2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« コバノチョウチンゴケ | トップページ | ホソウリゴケ »

2017年12月19日 (火)

コウヤノマンネングサなど

コケを調べていて何気なくコウヤノマンネングサの名前が頭に浮かびました。シダ類にマンネンスギと言うものが有って、名前的に面白いと感じていたからかも知れません。以前北東部で見た物をコウヤノマンネングサ科のフロウソウだと思って載せた事が有りました。良く見たらコウヤノマンネングサでした。慌てて訂正をしました。今回はその仲間の3種を見ていたのでまとめてみました。
 
去年の12月18日に県北に行った時に道脇の少しじめじめしたところに色んなコケが生えていました。

Dscf9768j

スギの苗のような感じです。これと同じものをフロウソウだと言っていました。

Dscf9772j

コウヤノマンネングサ コウヤノマンネングサ科 でした。実際はもっと緑色なのですが紅葉?したのでしょうか。

Dscf9769j

東北大学植物園に有りました。

Dscf1494j

これがフロウソウ  コウヤノマンネングサ科  でした。
 
Dscf1496j
 
葉の付き方や形で肉眼でもわかります。大きめなのでこれもコケなの?という感じです。10円玉を置いて見ました。
 
Dscf1499j

さて、同じようなものにフジのマンネングサと言うものも有ると言う事を知りました。これをコウヤノマンネングサ科にしたりフジのマンネングサ科に分けたりすることも有るのだそうです。
磐梯山の登山道で見ていました。黒く立ち上がっているものは新芽のようです。周りの黄緑色のものが成長したもの。

Dsc_4536j

別の所に有ったものです。この時は上のものと同じものだと思ってもみませんでした。そしてコウヤノマンネングサだと思っていました。

Dscf4483j

写真を大きくして見て、葉の付き方付き方、形が違うのが分かりました。

Dscf4484jj

フジノマンネングサって富士山にしか無いものだと半ばあきらめていましたが、県内でも見られるようなので山に登る時など注意して探して見ましょう。

 

 

« コバノチョウチンゴケ | トップページ | ホソウリゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コウヤノマンネングサなど:

« コバノチョウチンゴケ | トップページ | ホソウリゴケ »