2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« チヂレゴケ? | トップページ | オオシッポゴケ? »

2018年2月 5日 (月)

ツリバリゴケモドキ?

青葉山で見たコケでシッポゴケかと思い調べている内に、蒴の形がススキゴケに似ているのでは?と思い、以前書いた記事からこちらに引っ越ししました。
 
ススキゴケだと思って記事を書いていたら、ある方のブログにツリバリゴケモドキの蒴柄が湿ると白鳥の首の様に曲がると書いてありました。正にこれだと思いました。
 
 
ススキゴケの大きさを見てみたら、茎が1~4cmとなっていました。この写真のものはどう見ても葉も含めて約5mmにしか見えません。
 
 
今見ているこの図鑑には残念ながらツリバリゴケモドキの名前が有りません。結構古いもののようです。ネットで数件ありましたが、ここまで小さくはないようですが他にもない様だったので取敢えずツリバリゴケモドキ  シッポゴケ科  ツリバリゴケ属  としておきます。
因みに青葉山ではススキゴケは見られるようですがツリバリゴケ属のものは県内でも記録が有りません。
 
**********************************
 
図鑑をいろいろ見廻していたら同じシッポゴケ科の中にヘビゴケと言うものが出て来た。熱帯に多いもので、茎の高さが5~15mm、葉の長さが2~4mm、長さ約5mmの蒴柄が湿っても鶴の首かヘビのように曲がりくねる。蒴は卵形で褐色。むしろこっちの方が合ってるかなと思ったけど分布は九州(桜島)、琉球となっています。ヘビゴケはシッポゴケ科  ヘビゴケ属です。後は葉の形や細胞を調べないとはっきりとしたところは分かりません。

« チヂレゴケ? | トップページ | オオシッポゴケ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツリバリゴケモドキ?:

« チヂレゴケ? | トップページ | オオシッポゴケ? »