2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 磐梯山周辺で5 | トップページ | 早池峰山1 »

2017年8月 6日 (日)

似た者同士

海の近く、堤防工事で暫く入れなかった所ですが作業も終わった様で人の姿も見えません。作業車が通った後の泥んこ道が残っていたので歩いて見ました。周りは草ぼうぼうの荒地が広がっていました。
 
 
ピンクの花が見えたので行って見るとミソハギの様でした。
 
Dscf5108j
 
茎や葉に毛が見えました。え、まさかエゾミソハギ?エゾミソハギは五色沼の湿地でしか見た事が無かったのでこちらに有るとは知りませんでした。調べてみるとミソハギもエゾミソハギも北海道~九州まで有るとの事で、私が知らなかっただけのことでした。
 
Dscf5105j
 
エゾミソハギの萼に毛が有り、萼片の間の附属片が直立するとの事。最初は言っている意味が分かりませんでした。萼片って?附属片って?細長く立っているのが萼片じゃないの?良く見ると細長いものの間に三角形の萼片が見えました。細長いものは附属片と言う事でした。これが斜上するものはメミソハギと言うのだそうですが葉に短い柄が有り茎を抱かないとの事でこれはエゾと言う事になります。
 
Dscf5108jj
 
比較のため野草園に行ってミソハギを撮って来ました。毛はどこにも見られません。蕾での比較になりますが附属片が平開しているのが見えます。蕾の時の姿が全然違うので遠くからでも見分けがつきそうです。

Dsc_7115j

道脇にあちこちに一杯生えているものが有りました。
 
Dscf5130j
 
マメ科の仲間のようですが黄緑色の托葉が凄く目立ちます。
 
Dscf5129j

近くに同じように群生しているものが有りました。

Dscf5134j

こちらの托葉は茶褐色のようです。
 
Dscf5136j

葉脈の様子から、引きちぎると矢筈のようになるヤハズソウでした。

Dscf5135j

二つを並べて見ました。左側がヤハズソウです。右側がマルバヤハズソウです。葉の先が円いヤハズソウや尖っているマルバヤハズソウも有るようですが周り全部で多数決で決めればいいのかも。この写真では分かり難いかもしれませんが茎の毛が下を向いているのがヤハズソウでマルバは上を向いているのだそうです。

Dscf5141j

花が咲いていなかったのは残念ですが花が無くても見分けがつきました。托葉の色の違いはヤハズソウが早くマルバが後から出たためで見分けにはこの時点でしか使えないかも。花の時点ではどうなっているのか確認はしていません。悪しからず。ただ、幅の違いはあるようです。
海辺でミチヤナギの2種を見つけたのですが確定が出来ず今回は載せませんでした。しばらくかかりそうです。

« 磐梯山周辺で5 | トップページ | 早池峰山1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/65640034

この記事へのトラックバック一覧です: 似た者同士:

« 磐梯山周辺で5 | トップページ | 早池峰山1 »