2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« あぶくま洞 | トップページ | 松島馬の背 »

2017年11月24日 (金)

ヒナノハイゴケ

今年4月後半に東北大学植物園に行った時のことです。カジカエデやスミレたち、ヤブサンザシなどが咲いている頃でした。
 
岩にへばりついたコケにオレンジ色の花のようなものが付いていました。
 
Dscf1479j
 
傍に寄って見ると短い柄の蒴が出来ていたようで、帽子が取れて中のオレンジ色の蒴歯が見えていたようです。
 
Dscf1478j
 
未だ帽子がとれていないものも何個かありました。帽子がとれても蓋がとれていないものも有るようです。
 
Dscf1476j
 
ヒナノハイゴケ  ヒナノハイゴケ科  ヒナノハイゴケ属  本州、四国、九州 普通樹上に生える事が多いけど岩上にも生える。雌雄同株 白く見えるのは雌苞葉の先が糸状に伸びているもの。
 
蒴が無ければ簡単に通り過ぎていたかもしれません。小さいけどオレンジ色が目を引きます。可愛い苔コケだと思います。ヒナノと言うのはそこから来ているのでしょう。ハイゴケは這うようにして伸びているからでしょう。

 

 

 

« あぶくま洞 | トップページ | 松島馬の背 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒナノハイゴケ:

« あぶくま洞 | トップページ | 松島馬の背 »