2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« サワゴケ | トップページ | エゾチョウチンゴケ »

2017年12月12日 (火)

ウスバゼニゴケ

10月の終わりごろ、市内の川の辺を歩いていた時ゼニゴケの仲間らしいコケを見つけました。2日ほど前の台風による大雨で冠水したのでしょう、一面に湿っていて普通の運動靴で来たことを悔やみました。結果的には色んな珍しいものが見られたので結果オーライと言う事に・・・・
 
崖の様にも見えますが地面です。

Dscf0958j

初めて見るものだったので帰って来て調べました。葉状体の中に黒っぽくほくろのように見えるものが有ります。藍藻(ネンジュモの1種)が共生しているのだそうで、これがウスバゼニゴケ属の特徴の様で、他にもう1種あるのみです。
 
Dscf0963j
 
葉状体の上にごぢゃごぢゃと見えるのが無性芽だそうで、葉状体の先にできる徳利型の構造体の中にできるものと背面から生じる星形のものの2種類だそうですが写真の精度から星形かどうかは確認できませんでした。
 
Dscf0962j
 
胞子体も見えます。

Dscf0981j

上手く撮る事が出来ません。明るい所ならむしろコンデジの方が良いのかもしれません。

Dscf0987j

あまり多くのコケは見つけられませんでしたが今の所謎のものが2種ほどあります。何回か時期をずらして観察をしなくてはならないのかもしれません。
 
**********************************
 
ゼニゴケの仲間という言い方は難しくて?、どこまでのことを言っているのか。
ゼニゴケ植物門>ゼニゴケ綱>ゼニゴケ亜綱>ゼニゴケ目>ゼニゴケ科>ゼニゴケ属>ゼニゴケとなるので、この手のものをゼニゴケの仲間と言っておけばまず間違いは無いものと・・・・たとえジャゴケであっても・・・・。因みにジャゴケはゼニゴケ目>ジャゴケ科>>ジャゴケ属>>ジャゴケとなります。
ウスバゼニゴケはゼニゴケ鋼>ウスバゼニゴケ亜綱と言う風に、かなり上の段階で分かれます。
だからどうと言う事は無いんですが・・・・・ある意味便利で簡単な言葉でした。

« サワゴケ | トップページ | エゾチョウチンゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウスバゼニゴケ:

« サワゴケ | トップページ | エゾチョウチンゴケ »