでしょう。

Dsc_3991j

チョウセンゴミシはマツブサ科で中部地方以北となっていますが宮城県では自生の記録が無いようです。 お隣の県ですが見れたことは嬉しい事でした。

« 山には山の | トップページ | 山形探訪2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/65481240

この記事へのトラックバック一覧です: 山形探訪1:

« 山には山の | トップページ | 山形探訪2 »