« 秋保の山周りで2 | トップページ | 磐梯山周辺で2 »

2017年7月 2日 (日)

秋保の山周りで3

朝早く三方倉山の急な登山道をエッチラオッチラ登っていたところ、羽化したばかりの・・多分オオミズアオだと思うのですが・・笹の葉にすがって上に行こうとしていました。でも結局のところ重みに耐えきれず笹の葉はぐにゃり・・・・ボタッと落ちてしまいましたが性懲りもなくまた同じように登り始め・・・・またボタッと・・・・。自分の体重も考えろよなあ・・と。ん?自分の事か・・・・・

Dsc_2869j

真っ白な模様の蛾、しらべたらキンモンガ  アゲハモドキ科  だそうで・・・キンモンったら黄色では?と思ったら白、薄黄色、黄色の3色のものがいるのだそうです。どことなく黄色っぽい所も有るような。

Dsc_4227j

目の前を急ぎ足?で飛んで近くの葉の陰に隠れたつもり・・・?前にも見てるかな?オオシラホシアツバ  ヤガ科  クルマアツバ亜科  記憶に御座いません。

Dsc_4279j

ウスバシロチョウがガマズミの花に止まっていました。あれれ・・・5月の人じゃなかったっけ?もう6月の後半、なんてお寝坊さん!山奥とは言え殆ど平地なのに。

Dscf4365j
 
これは三方倉山の頂上でウワミズザクラが終わったなあと見ていた時に気づいたチョウですが・・・
 
Dsc_4362j

スミナガシでした。高い所にとまっているのでこれで精いっぱいです。300mm担いで登って来た甲斐が有りました。

Dsc_4357j

ニワハンミョウの様ですがサッサカ逃げられてやっと撮れた1枚です。

Dscf3597j

アリガタハネカクシの仲間のコアリガタハネカクシと言うものらしい。生息地によりそれぞれ違ってくるようですが・・・アオバアリガタハネカクシという奴がいて潰すとその体液で炎症を起こすという、ヤケドムシと言う名前で一躍有名に・・・・これは大丈夫なのかな?だからと言ってわざわざ潰したりはしないけど・・・アリガタと言うけどあまり有り難くはないけど・・・

Dscf3618j

帰り道、道の真ん中にバイクを止めて木の枝で蛇らしきものを持ち上げていました。ジムグリの様でした。目をしっかりとあけているので生きているのかと思ったらびくともしないので死んでいるのかも。確か去年もこの辺で見たような記憶が・・・
ここは蛇の通り道なのかも・・・・蛇の道は蛇・・・ですか。
 
Dsc_2883j
 
今度は道脇にお猿さんが・・・・車でそっと近づくと藪の中にゆっくりと消えていきました。写真も撮ったし・・・去る者は追わず・・・・
 
Dsc_4347j

年寄りには金は無いけど時間があるとはうまい事を言ったもので、時間の余裕があると言う事は有り難いもので、日頃見逃していることにも気付く事が出来ます。先は無いけど今が有る。残り時間を有効に使いたいものです。

« 秋保の山周りで2 | トップページ | 磐梯山周辺で2 »

コメント

コメントご無沙汰しております。
時々何度も見てはいるのです、すぐに忘れてまた見る。
実際見て無いものはすぐ忘れるのでしょう。そうでなくてもです・・・

今日は笑いながらの拝見です。ダジャレがお上手です。
ウスバシロチョウを初めて見た時、感動しました。綺麗です。
スミナガシや蛇やカエルやトンボなど同じ所で見たことありますが
そこはもう、トンネル工事があって、その場所そのものが無くなりました。
全く残念です。

larala様
お久しぶりです。せっかく見つけた場所も、無くなってしまうのは
悲しい事ですね。また別の所で探しましょう。がんばれ!
ウスバシロチョウは時期になれば見れる場所を知っていますが
スミナガシは今のところここに行けばと言う場所を知りません。
チョウの世界もなかなか・・・です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/65487985

この記事へのトラックバック一覧です: 秋保の山周りで3:

« 秋保の山周りで2 | トップページ | 磐梯山周辺で2 »