2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« イクビゴケ | トップページ | クモノスゴケ2 »

2017年12月 6日 (水)

クモノスゴケ1

東北大学植物園に戻ります。沢沿いに色々なコケが有りましたがこんなものも有りました。
 
多分クモノスゴケだと思います。周りに有るのはヒノキゴケでしょう。

Dsc_3485j

もうちょっと近づいて見ました。大分明るく補正したつもりですが、何とか見れるでしょうか。

Dsc_3488j

一つ取って見ました。随分と色が明るくなりました。後に有るもので変わって見えるのでしょう。

Dsc_3497j

仮根とかの様子を写したかったのですがこれでは分かりませんね。水でごみを取り除かなくては・・・結構大雑把な・・・言って見ればいい加減な・・・

Dsc_3498j

実は今年の4月の末頃に青葉山で見ていました。この時はもしかしてクモノスゴケ?と思っていました。コケを見始めて間もない頃だったので大大発見でした。

Dscf1922j

雌包膜はやや円筒形で先が重鋸歯状との事でこれの事かも知れませんが(この時探したわけではなく写真を見ていて気づいただけ)もしかしたら胞子体がとれてしまった後なのかもしれません。

Dscf1927j

周りには終りかけの胞子体が見られましたから。

Dscf1934j

そして若い芽も見られました。

Dscf1938j

大きくして見たら左側の上の方や下の方のものの中肋の脇に二筋の黄緑色の突起物が並んで見えました。雄包膜かもしれません。この時は何も知りませんでしたから全然覚えていません。カメラの記憶力?も凄いものですね。

Dscf1938ja

クモノスゴケ1としたのは、山形の渓谷で見た物もクモノスゴケなのか、違うような気もしているから取敢えず2として載せてみようと思ったからです。

 

« イクビゴケ | トップページ | クモノスゴケ2 »

コメント

こけがこんな種類有るなんて、もうびっくりしてばかりです。
たまげてしまって、笑うしか芸の無い私です。
地球は凄い。

larala様
今晩はコケの世界にようこそ・・と言いたいところですが
私もまだ入り口でウロウロしている所で、右も左も分かりません。
小さなコケ達ですが我々と同じ生き物です。
ちょっとグロだなあと思うものも有りますが美しいと思うものも沢山あります。
これからもいろいろ載せたいと思いますので見てやってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモノスゴケ1:

« イクビゴケ | トップページ | クモノスゴケ2 »