2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ヤブムラサキ | トップページ | コタニワタリ »

2017年11月18日 (土)

コケの輝き

6月に磐梯山に登った時のことですが登山道の途中でキラキラと輝くものに気づきました。近づいてしゃがんでみました。光るものが消えました。あれっと思って気付きました。私の陰で光が遮られたからでした。見ると小さなコケに着いた水滴が光っていたのでした。
 
写真で撮ってもその輝きは表現できないんですね。動画にすれば良いのかもしれませんが動画は載せられませんのでこんな感じにしかなりません。
 
Dscf3914j
 
11月の初めに紅葉を見に山形の紅葉川渓谷という所に行った時のものです。崖を伝う水滴でコケたちは生き生きとしていました。

Dsc_2666j

水滴のしたたりを写真に撮れないかとやって見ました。

Dsc_2674j

私のカメラではシャッター速度が遅いのでなかなか難しいのです。

Dsc_2677j

それでも何とか撮れたみたいです。それでもこれだけのずれは有るみたいです。蝶や鳥の写真においても速いものなら止まっているように写るんでしょうが、私のものはかなりぶれて撮れています。考え方を替えれば動きが感じられると言う事になるのかもしれませんが。要は下手の言い訳なのかもしれません。

Dsc_2678j

コケの名前は分かりませんが端の薄い所が輝いて見えます。

Dsc_2692j

初めは透き通っているからだと思いましたが、後ろには光源が無いので反射をして光っているのでしょう。以前ヒカリゴケを見た事が有りましたが、調べてみるとコケ自体が光っているのではなくやはり光を反射する組織を持っているからだとの事でした。

Dsc_2721j

これは下に着いた水滴で屈折した光が透過して光って見えてるものと思います。

Dsc_2730j

コケと水、切っても切れないもののようです。

Dsc_2733j

小さな小さなカタツムリ?がいました。殻は赤茶色、身体は黒いものでした。緑の中にひときわ目立っていました。名前は分かりません。珍しかったので載せてみました。ご存知の方居られましたら教えて頂ければ嬉しいのですが。
 
Dsc_2686j

実はここは 去年も行っていたので紅葉の写真は殆ど撮りませんでした。何か目新しいコケが見られればと思って行ったのですがあまり種類が多くなく他でも見られるものばかりだと思いました。(気付かないだけかもしれませんが)
とは言えそれなりに撮って来ましたので後日載せる事にしたいと思います。

 

« ヤブムラサキ | トップページ | コタニワタリ »

コメント

苔の輝き、コケの雫、楽しませて頂きました~~~♪
種類も何も分から無くても綺麗なものは綺麗です。
春に採った一握りのタマゴケ、元気でいます!

larala様
これからは殆どコケとシダの話になって行きそうです。
以前はコケに近づきたくない心境でしたがコケにも結構可愛いものが有るのを
知ってから、私だけではなく他の人にも見てもらいたい、知ってほしいと
思うようになりました。これからも見てくださいね。
タマゴケを育てておられるんですね。野草園でも小さなケースに入れて数種
置いて有りました。なるほどと思ってはいるのですが面倒見の悪い私には
とても無理と諦めています。その場に行って見たほうが私には合ってるのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コケの輝き:

« ヤブムラサキ | トップページ | コタニワタリ »