2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« オオウロコゴケ | トップページ | コスギゴケ?とエゾスナゴケ »

2018年1月 7日 (日)

コスギゴケ?

去年年末に行った山道脇でコスギゴケらしきものを見つけました。
 
Dsc_3805j
 
スギゴケの仲間にも色んなものが有って見分けが難しいようですがネットで見たような白い帽子をかぶった蒴が付いているのでコスギゴケだと思いました。
 
Dsc_3796j
 
右上側と左下側とでは葉の大きさや色が違うと思いましたが、左側の下のものには赤いまだ柄が伸びていない蒴の若いものと思われるものが付いているようで、こちらは若いもの、右上のものは今年のもの(帽子も取れていないので古いものとも言えないでしょうから)と考えて、同じものと思いました。
 
Dsc_3803j
 
近くにまた同じような葉をしたものが有ったので並べて見ました。どちらも蒴が出来ていますが形は全然違うものです。
 
Dsc_3811j
 
蒴が無ければ間違えてしまいそうなくらい似た感じです。上は前に見ていたナミタチゴケだと思います。
 Dsc_3809j
 
これは少し離れた所に有ったものですが葉の感じから同じコスギゴケだと思いますが雌雄異株と言う事ではっきりと開いていないので分かりませんが雄花盤になる手前の所ではないかと思います。
 Dscf1139j
 
割とどこにでも有りそうで、他でも見ていなかったか写真を探して見たのですが、結局のところここともう一か所でしか見ていなかったようです。
これは今年の9月末頃に同じところで見ていたものです。この時は名前を知らない頃でした。

Dsc_0873j

色々調べたらヒメスギゴケと言うのも有ってほとんど似ているとの事ですがここにはある事になっていないのでコスギゴケで良いのだと思います。

Dsc_0875j

ヒメスギゴケの葉は乾いてもあまり収縮しないとの事ですがそこまでは見て来ていなかったので分かりません。薄板の端細胞が平面的に見て円形(コスギゴケは楕円形)と言う事で見分けるようですが顕微鏡が無ければどうしようも有りません。

Dsc_0881j

これは6月末に県北の山に登る途中の道脇に有ったものですが葉が似ているのでこれもコスギゴケ?と思うのですが帽子も蓋も取れた状態なので同じものかどうか分かりません。その内上の場所で同じ蒴を見つけられると思います。

Dscf4832j

写真だけで全てを解決しようというのは全て無茶だと言う事は分かり切ったことですが、せめておよその検討ぐらいはつけたいものです。

« オオウロコゴケ | トップページ | コスギゴケ?とエゾスナゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コスギゴケ?:

« オオウロコゴケ | トップページ | コスギゴケ?とエゾスナゴケ »