« 浦戸諸島巡り2 | トップページ | 浦戸諸島巡り4 »

2017年7月25日 (火)

浦戸諸島巡り3

今回は海辺で多く見られるものでまとめたつもりです。珍しいものは有りません。
取り立ててここに来なければ見られないと言う訳でもありませんが綺麗に咲いていたので見てあげてください。 
 
 
ツルナ  ハマミズナ科  ツルナ属  北海道南部以南に自生する。花期は4~11月  食用にできるがほうれん草の様にシュウ酸を含むので茹でこぼしが必要。

Dsc_5280j

ハマボッス サクラソウ科  オカトラノオ属  日本全土の海岸に自生 花期は5~6月 日本全土と言うと何処にでも在りそうですがそうでもない。野々島で初めて見た時には名前すら分からなかったけど感動したものでした。名前も特徴的で忘れられません。 

Dsc_5292j

ハマボウフウ  セリ科  ハマボウフウ属  日本全土の海岸に自生  花期は5~7月  海浜の浸食や食用、薬用として採取されたりで絶滅の恐れが有ったりしたようですがこのところ大分見えるようになってきた様です。

Dsc_5313j

イボタノキ  モクセイ科  イボタノキ属  日本全土の山野の林縁 花期は5~6月  これは海岸に関係なかったようで・・・

Dsc_5315j

ハマヒルガオの実があちこちゴロンゴロンと日向ぼっこしているようでなかなか可愛いものです。

Dsc_5319j

ハマダイコンの花は随分と増えて雑草状態です。

Dsc_5323j

ハイビャクシンでしょうか。自生だとすれば珍しいものだと思うのですが、以前ここは花壇だったところで植えられたものらしいのですが管理をする人がいなくなったので道路の方まで伸びだしてきているようです。

Dsc_5395j

スナビキソウはここで初めて見つけましたが花にはまだ早かったようで・・・・写真手前に小さく白いものがぽつんと見えます。1輪だけ咲いていました。

Dsc_5420j

気になっていたものが有りました。ウシオツメクサがまだ残っていました。諸島内でウシオツメクサ、ウシオハナツメクサ、ウスベニツメクサ、ハマツメクサ全部が見られたと思いましたが・・・ないのも有ったかな?

Dsc_5431j

オニヤブソテツ  オシダ科  ヤブソテツ属  北海道南部以南の海岸の崖地などに自生

Dscf5014j

他にもまだ見れたので続きます。

« 浦戸諸島巡り2 | トップページ | 浦戸諸島巡り4 »

コメント

珍しいもの沢山ありがとうございました。
見たことありそうで見て無いのでしょうね。
ハマボッス、イボタノキは見たいですね。今頃なんですネ。

larala様
ハマボッスを見てませんか?それ程小さいものでもないので
在れば目に着くと思いますが・・・ただ砂浜ではなく岩場、云わば崖地など
その上の草地などに有りました。可愛い花です。
イボタノキは花が咲かないと分かりません。咲けば花が目立つのですぐに分かるともいます。
公園などにも植えて有ったりでどこにでもあるようですが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/65579838

この記事へのトラックバック一覧です: 浦戸諸島巡り3:

« 浦戸諸島巡り2 | トップページ | 浦戸諸島巡り4 »