2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« エゾチョウチンゴケ | トップページ | コホウオウゴケ? »

2017年12月14日 (木)

トサカホウオウゴケ?

11月の末に東北大学植物園で見たコケの一つです。コケの種類を調べていた時にホウオウゴケと言うものが有る事を知りました。「ほう、コケか」などと冗談を言いながら探して見ると、ほどなくそれらしいものが見つかりました。その後あちこちで目につくようになってきました。なんだ、それ程探すのは難しいものでもないんだと思いました。でもその度に長かったり短かったりで大きさの違いがあるけど成長の過程にあるからか地域差、個体差などかなと思っていました。
調べたらホウオウゴケ科には日本国内で40種以上のものが有るのだとか。県内でも15種は有るようです。
見ればホウオウゴケの仲間だとすぐに分かるのですが(全体を知らないで簡単に言う事ではないのですが)その中から名前を割り出すのは容易ではないようです。
顕微鏡も持たずに・・ドン・キホーテの様に取敢えずやって見ましょうか。
 
 
これは園内で見た物です。見た感じだけで当てにはなりませんが・・・
 
Dsc_3538j
 
その後行った青葉山の崖地に有ったものです。

Dsc_3603j

雨の後のぬかるんだところで近くまで寄れず、何とか撮ったのですがピントが合わないのか暗かったのでぶれたのか・・・・蒴が葉の脇から出ているようです。

Dsc_3608j

手始めのものがホウオウゴケではありませんでしたが、これから徐々に見て行けばそのうち出て来るでしょう。

« エゾチョウチンゴケ | トップページ | コホウオウゴケ? »

コメント

苔がこんなに沢山の種類があるとは、ただただ驚きです。
苔博士です。
これ程、興味をもって調べる方はあまりないのでは? そうでもないでしょうか。

そういえば、花や木でも覚えきれないほどありました。

ただ私は売られている花より、自生している花や雑草の花の方が好きなんですねー。
どうしてでしょう。

larala様
まだまだ入り口を入っただけですよ。先生とか博士とか呼ばれるには
生きている内には無理でしょう。でも花なども始める時は同じで
調べるのも大変でしたが、大きいだけに分かり易かったけどコケは
小さいので近眼老眼の私にはつらい所ですがそれなりに楽しいものです。
私も売られているものよりは野山で見るものの方が好きです。
春がまた待ち遠しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トサカホウオウゴケ?:

« エゾチョウチンゴケ | トップページ | コホウオウゴケ? »